デントリペア(イギリス車)」カテゴリーアーカイブ

オープンモデルのリアクォーター

2019年7月14日

本当によく雨が降ります、いくら梅雨とはいってもちょっと多すぎのような気がします、梅雨の中休みって普通は何日かあると思うのですが(^^;)、天気のせいで仕事は暇です、どういう訳かこの仕事は雨が続くと暇になります(私だけかも)、あまり関係がないような気がするのですが・・・想像ですが、雨が降っていると水滴がボディにつくので小さなヘコミだと見つけづらくなります、また雨の中、洗車をする人は少ないので発見する機会が減るという事でしょうか?いずれにしても困ったものです(笑)

今回はランドローバーの修復でした、中古車業者様からのご依頼です。

ランドローバーオープンモデルのリアクォーターパネル

モデル名は忘れてしまいましたが(笑)、ランドローバーのオープンカーです、オシャレですね、こういうクルマが似合う人はきっと横文字の職種の方でしょうね、勝手な想像です(笑)

ランドローバーリアクォーターパネルヘコミ ランドローバーリアクォーターパネルヘコミ2 before

クルマに見とれている場合ではありません、ヘコミはリアクォーターパネルです、大きさは3センチ程度ですが、すこし鋭角で打撃痕がスジ状に残っています、問題はツールアクセスです、オープンモデルの場合はリアクォーターパネルの内部にはソフトトップを開閉させるモーターやらアームやらが入っている為、この部分を補強してある事がとても多いです、過去にも何度もツールがヘコミの裏まで入っていけず『撃沈』したことがあります、浅い単純な形状のヘコミならプーリング(表側から引っ張って直す技法)で対応するのですが、スジがある場合、プーリングではどうしてもスジが若干残ってしまう可能性が高く、できればツールでしっかり触っていきたいです、ダメもと?で試しに小さなリアサイドウィンドウの隙間からツールを滑りこませてみると、ギリギリですがへこんでいるパネルが触れます!合いそうなツールを片っ端から持ってきて試してみると何とかヘコミまで到達でいるものがありました、少し力を掛けづらい感じですが贅沢は言ってられません、あとは根性で何とか致しました(笑)

ランドローバーリアクォーターパネルヘコミ作業後 ランドローバーリアクォーターパネルヘコミ作業後2 before

素直な鋼板特性でしたので綺麗に修復する事ができました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、良かったです。

今回はたまたま幸運に恵まれましたが、オープンモデルのリアクォーターパネルはツールがアクセスできない事が多いです、偶然でしょうが、オープンモデルに限ってリアクォーターパネルにヘコミ!というケース多いです、まるでイジワルされているみたいです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

ジャガーF-PACEのドアへコミ

2018年9月21日

暑くなったり涼しくなったり気温の変動が激しいです、今月は作業件数も多めで結構忙しいのでカラダも悲鳴を上げています、こういった季節の変わり目に疲れが溜まると必ず顔を出すのが持病の腰痛です(^_^;)、気温変動のせいなのか、気圧のせいなのか、よく解りませんが腰痛が出始めたら要注意信号です、オジサンのカラダは面倒臭いです(笑)

今回はジャガーの修復作業でした、一般のお客様からのご依頼です。

ジャガーFPACE

ジャガーのF-PACEというクルマです、お客様からお問い合わせをいただいて車名を聞いた時は正直なところどんなクルマか解りませんでした(^_^;)、でもお客様から『錦織選手がTVのCMで乗ってた・・・』と聞いて!!!やっと解りました、ジャガーのSUVです(笑)、走っているのは見たような気がしますが作業はもちろん初めてです、というかジャガー自体がもともと殆どご依頼がありませんので当然ですね(^_^;)、確かCMで見たのもこの色だったような気がします(多分)、思ったほど大きくなく凝縮感があってとてもスタイリッシュです、流石ジャガーです、私の愛車RAV4と色とフォルムが少し似ていますが出ているオーラが全く違います・・・当たり前か(笑)

ジャガーF-PACEデントリペア作業前画像1 ジャガーF-PACEデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドア後方のフチ近く・・・嫌な位置です、しかもかなりクッキリとスジ状の打撃痕が残ってしまっています(^_^;)、初めて作業するクルマなのでドア内部の構造も全く解りません、こんな高級車の内装を知識もなく分解するのは万が一キズをつけてしまったりツメを折ったりしたら大変な事になりますので恐ろしくてとてもできません(笑)、お客様にはツールアクセスの状況次第では修復できないかもしれませんとお話しさせていただきました、何とか窓枠の隙間からアクセスできることを祈りながら恐る恐るツールを入れてみるとギリギリですが何とかヘコミまで到達できました(嬉)、かなり下方なので比較的長いツールでの作業になり細かいコントロールと力を掛けていくのに苦労致しましたが、何とか形にする事ができました。

ジャガーF-PACEデントリペア作業後画像1 ジャガーF-PACEデントリペア作業後画像2 after

折り目のようなスジの痕跡が僅かに塗膜に残っていますが、歪みも残らずまずまずの仕上がりです、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

初めて作業するクルマはそれだけで緊張するのにそれが輸入高級車となると緊張度合はピークになります(笑)、それも滅多に作業しない希少なメーカーなら尚更です、まだドイツ車だと普段から接する機会が多いので多少は『馴染み』?もあるのでまだ良いのですが、英国車はダメです、どのメーカーでも殆どビビりが入ります(笑)、唯一の例外はMINI位なものです、輸入高級車の作業は怖いです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

レンジローバーイヴォーグのリペア

2014年11月1日

今日からまた連休なのですね、全然知りませんでした、曜日感覚が全くありません(^_^;)、横浜は朝から小雨が降っていますが、明日からは天気が良さそうなのでお出掛け日和かもしれません、私は・・・モチロン連休も仕事しております(笑)

今回はレンジローバーイヴォーグのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

レンジローバーイヴォーグ画像

カッコイイですね、発表された時から憧れてました、実は欲しくてしょうがなかったです・・・とても買えませんが(笑)、なんというか・・・最近は丸っこいスタイリングの車が多いですが、この車はスクエアーなスタイリングがとても魅力です、少しガンダムっぽいところも大好きです(ガンダムファンではありませんが)、もちろんレンジローバーですから悪路の走破性も高いでしょう、その万能感も堪りません、中古車が安くなったら本気で欲しい1台です・・・無理かな(笑)

肝心のヘコミはドア下部のプレスラインでした、それもかなり深めです(^_^;)

レンジローバーイヴォーグデントリペア作業前画像1 レンジローバーイヴォーグデントリペア作業前画像2 before

かなり厄介なヘコミの上に初めての車なのでツールのアクセスがどうなのかがさっぱり解りません、アクセスホールがないかどうか探してみましたが全くダメです、もう少し上部なら窓枠の隙間からアクセスできるのですが・・・仕方ないのでドアの内装を分解する事にしました、構造が解らないとはめこみのクリップやツメを折ってしまったりする可能性があるのであまり分解したくないというのが本音なのですが、慎重にビスやクリップを外していきます、何とか無事に内装が外れたと思ったら内部は完全に鋼板で塞がれていて楊枝1本通す穴はありません(^_^;)、こんなケースはめったにありません大概は幾つか開口部があるのですが・・・・さて困りました、しかしここまできてリタイアはあまりに悔しいのでお客様に了解をいただいてクリップの穴を1つツールアクセス用に使わせていただく事に致しました、しかし角度が悪く思ったように力を掛けていけません、しかも位置の関係上片手しか使えません!ツラい体勢です、悪戦苦闘する事約1時間!何とか形にできました

レンジローバーイヴォーグデントリペア作業後画像1 レンジローバーイヴォーグデントリペア作業後画像2 after

米粒くらい打撃痕の芯の部分は若干残っていますがこれ以上深追いするとかえってパネルが引っ張られて逆に歪みが目立つようになるのであえて少し残して全体のバランスをとるように致しました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

まさかドア内部が完全に塞がれているとは全く考えませんでした(^_^;)、やはり初めて作業する車は何かあります・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。