ホンダN-WAGONのボンネット先端部を修復

2014年3月8日

今週は通常の作業の合間に落雪修復の作業サポートもあって結構忙しかったです(^^;)、落雪ヘコミの修復は場合によっては雹害修理より手間が掛かります、かなりの重作業です、お陰でちょっと疲れました、休みが欲しいです・・・(笑)

今回はホンダN-ワゴンのボンネットの修復作業でした、一般のお客様からのご依頼です。

ホンダNワゴンの画像

ホンダNワゴンのデントリペア作業前画像1 ホンダNワゴンのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはボンネットの先端部で大きさは15~20センチくらいあります、波打つように複雑に変形してしまっていてかなり酷いです(^_^;)、どうしてこんなヘコミが出来てしまったのか原因を伺ったところ、自転車がぶつかってきたそうです・・・納得です(笑)、しかし好条件でも綺麗に修復するのはとても厄介なヘコミなのに裏側は袋形状になっていて部分的にツールがアクセス出来ない箇所もあります、こうなると正直なところ完全修復は難しいです、歪みが残ってしまう旨をお客様にご説明してご理解いただきました。まずは応力がかかっているところや中の補強が当たって出っ張ってしまっている部分などをひたすら叩いて落としていきます、ツールの入るところはできる限り鋼板を伸ばさないように丁寧に作業をすすめます、ツールが入らない場所はプーリング(表側から引っ張って直す技法)で何度も引っ張って何とか形に致しました、かなり時間はかかりましたが、多少は目立たなくすることは何とかできました、若干の歪みや違和感は残っていますが、これで目一杯でした(^^;)

ホンダNワゴンのデントリペア作業後画像1 ホンダNワゴンのデントリペア作業後画像2 after

ボディカラーが白なのでパッと見た感じには解らなくなりました、お客様のご確認を頂いた所、とても喜んで頂けたようで苦労した甲斐がありました、ご依頼ありがとうございました。

今回は条件が悪い割には最初に予想していたよりは良い仕上がりまで持っていけたと思いますが歪みはもちろん残っています、この歪みが気になってしまうようなら板金塗装での修理しか方法はないと思います、この辺を許容できるどうかがデントリペアと板金塗装のどちらを選択するかの分かれ目かもしれません、あとは価格や作業時間などメリットデメリットをご考慮いただいた上でのお客様の総合的なご判断だと思います。

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。