車を押すときは要注意です

2014年3月20日

連休明けのせいで少しバタバタしてます(^_^;)
でも今日は雨天の為に午後の仕事がキャンセルになりました、来週に仕事がたまりそうで怖い(笑)

今回はスバルR2のリペアです、一般のお客様からのご依頼です。

スバルR2の画像

スバルR2デントリペア作業前画像1 スバルR2デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアゲートのフチです、大きさは5センチくらいはありますが比較的浅い感じでスジや折り目はありません、お客様にお聞きしたところ大雪の時に立ち往生してしまって押してもらった時にへこんでしまったそうです(^_^;)、確かによくよく見てみると他にも手をついた時にできたと思われる浅いヘコミが幾つかありました、内張りはお客様が自ら外しておいてくださったので即作業を開始する事ができました、本来ならパネルのフチなので難しい位置なのですが、ツールのアクセスが良かったのでまずまずの仕上がりまでもっていく事ができました。

スバルR2デントリペア作業後画像1 スバルR2デントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

雪でスタックしてしまったのを好意で助けていただいた訳ですから今回のケースは仕方なかったと思いますが、経験上、殆どの方は車の鋼板が簡単にへこんでしまうという認識はあまりないように思います(^_^;)、でも、実際は車の鋼板は押したりよっかかったりするだけで信じられない位簡単にへこんでしまいます!、これは本当です!昔はお子さんをボンネットに座らせて写真を撮ったりしている光景を頻繁に見ましたが、今のクルマでそんな事をしたら一発で手のひらサイズのヘコミができます、クルマのボディの鋼板はとてもか弱いと思って下さい、優しく優しく扱ってあげて下さい(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。