ツールアクセスに悩みました

2018年11月24日

今月は相変わらず忙しい日々が続いています、今週は定休日も出動でした(^_^;)、このままいくと今年で一番作業数の多い月になりそうです、一体どうしたのでしょう?、本来なら暇な月なのですが・・・、年末に来るべき仕事が前倒ししたのでしょうか・・・そうだとすると来月はとんでもなく暇になってしまいますね、それはそれで困ります・・・(笑)

今回はツールアクセスに悩んだヘコミについて・・・

このブログでも毎回のように出てくる『ツールアクセス』という言葉、デントリペア特有の造語だと思いますが、早い話がヘコミの裏側までツールが届くかどうか、という事です、当たり前ですが、デントリペアはヘコミを裏側から専用ツールで押し戻して修復するという技術(表側から引っ張るプーリングという技法もあります)なので肝心のツールがヘコミまで到達できなければお手上げになってしまいます(^_^;)、しかも、歪みを残さず綺麗に仕上げる為にはミリ単位で正確なツールコントロールが必須で、その為にはツールの支点も考えていかなければなりません、この支点も技術上とても奥が深い内容なのですが、それはまた次の機会に・・・

とにかくツールがヘコミまでアクセス(到達)できなければ何も始まらないのがデントリペアですので、修復依頼のご相談を受けると一番気になるのが『ヘコミの位置』です・・・

ドアノブ下のヘコミ ドアノブ下のヘコミ2 before

上の画像はドアノブ下のプレスライン上のヘコミです、大きさは2センチ程度です、これ位のヘコミなら本来ツールさえきちんとアクセスできれば短時間で綺麗に修復可能なのですが、位置が悪いです(^_^;)、ドアのフチにも近く数センチ位しかありません、しかもノブの下です、ドアの修復でよく使う窓枠の隙間からのアクセス経路では内部にあるノブのメカが邪魔でツールはヘコミまで到達できません、内張り外せば?と言われそうですが、後ろフチなので内張りを外しても自分にツールを向けるような『侍の腹切り』姿勢になってしまう為、使えるツールが限られてしまいます、プレスラインを潰していなければそれでも何とかなるのですが、プレスラインを損傷しているとかなりの力を掛けていかなければならないのでこの方法では良い仕上がりが期待できません、残るはドアノブを脱着する時に使うサービスホールしかないのですが、ヘコミのほぼ真裏の位置なのでヘコミまではアクセスできてもツールの支点が取れず、これまたコントロールの面でも力の面でもイマイチです・・・

でも選択肢はありませんでした、何とかこのサービスホールから作業するしかありません、支点が取れないので殆ど直押しに近い状態でしたが根性で作業致しました(^_^;)

ドアノブ下へコミ作業後1 ドアノブ下へコミ作業後2 after

短いハンドツールを左手で握りしめて右手でぶれないように保持しながらあとは衰えまくっている筋力を絞り出して何とか形にしました、翌日、胸が筋肉痛になりました(笑)

たった2センチ程度のヘコミにとても苦戦致しました、これがドアなどできちんとツールがアクセスできる位置なら同じヘコミでも作業時間は恐らく半分以下だったと思います、同じヘコミでもツールアクセス如何では天国と地獄の差になるという典型的な例です、ツールアクセスはデントリペアにとって最も重要な要素です。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

歪みとの戦いでした

2018年11月16日

先月初めの台風24号関連の修復は流石に落ち着いたのですが、どういう訳か今月もとても忙しいです(^_^;)、例年通りですと11月は暇で12月になると車関連の業者様からの年末にむけての納車ラッシュでバタバタするというのがパターンなのですが、今月はまるで12月が前倒しで来たような感じで業者様からのご依頼が多いです、たまたまかもしれませんが、どういう訳か大抵仕事はある時期に集中する傾向があります・・・とっても不思議です(笑)

今回はスズキハスラーのドアプレスラインの修復でした・・・(^_^;)

スズキハスラードアプレスライン修復前画像1 スズキハスラードアプレスライン修復前画像2 before

ヘコミはドア下方にあるプレスラインです、ぱっと見た感じは10センチ程度ですが、損傷がかなり複雑なせいか回りも引っ張られて実際には20センチ位はあります(^_^;)、しかも恐らく下から突き上げるような角度で当たったせいだと思いますがヘコミ上部は盛り上がっています、更にプレスラインは洗濯板のように波打ってしまっています、これを見たときは正直なところお断りしようかと思いました、薄くてコシのないへらへらな鋼板の軽自動車のパネルがこれだけ変位してしまうとまず綺麗には仕上がりません、しかもボディ色は歪みが目立つ黒系です(^_^;)、ただ、『できる限り目立たなくして貰えればOKだから・・・』という寛容なご依頼内容だった事とツールのアクセスが良好な位置でしたので何とかトライしてみる事に致しました(^_^;)

とはいうもののどこから攻めるか迷いました、こういったヘコミを強引に出そうとすると軽自動車の場合はすぐ伸びてしまいます、伸びれば伸びる程それが最後は『歪み』となって残ってきて結局自分の仕事がどんどん大変になってしまいます、やはりセオリー通りフチに掛かっている応力を丁寧に抜いていく事から始めました、ただ少し強くポンチングするとすぐポンチ痕が残ってしまうので結構神経を使います、30~40分はひたすらこれだけやっていました、全体的にフチがぼやけてきたのでいよいよツールでヘコミを触っていきます、局部変位や肌乱れを出さないようにツール先端にアタッチメントを装着してできる限り大きな接点にして慎重にヘコミを粗出しします、今回は悪の根源?だと思われるプレスラインをあえて最後に修復するようにしました、理由はその方が無駄な鋼板の伸びを少しでも出さずにフィニッシュできるのではないかという判断からです、吉とでるか凶とでるかはやってみないと解りません(笑)

スズキハスラードアプレスライン修復後画像1 スズキハスラードアプレスライン修復後画像2 after

マシーンと化して作業する事約2時間!何とか形にはなりました、普通にパッと見る限りは解らないようにはなりました、ただ、写りこむ背景でチェックすると細かいメラメラした歪みは残っています、でもこれで精一杯でした、作業前の予想ではもっと大きな歪みが残る予定(笑)でしたので自分としてはまずまずです、作業後確認も無事OKをいただきました、ホッと致しました・・

軽自動車の修復で鋭角や深いヘコミの場合はいつも『歪み』との戦いです、もう少し輸入車のように塗膜肌が粗いと歪みもなじませやすいのですが・・・内装の脱着など別にしてヘコミの修復だけを考えた場合、軽自動車は輸入車より難しいです、というのが私の偽らざる本音です・・・

単に腕(技術)の問題かもしれませんが・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

普通この位置は直せません

2018年11月9日

今週、定休日に妻とたまプラーザのデパートに買い物に出掛けました、そうしたら・・・

2018クリスマスツリー

正面玄関のホールにもうクリスマスツリーがど~んと飾ってありました(笑)、流石にまだ11月初旬なので一瞬戸惑いましたが、もう、クリスマス商戦が始まっているのですね、改めて1年の終わりが近づいている事を実感致しました(^_^;)、少し早すぎる感もなくはないですが、実際にツリーを見たら『今年のクリスマスは何を食べようかな?』なんてフッと考えたりしましたので早めの装飾は結構効果が高いのかもしれません、これから街はクリスマス一色で賑やかになっていくんですね、楽しみです(笑)

今回はデントリペアでは直せない位置のひとつについて少し・・・

Bピラー付け根ヘコミ1 Bピラー付け根ヘコミ2 before

画像だけでは一体どこの位置だか解らないですね、これは4ドア車で前後ドアの間にある柱(Bピラー)の付け根の部分です、下に見えているのがサイドステップです、矢印のリブ上に3~4センチのヘコミがあります、ツールさえアクセスできればどうってことないヘコミなのですが、今までの経験上ここはまずアクセスする事ができません(^_^;)、一応、室内側のBピラーの内装を外して確認してみましたが、内部にもう1枚鋼板があってどうにもできません、困りました、もう少し浅い単純なヘコミならプーリング(表側から引っ張って直す技法)で何とかなるのですが、結構スジがクッキリとついているので恐らくプーリングでは取りきれない感じです・・・(^_^;)、でも他には手がないのでダメもとで引っ張ってみました・・・(笑)

Bピラー付け根ヘコミ修復後1 Bピラー付け根ヘコミ修復後2 after

クリアー塗膜が剥がれる勢いで何度も引っ張っては修正を繰り返したら何とかパッと見た目には解らない程度まで修復できました、若干の歪みは残っていますが、写りこみの少ない白系のボディ色なので普通に見る限りはまず解りません、ラッキーでした(^_^;)

今回はたまたま幸運で(決して『腕』ではありません 笑)何とかプーリングで形にできましたが、恐らくこの位置で修復できたのは初めてのような気がします、他にも類似例でサイドシル(ステップモールが付いているところ)のヘコミの修復についてのご相談をたまに受けますが、こちらも残念ながら修復できたケースは過去に数えるほどしかありません(^_^;)

ピラーやサイドシル周辺のヘコミはデントリペアにとって鬼門みたいな感じです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです