デントリペア(国産車)」カテゴリーアーカイブ

強烈ドアパンチ

2019年8月1日

梅雨明けした途端に酷暑続き、この変化にもう老体がついていきません(^^;)、何となく1日中ダルさがぬけず不調です、スタミナをつけようと肉料理やニンニク料理を一生懸命食べてみましたが、一向に改善せず、変わるのは増加する体重のみ(笑)、最近は夏は毎年こんな感じです、早く涼しくなって欲しいです・・・夏は苦手です。

今回はレクサスRXの強烈なドアパンチの修復でした(^^;)

深いドアパンチヘコミ 深いドアパンチヘコミ2 before

ドアノブすぐ前に大きさ6~7センチの深いヘコミです、打撃痕はしっかりスジに・・・そして画像では解かりにくいですが、プレスラインも損傷しています、しかも矢印のあたりは鋼板が押されて盛り上がっています(^^;)、それにしてもプレスラインのある曲面をこれだけガッツリ逝くにはかなりの勢いでドアパンチしないとここまでの損傷にはならないように思います、悪気はないのかもしれませんが、『ちょっとうっかり』というレベルを遥かに超えています、酷すぎます・・・

こういったヘコミを綺麗に修復するのはとても難しいです、スジやプレスラインの復旧はもちろんですが、盛り上がった部分やヘコミのフチに掛かっている応力を開放しないとならないからです、この部分にはヘコミをこのままの形で維持しようとする力『応力』が掛かっています、これを取り除かない事にはいくらヘコミに力をかけても全体は変化しません、デントリペアのDIY作業の失敗で多いのはこの応力を抜かずにただヘコミを押す・・・結果、ヘコミ全体は変化せずに押した部分だけがピンポイントでニキビのように変化してそれを繰り返すのでブツブツになってしまう・・・このパターンです(^^;)

まずはフチや盛り上がりに掛かっている『応力』を抜く事に専念します、この工程は仕上がりに大きく影響する本当に重要な作業です、今回も鋼板に動きが出てくるまではひたすらこの作業をしていました、応力が抜けてくるとヘコミが動いてきます、こうなって初めてヘコミを押し戻していきます、ただ、深いヘコミはそれだけで局部的に鋼板は伸びていますので伸びた鋼板を塗膜肌にうまく同化させなければなりません、これは1ミリ以下の細かい作業です、このヘコミの場合は更にスジがきつかったのでかなり厳しい作業となりました・・・(^^;)

深いドアパンチヘコミ修復後 深いドアパンチヘコミ修復後2 after

すこし塗膜肌の乱れはありますが、白系のボディ色なので余程細かく見なければ分からないと思います、オーナー様は全く分からないと喜んで下さったので苦労した甲斐がありました。

それにしてもドアパンチって本当に多いです、感覚的には修復作業の8割はドアパンチヘコミの修復のような気がします、ほんの少し気を付けてくれればおきない事故なのですが・・・それが出来ないのが人間なのでしょうか、そうなるとへこまないパネルをメーカーが開発してくれるのを待つしかありませんね、あっ!そうなると私は廃業ですね・・・それはマズいかも(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

ドリフト仕様のクルマのリペア

2019年6月29日

すっきりしない天気が続いています、梅雨らしいと言えばそうなのかもしれませんが、晴れと雨の日がハッキリしていて何となく例年の梅雨時期とは違和感を感じます、でも来週はず~と雨と曇りの予報ばかりです、これこそ梅雨という感じです、仕事は少なくなるかなあ・・・(^^;)

今回は、トヨタチェイサーのカスタムカーの修復でした・・・

トヨタチェイサードリフト仕様

バリバリのドリフト仕様です、たまに街中を走っているのは見ますが、まさかウチのガレージに入庫するとは思いませんでした、エアロパーツにオーバーフェンダー、そしてペタペタの車高、極めつけはイニシャルトルクを上げたバキバキの機械式LSD、もちろんMT車です、まさにドリフトカーです、今までかなり車高の低いポルシェや国産スポーツカーを何台もウチのガレージで作業してきましたが、このクルマはあまりに車高が低くて5センチ程度の段差がクリアできすに入れるのにサイドステップを擦ってしまいました、こんな事はこれが初めてです(^^;)、これでよく普通の道を走れるものです、かなりの技術と神経が必要な気がします(笑)

チェイサーリアクォーターヘコミ チェイサーリアクォーターヘコミ2 before

ヘコミはリアクォーター給油口のすぐ上です、大きさは4センチぐらいですが、かなり深く、数ミリの打撃痕がスジのようにクッキリ残っています、これはかなり手強いヘコミです、幸いにもツールのアクセスは良好な位置なのが救いです、フチに掛かっている応力をポンチングで丁寧に抜いてからヘコミを触っていきます、肌を荒らさないように最初はゴム製のアタッチメントを装着してできるだけ広い面で力を掛けていきます、ある程度『面』が出たらアタッチメントを外し塗膜の肌に合わせて歪みを取っていきます、文章で書くと簡単ですが、実際にはかなり細かく神経を使う作業です(^^;)、作業する事約1時間、何とか形になりました・・・

チェイサーリアクォーターヘコミ修復後1 チェイサーリアクォーターヘコミ修復後2 afer

数ミリの打撃痕の痕跡は残りましたが、パネルのヘコミは取れたので普通に見る限りは分からないと思います、お客様に仕上がりのご確認をいただき無事終了です。

実はこのクルマのオーナーさんはお友達です、昔、まだカー用品店に勤めていた頃のお客様でもありました、最後にお会いしたのはもう15年以上前だったと思います、たまたま共通の友人に会った事から私の今の仕事を知ってご連絡をいただきました、お互いに少し(かなり)歳をとりましたが(笑)、久しぶりに色々とクルマ談義を聞かせてもらい楽しかったです、最近は昔のクルマ仲間も歳をとりクルマ離れが進み、あまりクルマ談義に花を咲かせるなんて事も少なくなりました、自然な流れなのでしょうが、少し寂しいですね・・・髪の毛が真っ白になっても箱根やサーキットに走りに行ってる・・・なんていうのに少し憧れる今日この頃です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

上下のプレスラインを貫くようなヘコミ

2019年5月2日

とうとう令和に変わりました、昭和から平成の時は全てが自粛ムードで何となく暗いスタートになった記憶がありますが、今回はお祝いムード一色という感じです、10連休という事も相まってきっと皆さん出掛けたりお祝いしたりで忙しいのでしょう、お陰で私の仕事はとても暇になりました(^^;)、まあ今週初めまではとても忙しかったので良い骨休めになります、少しゆっくりします(笑)

2019GWセンター南イベントくま1 2019GWセンター南イベントくま2

GWという事でセンター南駅前広場でイベントをやってました、フリーマーケットやバンド演奏、何やら大道芸?みたいなものまで色々やっていたようです、鯉のぼりも沢山泳いでましたが、くま吉(黒ポメ)は全く興味無し・・・という感じでした(笑)
そろそろ連休も後半です、忙しくなるのか、平和なのか、は今年は全く読めません・・・(^^;)

今回は日産ノートの修復でした、一般のお客様からのご依頼です。

日産ノートドアプレスラインヘコミ1 日産ノートドアプレスラインヘコミ2 before

ヘコミは助手席ドア前方部で上下30センチ近い縦スジです、このクルマはドア前方部にUという字を横にしたようなプレスラインがありそれを串刺し?にするようにスジヘコミが走っています、特に酷いのが下のプレスラインでかなり深くへこんでしまっています(^^;)、しかもしヘコミの位置がドア前方部なのでライトの入射角や作業姿勢もとても悪いです、更にツールを入れてみるとドア内部のサイドインパクトビーム(側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)がヘコミの真裏にあり使えるツールも限られてしまいます、そしてボディ色は歪みが見えやすい黒!、かなり厳しい条件が揃っています(^^;)、お客様にも若干のプレスラインの乱れや歪みが残る可能性が高いという事をご説明させていただきました・・・実際、とても苦戦致しました、悪戦苦闘する事約1時間半何とか形には致しましたが、やはり歪みは完全には取り切れませんでした・・・(^^;)

日産ノートドアプレスラインヘコミ修復後1 日産ノートドアプレスラインヘコミ修復後2 after

普通に見る限りは殆ど解からないと思いますが、角度によっては映り込む背景に歪みが見えます、でもこれで精一杯でした(^^;)、お客様にご確認をいただいたところ喜んでいただけたので少し救われた気分です、ご依頼ありがとうございました。

もう少しヘコミの位置が後方だったり深いのが上側のプレスラインだったなら作業性や使えるツールも変わるのでかなり展開は変わったように感じます、でも『・・・だったら』『・・・であれば』をいくら考えても仕方ありませんね・・・デントリペアは本当に難しいです(笑)

ゴールデンウィークも通常営業致しております(水曜日はお休みです)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです