続く時は続くものです!

2014年3月24日

3連休は一般のお客様からのご依頼が多くて少しバタバタ致しましたが、今週はとても平和です、ノンビリと仕事ができそうです(笑)

今回はまたまたFIAT500のリペアでした、業者様からのご依頼です。

fiat500の画像

fiat500のデントリペア作業前画像1 fiat500のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーターパネルの中央部で大きさは4センチ程度ですが、少し深めです、しかも打撃痕にはキズもあります(^_^;)、最初はできるだけ内装の分解をしたくないのでにプーリング(表側から引っ張って直す技法)で何とかしようと思いましたがヘコミが鋭角な形状の上に打撃痕にキズがついているので塗膜が剥がれる危険性もある事も考慮して内装を分解して作業する事に致しました、シートから何から結構色々なものを外していかないとリアクォーターの内装は外れないのですが、メカニックの方が殆ど分解してくれたので助かりました、内装を外せばツールはきちんとアクセスできるのですが打撃痕が深く鋭いので違和感なく仕上げるのにかなり神経を使いました、でも鋼板の動きがとても素直でしたので比較的短時間で形にすることができました。

fiat500のデントリペア作業後画像1 fiat500のデントリペア作業後画像2 after

打撃痕のキズはもちろん残ってはいますが、ヘコミが取れた事により普通に見る限りは殆ど解らないようになりました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

それにしてもFIAT500は今までご依頼がなかった車ですが、最近2台目の作業です、続く時は続くものですね(笑)、お蔭様でボディの内部構造が大分解りました、この車は直しやすい特性の鋼板なので作業し易いです、ご依頼をお待ち致しております(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。