手こずったヘコミ2連発

2019年11月11日

今年もあと50日余り、来年の年賀状の販売も始まりました・・・そう思うと早いですね(^^;)、色々とバタバタしたせいか、今年は夏休みや連休を1度もまともに取れなかったので、出来れば今月頑張って働いて来月は早めに年末休みに入りたいです、あくまで希望ですが・・・(笑)

今回は見た目より手こずった修復作業についてです・・・

ドアヘコミ修復前 before ドアヘコミ修復後 after

画像はドア中央部に出来た約10センチのヘコミです、ちょっとピンボケなので解かりにくいですが、~を縦にしたようなスジ状の打撃痕がクッキリ残っています、最初に見たときはそれ程深さもないので『楽勝』かと思いましたが、意外と横幅もあるヘコミでボヨ~ンとした歪みがなかなか取れずにかなり手こずりました、結構必死に作業したのですが僅かな歪みが残ってしまいました(^^;)、幸いにも歪みが目立たないボディ色でしたのでお客様には無事『OK』を頂きました、良かったです(^^;)

気を取り直して次のご依頼へ・・・

ドアヘコミ修復前 before ドアヘコミ修復後 after

こちらはドア下部プレスラインのヘコミ、大きさ約4センチ、こちらもピンボケ画像ですね(^^;)、プレスラインと並行な横ヘコミですが、最初見た時は、またも『楽勝かな』(笑)なんて思いましたが、いざ、作業を始めてみるとプレスラインに僅かに干渉していてラインの角度が変わってしまっています(^^;)、こういう場合はラインの角度を綺麗に戻してあげないといくらヘコミを触っても変化してくれませんが、ツールで角度を戻していくのは至難の技です、本当にコンマ単位でツールをコントロールしなければなりません、しかも内装を外しての作業ですが、ガッポリ開口部が開いているのは有難いのですが、開きすぎていて支点が取れません、本当に苦労致しました、キツイ体勢で作業する事40分、何とか仕上がり無事『OK』を頂きましたが、疲れました(^^;)

今回のように『楽勝』かと思った作業が実はやってみると意外に難儀するという事が1年に必ず何回かあります、それでもきちんと仕上がればまだ苦労した甲斐もあるのですが、凄く時間を掛け苦労しても結局仕上がらず『撃沈』する事もあります、過去の経験からヘコミを見れば修復可能かどうかは基本的には解かりますが、お得意様から『一応、ダメ元でやってみてもらえないか・・・』と言われれるとやはり断れません、でも大抵の場合、やはり『撃沈』します(^^;)、そういう日はコンビニでコーヒーを買ってクルマですすりながらトボトボ帰ります(笑)・・・この仕事の難しいところですね。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです