デントリペア(ポルシェ)」カテゴリーアーカイブ

他県まで出張修理

2018年12月21日

もう今年もあと10日で終わりです・・・まだ、年内にやらなければならない事が沢山残っているのですが、例年通り幾つかは年越しになるのは間違いなさそうです(^_^;)、今年の仕事納めは少し早めですが26日です、27日はご近所のお得意様に挨拶周りをして自宅のガレージの整理と掃除をして年内業務は全て終了の予定です、そこから大晦日までは毎年、家の補修や犬を風呂に入れたりと怒涛の忙しさです、仕事をしている方が楽かも・・・(笑)来週からは又寒くなるようですが、あと1週間気を引き締めてガンバリます!

今回はとても遠方まで出張修理に行ってきました・・・
昔は県内全域、都内一部もご依頼があれば伺っていたのですが、ここ数年は出張修理は基本的には横浜市・川崎市のみです、一番の理由は残念ながらもう手一杯になってしまい対応ができなくなってしまったという事ですが、他にも私は出張修理でも特に出張料や交通費などはいただいておりませんので遠くまで交通費を掛けて出張しても直せないケースで空振りになってしまうと正直なところかなりツライという事もありました(^_^;)、ですから現在では神奈川県内でも横浜・川崎以外の出張修理は以前にご依頼いただいたお客様以外は基本的にはお断り致しております、申し訳ありません(^_^;)

でも、今回は茨城県まで出張修理に出掛けてきました!
というのも、お客様から『修復費用の他に交通費・出張費など全て負担するので何とかお願いできませんか?』と仰っていただいたからです、名人でも達人でもない私のような平凡なデントリペア技術者にそこまで仰っていただいたらとても断る事なんてできません、謹んでお受けさせていただきました・・・(笑)

ポルシェ997カレラS

クルマはポルシェ911(997)カレラSとても綺麗な極上車です、わざわざ私にご連絡いただいたのはこのブログや私のホームページをご覧になってポルシェの作業数が多い事から構造を理解しているのではないかとお考えになったそうです、なるほど・・・と思いました、ポルシェは決してデントリペアの作業が難しいクルマではありません、塗膜の肌目・ツールアクセス・鋼板の特性などむしろ国産車の某車種よりやり易いと感じる程です、でも、それは確かに普段から911を作業する機会が多い為に少しづつ『経験』できたから得られた知識です、もし、911を作業する機会が殆どないのにいきなり『ポルシェ911の修復』を依頼されたら結構ビビッてしまいます(^_^;)、実際、私はあまり作業する機会のないイタリアンスーパーカーなどの依頼がたまにあるとかなり焦ります(笑)、でも911に関しては『ターボ』でさえなければ頻繁に作業するのでそれ程特別な感覚はいだきません(ターボだけは構造が特殊で厄介なのでビビります)、特にデントリペアでとても重要なツールアクセスに関しては構造を『知っている』のと『知らない』のでは結構、作業に影響がでる可能性はあります、そういう意味ではお客様のお考えもある意味正しいのかもしれません、ちょっと勉強になりました(笑)

ポルシェ997デントリペア作業前画像1 ポルシェ997デントリペア作業前画像2 before

前置きが長くなりましたが(笑)、ヘコミはFフェンダーフチのプレスライン上の2~3センチです、下から突き上げられたような形状でヘコミ上部が盛り上がっていますが、それ程酷い損傷ではありません、インナーフェンダーを一部外してタイヤを支点にして作業致しました。

ポルシェ997デントリペア作業後画像1 ポルシェ997デントリペア作業後画像2 after

作業性が良い位置でしたので比較的短時間で綺麗に修復する事ができました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ホッとしました、良かったです・・・ただ、もう一箇所あったリアクォーターのアーチ部分は残念ながらフチから損傷していて修復不可でした・・・申し訳ありません(^_^;)

移動時間と修復時間、また車談義の時間(笑)でやはり1日仕事になってしまいましたが、久しぶりに楽しい仕事と時間を過ごす事ができました、ありがとうございました、クルマ好きでフィーリングの合うお客様の仕事は本当に楽しいです!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

空冷911の定番ヘコミ?

2018年9月29日

もう9月も終わりですが、どうやら最後を締めくくるのも台風みたいですね(^_^;)、関東にも明日の夕方以降にかなり近づくみたいなので心配です、大雨も怖いですが、先日の台風の時のように関西で吹いたような強風に襲われたらいくら備えをしていてもとても無事にはすみません、何事もなく過ぎ去ってくれるのを祈るのみです・・・

シュウマイ弁当

先日、妻が買い物に行った時に崎陽軒のシュウマイ弁当を買ってきてくれました、あの黄色い包装紙と独特の臭いで反射的にヨダレが出てきます(笑)、やっぱり美味い!恐らく1週間に3回食べても飽きないと思います、これこそ横浜のソウルフードです、でもこのお弁当は結構いいお値段なので1週間に3回は家計にひびくかも・・・(笑)

今回は意外と知られていない空冷ポルシェ911の定番ヘコミ?について・・・

911エンジンフードへコミ作業前1 911エンジンフードへコミ作業前2 before

ちょっと撮影が下手でピンボケていますが画像はポルシェ911(964)のエンジンフードです、後方下フチにうっすらと横スジのようなヘコミが・・・

それほど深いスジではないのでボディ色が白やシルバーなどの場合は見逃してしまうかもしれません、でも意外に空冷911はこの位置にはこういった浅い横スジヘコミがあるケースが多いんです、過去にもかなりこの手のヘコミを直しました(^_^;)、はっきりとした原因は解りませんが、この位置の裏側に補強板のような鉄板が1枚付けられていて、どうやらその補強板がエンジンフードを閉める際に手のヒラでこの辺りを押す時に内側から外板を突き上げるようなのです(あくまで推測です)、補強板のないところは少しヘコんでしまい、ある所は強いのでへこまないそしてそれが段差のようなスジになる?ボンネットの裏側の骨(フレーム)のように外板との間隔が数ミリでも開いていれば手のヒラで力を掛けても外板を突き上げたりしないのですが、ここの補強板は外板にピッタリとくっ付いて殆ど隙間がありません、恐らくその為にこういった形状のヘコミができてしまうのではないかと思います・・・間違っていたらすいません、しつこいようですがあくまで推測です(笑)

実は修復するのもちょっと面倒です、外板との隙間が殆どありませんのでツールがなかなか入りません、無理に入れようとするとそれでスジになったりします、ワイヤーツールと呼ばれる細いもので慎重に作業します、横スジなのでツールで押したところが魚の骨のように縦に変位する事も予測しながら作業しないと仕上がりに影響が出てしまうので神経を使います。

911エンジンフードへコミ作業後1 911エンジンフードへコミ作業後2 after

作業後もピンボケ画像なのでよく解りませんが(^_^;)、何とかスジは取れました、この手のヘコミの命運を分けるのはスジの深さです、折り目のように完全なスジになってしまうと違和感なく綺麗に修復するのは難しいです、真正面からパッと見てスジがハッキリと見えるようだとちょっとキビシイかもしれません、大事な事は空冷911のエンジンフードを閉める時は手のヒラで強く押したりしない事です、ヘコミは作らない事が一番です!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

水冷911のRフェンダー

2018年8月18日

今週は予想に反して結構忙しかったです(^_^;)、例年ならお盆休みはお取引いただいているクルマ関連業者様が殆どお休みなのでポツポツと作業依頼が来る程度で比較的暇なのですが、今年は一般のお客様からのご依頼・お問い合わせがとても多くてちょっとバタバタ致しました、あまりに暑くて休みをご自宅で過ごす方が多かったのでしょうか・・・でも、昨日あたりから少しづつ秋の足音が聞こえてきました!秋が待ち遠しいです(笑)

今回は水冷911のRフェンダーの修復について少々・・・

997Rフェンダーヘコミ修復前1 997Rフェンダーヘコミ修復前2 before

画像はポルシェ911(997)のRフェンダーのヘコミです、大きさは約5センチでちょっと深めです(^_^;)、実は911は空冷モデルの頃からRフェンダーのこの辺りの修復依頼がとても多かったです、これはあくまで推測ですが、駐車の際、隣りのクルマがRドアを開くと丁度この辺りにくる可能性が高いからではないでしょうか、クルマ同士の距離が近いと後方、遠いと前方に位置はズレますが大体Rドアを開くとこの付近に当たってしまうと思います、空冷時代はRフェンダーが1枚構造でしたのでツールアクセスが容易(オイルタンク側は除く)で作業性が良かったのですが、水冷になってからは普通のクーペボディのクルマと同様の2枚構造になってしまったのでツールアクセスには苦労致します、水冷モデルになってからの911の場合、Rフェンダーにツールをアクセスするルートは基本的には2つしかありません、このどちらかでアクセスできないと残りはプーリング(表側から引っ張って直す技法)かタイヤハウス内のアクセスできる位置に『穴』を開けるしかありません、上の画像のヘコミは何とか2つのルートのうちの1つが使えたのでギリギリ修復可能でした、でもアクセス角度が悪く自由にツールが動かせない上に複雑な曲面の位置にあるヘコミでしたので違和感が残らないように仕上げるのは結構苦労致しました(^_^;)・・・

997Rフェンダーヘコミ修復後1 997Rフェンダーヘコミ修復後2 after

色々な意味で難しいヘコミでしたが、歪みを残さず綺麗に仕上げる事ができました、これがもっと下方だったり、逆にテールランプに近い位置だったりしたら恐らく既存のルートではツールアクセスはできなかったと思います、プーリングで対応できれば良いのですが、今回のように深めで5センチ以上のヘコミとなると完全に仕上げるのは細かい調整の効かないプーリングでは正直なところかなり厳しかったと思います、ギリギリでもツールアクセスできたのはラッキーでした(^_^;)

911はどのモデルでもRフェンダーのラインがとても魅力的なクルマです、プレスラインが1つもない曲面で構成された美しいボディラインなので小さなヘコミでも結構目立ってしまいます、デントリペアで対応できればまだ良いのですが、もし運が悪くツールアクセスできない位置で修復不可なんて事になると後は板金塗装で修復するしか方法はありません、そうなるとかなりの高額出費になってしまう可能性が高いです(^_^;)、やはりなるべくドアパンチなどをもらわないように普段からの防御を心がける事がとても大切だと思います・・・。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです