カテゴリー別アーカイブ: デントリペア(国産車)

何とか形になりました

2018年6月20日

昨夜のWカップのコロンビア戦は久しぶりに興奮致しました、それ程サッカーファンという訳ではありませんが、やはり日本代表の試合は特別です、正直なところ引き分けでも充分と思ってTVの前で応援しておりましたが、まさかの先制点!これはもしかしたら・・・と期待したところで同点に追いつかれガックリ(^_^;)、何とか引き分けで・・・と弱気になっていたところで日本に追加点!思わず歓声を上げてしまいました、最後のアディショナルタイムの長い事長い事(笑)ホイッスルが鳴った時には思わず1人ガッツポーズをしてしまいました、監督交代などで開幕寸前にバタバタした日本代表ですが、いい試合を見せて貰ってありがとうございました、想像できないようなプレッシャーの中で大変でしょうが、次戦も是非頑張って下さい!応援します!

今回は大きさの割にとても深いプレスラインヘコミの修復でした・・・(^_^;)

プレスラインの深いヘコミ1 プレスラインの深いヘコミ2 before

ドア上部のプレスライン上のヘコミです、大きさは4~5センチ程度ですが、メチャクチャ深いです(^_^;)、しかもまるで逆プレスライン?のようなシャープなスジまでついています、画像では解りにくいですが、ヘコミの上部は鋼板が押されてよれたようで盛り上がっています、これは難しくきびしいヘコミです、これだけ深くスジがきついと鋼板が局部的の伸びてしまうのでどうしても伸びてしまった鋼板を処理しきれず見る角度によってメラメラ?とした歪みが残ってしまう事が多いです、お客様にもその旨ご説明させていただきましたがご了承いただけたので作業開始です。

まずはヘコミのあちこちに掛かっている応力を抜いていきます、一応この状態でツールを入れて触ってみましたがやはり強烈に掛かっている応力のせいで全く鋼板が動いてくれません、このまま強引に力を掛けようとするとツールで触ったところだけが点で変化してしまい鋼板がますます伸びてしまいます、ヘコミのフチ、スジ、盛り上がった部分などの応力を丁寧に抜いていきます、これはとても地味で手間な作業ですが、仕上がりに大きく影響するので手は抜けません、応力が抜けてくると鋼板に動きが出てきます、ここからはヘコミを戻していくのですが歪みを極力残さないようにヘコミだけでなく周辺にも気を使いながらツールで触っていきます、今回は本当に歪みとの戦い?でした・・・

プレスラインの深いヘコミの修復後 after

僅かなラインの乱れと歪みは残りましたが、お客様には『歪みなんて何処にあるのか全然解らない』と喜んでいただけたので良かったです!ありがとうございました。

プレスラインに対してヘコミの打撃痕が少しずれてくれていたので助かりました、これがもろに直撃だったらもっと仕上がりは悪くなってしまったと思います、不幸中の幸いです(^_^;)、デントリペアは『修理』というより『復元』する技術なのでどうしても受けた損傷や色々な状況によって仕上がりが変わってしまいます、そこがデントリペアの最も難しいところです・・・。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

目立たなくするので精一杯でした

2018年5月31日

はっきりしない天気が続くようになってきました、いよいよ梅雨入りでしょうか・・・、普通にしていてもジメジメシトシト、作業すればベタベタ・・・嫌な季節です(^_^;)、でもその後はもっと苦手な夏・・・恐ろしいです(笑)

今回はスカイラインR34のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

R34クーペ画像

最近ではR34でも街中でも見かける事がとても少なくなりました、久しぶりに目の前でマジマジと見るとフロントノーズが長くとてもスクエアーなボディスタイルだったんですね、今のスカイラインとは全く違います、私にとってスカイラインというとこの34のように角ばったスクエアーな感じのイメージが強いです、R30やR31みたいな・・・ちょっと古すぎますか(笑)

Fフェンダーデントリペア作業前画像1 Fフェンダーデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーです、・・・かなり強烈です(^_^;)、何かポールのような物に激突したような感じです、フェンダーアーチのフチも曲がりプレスラインもガッツリ損傷!更に良くないのはヘコミ上部のフチが凄い勢いで盛り上がってしまって山脈のようなスジになってしまっている事です、そしてボディ色は写りこみの鮮明な黒!これだけ悪い状況が重なってしまうと正直なところ完全修復は難しいです、これがリアフェンダーなら間違いなくお断りしていたと思いますが、幸いな事にFフェンダーです、ツールアクセスは良好です、お客様も『とにかく今より目立たなくなってくれれば・・・』とのご要望でしたので気合を入れ直して作業開始です(笑)。

とは言ってもどう攻めるかで結構悩みました、上部の盛り上がって折れたような山脈?とアーチのフチ部分の曲がり、そしてプレスラインの損傷、どれもこのヘコミの『キモ』部分でこれらが全体に応力を掛けている事によって鋼板は変化しにくい状況になっています、手を付ける順番を間違えるとヘコミ部分の鋼板を伸ばしてしまいどんどん仕上がりが悪くなります、少ない脳ミソをフル回転させて考えた挙句、今回は山脈?から始める事に致しました、この山脈部分をひたすら叩いて落としていきますが完全に折れ曲がっているので一筋縄ではいきません(^_^;)、この作業が全ての作業時間の中で最も長かったように思います、山脈が『丘』くらいに落ちてくるとやっと鋼板に動きが出てきました、次に内側に曲がってしまっているフチを修正してやると、更に鋼板が素直に動くようになりましたやっとヘコミを触っていけます、最後にプレスラインを整形して、歪みを散らし完成です。

Fフェンダーデントリペア作業後画像1 Fフェンダーデントリペア作業後画像2 after

歪みはもちろん残っていますが、普通にパッと見た感じには解らなくはなりました、お客様にご確認いただきましたが喜んでいただけたのでホッと致しました、ご依頼ありがとうございました。

難しく、厳しく、しびれるヘコミでした(笑)、使いたいツールが良い環境でアクセスできるFフェンダーだったので何とか目立たなくする事ができましたが、他のパネルだったらお手上げだったように思います、デントリペアにとってツールアクセスの環境はとても重要です、今回はある意味幸運だったかもしれません、でも運はいつも味方してくれるわけではありません(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

この位置は完全には直せません

2018年5月21日

気が付けば5月も終盤です、春ももう終わりですね、あっという間に季節が変わっていきます、例年ですとこの時期は結構作業件数が多くバタバタする事が多いのですが、今年は意外と平和です(^_^;)、ただ、その分手強く厄介な作業の比率が高い感じです、手強く厄介なヘコミであっても最終的にきちんと直れば良いのですが、ツールアクセスにも難があると完全修復は難しくなってしまいます、今回もそんなケースでした・・・。

トヨタアクア画像

クルマはトヨタのアクア、純正エアロが決まってます!、しかし、ボディ色は濃いパープルのメタリック、写り込みが鮮明な色なので僅かな歪みが残っても見え易いデントリペア的には難しいボディカラーです(^_^;)

アクアヘコミ修理作業前画像1 アクアヘコミ修理作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーターパネルの前フチです、リアドアとの境目です、大きさは3センチ程度ですがとても深くフチの折り目からへこんでしまっています、それだけで十分厄介なのにこの位置は更にキビシイです、普通はリアクォーターにツールをアクセスする場合は荷室側面の内装を分解したり、テールランプを外しクルマの後ろ側からツールを入れるのですが、これだけ前のフチだときちんと支点をとってアクセスするのはまず難しいです、しかも、このクルマは丁度アクセス経路にシートベルトの巻き取り部分の部品がありダイレクトには入っていけません、参りました、この状況では残念ながら完全には修復できません、お客様にもその旨ご説明させていただきましたが、『今より少しでも目立たなくなるのならやって欲しい』とのご要望でしたので精一杯ガンバリました・・・。

アクアヘコミ修理作業後画像1 アクアヘコミ修理作業後画像2 after

ガンバリましたが、やはり完全修復という訳にはいきませんでした(^_^;)、深い打撃痕が完全には消しきれませんでした、でもこれで目一杯です、お客様にご確認いただいたところ喜んでいただけたのでホッと致しました、ご依頼ありがとうございました。

パネルのフチからヘコミが始まっている場合は余程の幸運に恵まれない限りはまず完全に修復する事は難しいです、フチの角度は変えられないのでどうしようもありません(^_^;)、まして今回のようにツールアクセスがし難いパネルだとかなりキビシイです、例外はFフェンダーです、Fフェンダーだけはフチでもツールがアクセスできる事が多いので何とか形にできるケースもあるのですが、それ以外のパネルは殆どうまくいきません、パネルの『フチ』は困ります・・・(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。