小太郎も16歳になりました

2019年5月25日

初夏のような気温の日が続いてますが、湿度が高くないのでそれ程不快には感じません、これ位なら全然耐えられるのですが・・・もう1か月もすればジメジメムシムシの季節が・・・恐ろしい(笑)

小太郎誕生日2019

2019小太郎BDケーキ

ウチの黒柴犬の小太郎君も先日、何とか16歳の誕生日を迎えました、ここ1年の老化の進行は予想以上に早く1か月前に普通にできたことができなくなる、という事が頻繁に起こりとても戸惑いました、4月位からとうとう自力では全く立ち上がる事ができなくなり、ここ数週間は腎臓機能の悪化であちこちが弱ってきてしまって食事も固形の物は受け付けなくなってしまったのでジェル状にしたものを注射器で少しづつ飲ませてしのいできました・・・

正直なところ誕生日を迎えられるかどうか心配でした
とても寂しいですが、天に召される日は近いのかもしれません
悲しいけどどうしようもない事なんですね・・・犬は人間より先に逝ってしまいます

昨年の夏ごろから認知機能の低下で夜中には何回も起こされるし今年に入ってからは足腰が弱って何をするにも介護が必要になってしまい還暦も近くなってきた中年夫婦には少々堪えましたが、最後までとことん付き合ってやりますので何とかもうちょっと踏ん張ってほしいです、ガンバレ!小太郎!

追記
誕生日を迎えた数日後、小太郎は眠るように天に召されました・・・
お疲れ様でした、ゆっくり休んで下さい・・・

16年間本当にありがとう
私も30年後位にそちらに行く予定なので、そしたらまた一緒に遊びましょう(笑)
その時までさようなら・・・

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

ルーフサイドのヘコミ

2019年5月16日

ここ数日はまるで初夏のような気候です、朝少し寒いかなぁ~と思って冬用の作業着で出動すると日中は暑くて汗だくです(^^;)、ついこの間までインナー(ももひき)を使っていたのですが一気に季節が進んだ感じです、これからは1年間で最も苦手な夏に着実に近づいていきます・・・早く秋が来ないかな~などと今から真剣に思ってしまいます(笑)

今回はルーフサイドのヘコミについて少々・・・

ルーフサイドという名称は正式な呼び方ではないかもしれません、天井パネルとドアの間の細いボディパネルの部分をそのように我々は呼んでいます、ルーフレールやルーフモールがついているクルマはそれより外側の部分です、この部分は基本的には交換できません、モノコックフレームの一部だからです、実はこのルーフサイドの修復作業は結構多いです・・・

ルーフサイドヘコミ1 ルーフサイドヘコミ2 before

上の画像は先日作業した某高級車のルーフサイド、3センチくらいのヘコミと8センチ位のヘコミが寄り添うように連なっています(^^;)、正確な事は分かりませんが、位置・形状から見て恐らく『手』をついた跡だと思います、ルーフサイドのヘコミで最も多いのがこのパターンです、どうして手をついてしまうのかというと大抵は洗車の時にルーフ中央を洗ったり拭いたりしようとして届かないのでどうしても片手をルーフサイドについてしまうようです、こういったヘコミの特徴は深さは無く面積が広い形状が多いので正面から見てもそれほど目立たないのですが、少し離れたり斜め後ろから見たときなどに気が付く事が多い事です、そしてルーフサイドのヘコミ修復の最も厄介な事はこの位置はツールが入っていけない場所だという事です、最初に書いた通りこの部分はモノコックフレームの一部なので完全な袋形状になっていて裏側に開口部や穴などは基本的にはありません、殆どのクルマがツールアクセスは不可能です、ではどうやって直すのかというとプーリング(表側から引っ張って直す技法)しかありません、上の画像のヘコミも何十回も引っ張っては整形を繰り返し何とか形に致しました・・・

ルーフサイドヘコミ修復後1 ルーフサイドヘコミ修復後2 after

パッと見た感じでは解かりませんが、映り込む背景でチェックすると角度によって細かい歪みが残っています、プーリングではこれが精一杯です(^^;)、技法の特性上、どうしても変化させる単位が大雑把になってしまいます、ツールのようにミリ単位できめ細かく塗膜肌に合させるなんて事は到底できませんので出来る限り局部変異している場所がないようになだらかに変化させて違和感を出さないようにしています、それでも映り込んだ背景でチェックすると角度によっては細かな歪み見えてしまいます(^^;)それでも比較的平らなところでしたのでそれなりには直りましたが、これがもしプレスラインの損傷だったり折り目のようなスジ状のヘコミだったらアウトだったかもしれません、不幸中の幸い?・・・(笑)

ルーフサイドはヘコミができてしまうと修復できる可能性は正直なところあまり高くありません、ヘコミを作らない事が一番です、洗車なさる時は充分に注意なさって下さい・・・

P.S アフターマーケットのキャリアによくあるルーフサイドとドア開口部に挟むようにつけるタイプは余程注意して装着しないと結構スジ状のヘコミを作ってしまうケースが多いのでこちらもご注意下さい。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

GWの平和なひと時

2019年5月9日

やっと長~いゴールデンウィークが終わりました、今年は全般的に例年より暇でした(^^;)、恐らく皆さん遊ぶのに一生懸命だったんですね(笑)お陰で私は犬達と遊んだり家の雑用を色々と終わらせる事ができました、そのひとつが・・・

AC清掃

部屋のエアコンのクリーニングです、一昨年からアレルギー性喘息というのを初発症してこの歳で医者のお世話になりました(^^;)、原因の一つにエアコンのカビや雑菌のせいかもしれないと医者に言われ昨年から真面目にクリーニングするように致しました、作業自体は簡単なのですが、エアコンの周辺に埃や泥水が飛び散ったりするので周辺の物を全部どかさなければなりません、それが結構な手間です、まずは、エアコンのフィルターや外カバーなど外せる部品を全て分解して、ベランダでゴシゴシ水洗い、その後は自然乾燥させます、その間に本体に市販のスプレー式洗浄剤をコア部分(フィンみたいなところ)にタップリ吹きかけたら10分放置・・・

エアコン洗浄道具

その後は画像上にある赤い道具、これは塗装用の電動式スプレーガンです、これに水を入れてノズルを絞ってコアに吹きかけて洗浄剤を徹底的に洗い流していきます、室外機の水抜きパイプからは真っ黒の泥水が流れ出てきます、コア部分の汚れやカビが綺麗になったら次は画像下の青い道具、エアーブロワーでコア部分の水滴を吹き飛ばします、この作業は本来やらなくても良いのですが、スプレーガンの水圧はそれ程強くはないので隅の方などに若干の汚れや埃の塊が残ってしまっている事があるのでそれを吹き飛ばしてやります、そして、洗浄して乾燥した部品をもとに戻して30分程度テスト運転をして完了です!

でも、うちにはエアコンが4台あるので同じ作業を4回繰り返さなければなりません(^^;)、特に昨年手を抜いてやらなかった寝室のエアコンは汚れとカビが酷かったです、結局、4台分買ってきた洗浄剤もこの寝室で2本使ってしまった為、ガレージの1台はまた次回です、恐らく今年はやらないでしょう(笑)

くま吉うたた寝1 くま吉うたた寝2 くま吉

そんな作業を不思議そうに見ていたくま吉(黒ポメ)ですが、だんだん退屈になってきたのか・・・

くま吉うたた寝3 くま吉うたた寝4 くま吉

眠そうな顔しているな~と思っていたらとうとう寝てしまいました、かまってほしかったんですね、エアコン清掃連続3台が終わり私もグッタリしていましたが可哀そうなので遊んでやりました(笑)

小太郎ベランダ人工芝1

小太郎ベランダ人工芝2

足腰が弱りもう散歩には行けなくなってしまった小太郎(黒柴もうすぐ16歳)には日向ぼっこ用の人工芝を買ってきてベランダに敷いてやりました、ポカポカ陽気で気持ちよさそうにヨダレを垂らしながらお昼寝しています(笑)

連休中は基本的には営業していましたので、どこへも出かける事は出来ませんでしたが、比較的暇だったので春のポカポカ陽気の中でノンビリ過ごす事ができました、それなりに?良いGWだったと思います(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです