プレスラインのリペア(アルファ156)

2014年3月10日

先週は忙しかったのですが、今週は普通のペースに戻りそうです、寒波がきているせいでとても寒いのですが、花粉襲来の気配をひしひし感じています(笑)

今回はアルファロメオ156のリペアでした、業者様からのご依頼です。

アルファロメオ156の画像

アルファロメオ156のデントリペア作業前画像1 アルファロメオ156のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアのプレスライン上で大きさは8センチくらいはあります、しかも折り目がクッキリついて傷までしっかりついています(^_^;)、ここまで逝ってしまうと修復した痕跡や若干の歪みはどうしても残ってしまいますが、その旨は充分にご理解いただいた上での作業です、もう少し浅いヘコミなら窓枠の隙間からツールをアクセスして作業するのですが、これだけスジになった深いヘコミの場合は目一杯力を掛けていきたいので内装を分解しての作業です、ヘコミ上部がかなり盛り上がってしまっているのでこれを落とさない事には先に進めません、ポンチで叩きまくってある程度まで落ちたらバランスを見ながらヘコミをツールで触っていきます、叩いてはツールで押すという工程を何度も繰り返して何とか形にする事ができました(^_^;)

アルファロメオ156のデントリペア作業後画像1 アルファロメオ156のデントリペア作業後画像2 after

折り目のようなキズも歪みも若干残っていますが、普通に見る限りは解らないレベルまでは仕上がりました、社長様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

今回はアルファロメオだったので何とか形にする事ができました、前にも書きましたが156くらいまでのアルファの鋼板はとても素直?で直し易い特性です、これが軽自動車だったり鋼板特性が悪いクルマだったりしていたら間違いなく撃沈していたと思います(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。