カテゴリー別アーカイブ: デントリペア(ドイツ車)

インパクトビームに掛かってました

2018年12月13日

今年もあと2週間ぐらいで終わりです、この時期らしい寒さが戻りやっと師走らしい感じがでてきました、街はクリスマスモードで盛り上がっています、私の仕事は毎年クリスマスまでが忙しく、その後は一気に平和(暇)になります・・・

2018クリスマスツリー

煌びやかなクリスマスツリーを見るともうすぐ今年も終わるんだな・・・早いなぁ・・・、などと少し感傷的な気分になります、でも一瞬にしてもう少し頑張れば連休!連休!と一気にテンション上がります(笑)、残り僅かな2018、もうちょっと踏ん張って今年も無事終えられるようガンバリます!

今回はBMW3シリーズワゴンの修復でした、一般のお客様からのご依頼です。

E91ワゴン

E91です、私の中ではまだ『最新型』という印象でしたが、最近は3シリーズの作業というともっぱらF30型になっています、ここ数年は国産車より輸入車(特にドイツ車)の方がモデルチェンジのサイクルが短いような気がします、しかもボディバリエーションが多彩になりもう型式で言われても全く解らなくなりました(^_^;)、昔は単純で良かった・・・(笑)

E91デントリペア作業前画像1 E91デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央よりやや下方で大きさは約7~8センチ、縦スジです(^_^;)、折り目のようなスジではありませんが、車体後方から横に擦ったようにして止まったようで画像で見るよりも横幅もあります、しかも何だか変な歪み?が・・・ツールをアクセスしてみて解りました、丁度サイドインパクトビーム(ドア内部にある側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)に掛かっています、内部にインパクトビームがある部分がへこむと大抵は押された時にビームに当たって変な歪みが出たりビームに沿ったスジが鋼板に残ったりします、結構、厄介なヘコミです、更に頭を悩ませるのは位置です、ヘコミがもう少し上なら窓枠の隙間からのツールアクセスで何も問題ないのですが、やや下方の為、少し遠いです、でもビームに掛かっている事を考えると外板との僅かな隙間にツールを入れていかなければならないので内装を外してドア後方からのアクセスはイマイチです(^_^;)、仕方ないので腰痛をこらえながら窓枠の隙間からツールを入れて作業しました・・・

E91デントリペア作業後画像1 E91デントリペア作業後画像2 after

縦スジヘコミは上から見ると『スジ』ではなくただの小さなヘコミにしか見えないので本当は横から見ながら作業したいのですが、今回は上からのツールアクセスなので何度もしゃがんで横から見たヘコミの形状と位置を頭に叩き込んでそれをイメージしながら上からツールで触っていきました、何度も何度も立ってしゃがんでを繰り返したのでまるでスクワットをした後のように太ももが筋肉痛になりました(笑)、でも、その甲斐あってまずまず綺麗に仕上がりました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

実はデントリペアの作業でインパクトビームは決して邪魔者なだけではありません、それどころかビームの裏に入ってくれたお蔭でビームをツールの支点にする事ができて助けられた事も多々あります、インパクトビームが敵になるか味方になるかはヘコミとビームの形状次第です、経験上、確率は五分五分です・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

切り傷みたいなスジヘコミ

2018年11月3日

朝晩の冷え込みもかなり厳しくなってきました、我家でも寒がりの妻はとうとうストーブを使いだしました(^_^;)、本格的な冬も目の前ですね、気が付けばもう11月です、今年もあと2ヶ月をきりました・・・早いですね、先週から仕事量も一段と増えてきました、これからクリスマスあたりまでは毎年バタバタします、『良い年だったなぁ』思えるようにあと2ヶ月ガンバリます!

今回はアウディA4のリペアでした、クルマ関連業者様からのご依頼です。

アウディA4デントリペア作業前画像1 アウディA4デントリペア作業前画像2 before

業者様からご依頼のお電話をいただいた時にドア中央部で大きさが3~4センチ程度のドアパンチみたいなヘコミと仰っていたので、それなら楽勝かな~!なんてちょっとあまく見ておりましたが、実車を見たら・・・(^_^;)でした、確かに3~4センチのドアパンチみたいな感じなのですが、もの凄くスジがきつい!何だかナイフで切った切り傷みたいなヘコミ・・・(^_^;)です、こういうのはスジを消すのがとても厄介です、もう塗膜にもクッキリとスジ痕が残っているので鋼板のヘコミを普通に修復しただけではうっすらとスジが残ってしまってあまり直ったように見えません、しかし、折り目のようになったスジは簡単には消えてくれません、ヘコミを開いては押し戻すという作業を何度も繰り返し少しづつスジを薄くしていきます、また、少し塗膜肌のゆず肌を弄ってスジ感?を和らげます、コンマ単位での正確なツールコントロールを要求されるので結構神経使いましたが、何とか形にする事ができました・・・

アウディA4デントリペア作業後画像1 アウディA4デントリペア作業後画像2 after

殆どスジ痕も残らず綺麗に修復できました、ホッとしました(笑)、今回は車がアウディだったので助かりました、ドイツ車の鋼板は大体どのメーカーも鋼板特性が良く、適度に粘りコシがあるのでこちらの意図した通りに変化してくれます、これが軽自動車のように薄くコシのない鋼板だったり変化が唐突なアルミパネルだったらここまで仕上がらなかったと思います、使いたいツールがきちんとアクセスできたのも大きいです、折り目のようなスジヘコミは多いのですが、ここまで切り傷のような鋭角なスジは珍しいです、一体何が当たったのでしょう?・・・謎です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

Rクォーターパネルのツールアクセス(MINI)

2018年10月5日

先日の台風の風は本当に今まで体験した事のないような凄まじいものでした、横浜では日付が変わった頃から一気に風の威力が強まり大袈裟ではなく自宅が風で揺れました(^_^;)、もうとても寝ていられなくてAM3時頃までNHKのニュースを見ながらおろおろして起きてました(笑)、幸いにもウチは大きな被害もなく済みましたが、ご近所では屋根のスレートが剥がれたりガレージのシャッターが分解?してしまったりと翌朝明るくなって町内を見て改めて風の恐ろしさにビックリ致しました、また、この風のせいで仕事のお問い合わせ・ご依頼もとても多くなっています、ただ、全般的にダメージが酷いものが多く完全修復は困難なヘコミがとても多いです・・・(^_^;)
また、週末に次の台風が接近するようなので充分に注意なさって下さい!

今回はRクォーターパネルのツールアクセスについて・・・

miniデントリペア作業前画像1 miniデントリペア作業前画像2 before

画像はMINIのRクォーターパネルの前方のフチです、もうドアノブまで数センチしかありません、この位置はとてもツールアクセスに苦労する位置です、内装を外せば簡単にアクセスできるだろ!とつっこまれそうですが、この位置だと内装を外しても『手』では触る事ができてもデントリペアのツールでは支点を取る事ができないので繊細なコントロールができない上に全然力が掛けられません、しかもツールを自分に向けるような『侍の腹切り』姿勢になってしまうのでとても作業性が悪いです、では、どうするのかというと後ろ側から長~いツールでアクセスします・・・(^_^;)

miniデントリペアツールアクセス画像

上の画像のようにテールランプを外し長いツール(130センチ位)でヘコミを触ります、そんな長いツールできちんとコントロールできるの?とまたもつっこまれそうですが(笑)、支点がきちんと取れれば全く問題ありません、大袈裟な話ではなくデントリペア技術者ならミリ単位でのコントロールが充分に可能です、MINIの場合はテール側から前まで完全な空洞になっていますのでこの手が使えます、実はMINIにはもう1つアクセスルートがあります、タイヤハウス内にサービスホールがあるのでそこからアクセスする事も可能なのですが、今回はホールの位置とヘコミの位置関係が悪くツールのグリップがブレーキディスクなどに干渉してしまうので後ろからのアクセスを選択しました。

miniデントリペア作業後画像1 miniデントリペア作業後画像2 after

大きさは3~4センチ程度ですが少し深めで打撃痕がスジ状になっていたので予想より苦労致しましたが、無事修復する事ができました、良かったです・・・

MINIは2ドアクーぺの中では比較的Rクォーターの作業がし易いクルマです、テールランプを外してズドーンと空洞になっているクルマは他には殆どありません、大抵はテールを外しても開口部もなかったり何か内部に隔壁があったりスンナリいきません、2ドアクーペのRクォーターパネルはツールアクセスを確保するまでが最も大変です(^_^;)

余談ですが、このMINI(R56)のテールランプはトルクスのビス3本で固定されているだけなので簡単に外れるのですが、その前にメッキの枠?を外さなければなりません、ツメで引っかかっているだけなのですが、結構カタい場合があって折れそうでいつも緊張します(^_^;)、今まで折れた事はないのですがDIYで外される時はご注意ください。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです