ハッチゲートのリペア

2014年5月29日

長期予測では今年は冷夏になるとの予報でしたが、今のところ、全くその兆候はないですね
まだ5月だというのにもの凄く暑いです(^_^;)、今から秋が待ち遠しいです(笑)

今回はVWパサートワゴンのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

vwパサートの画像

vwパサートのデントリペア作業前画像1 vwパサートのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアのハッチゲートです、大きさは3センチ程度ですが、ちょっと深めです(^_^;)、通常はハッチゲートのリペアの場合は内装を分解しないとツールのアクセスが確保できない事が多いのですが、VWやアウディの場合は、車種によって内装を留めているクリップが樹脂製ではなく
金属製を使っている事があって、このクリップがムチャクチャにカタい場合があって簡単には外れない事がよくあります(^_^;)、今回もそのパターンかと覚悟したのですが、幸いにもサービスホールみたいな穴があったそこからギリギリアクセスできて内装を分解せずに済みました、補強板の溶接部分と一部被っていて苦労致しましたが、何とか形にする事ができました。

vwパサートデントリペア作業後画像  after

歪みが残る写りこむ背景に違和感が出やすい難しいボディ色でしたが綺麗に仕上げる事ができました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

最近は内装の分解が厄介な車が増えてきたように思います、新車ラインでの組み付け時の効率化がどんどん進んでいる事が主な要因のようです、組み付ける時は楽なのですが、分解するときは神経を使います(汗)、80年代ぐらいまでの車は楽で良かったのですが・・・・新型車などは常に情報を集めていないと分解の仕方が解らない事もよくあります

最新の車は何かと大変です・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。