カテゴリー別アーカイブ: デントリペア情報・他

プレスライン上の三角形?ヘコミ

2018年2月1日

もう今日から2月です、相変わらず月日が経つのは早いです、ついこの間、年が明けた・・と思っていたのに(^_^;)、そして毎日とても寒い日が続いています、どうやら今夜あたりからまた雪の予報が首都圏にでているみたいです、先日のような大雪にはならないでしょうが、夜から朝にかけて降るようですから少し心配ですね・・・(^_^;)

今回はプレスライン上の強烈なヘコミのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

プレスラインヘコミデントリペア作業前画像1 プレスラインヘコミデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア上部のプレスライン上です、大きさは6~7センチで深いです、しかもどういう訳か打撃痕と思われる縦スジが2本斜めに走っていて三角形のような形状になっています、こういった角度の違った縦スジ打撃痕で形成されるヘコミは珍しいです、どうやって何が当たったらこういった形状になるのでしょう?、普通はドアエッジなどがプレスラインに当たって横にずれた場合でも、なかなかこのような三角形にはなりません・・???謎です、といって感心している場合ではありません、これを何とか形にしなければなりません(笑)

まずはツールアクセスを確認します、幸いな事にまずまずツールアクセスは良好です、これだけ深くプレスラインを損傷していると当然鋼板は伸びまくっています、これ以上伸ばすと伸びた鋼板を処理しきれなくなってくるので出来る限り少ない手数で仕上げていく必要があります、その為には鋼板が素直に動いてくれる状態にもっていくことがとても重要です、上部やフチに掛かっている応力を丁寧にポンチングで抜いていきます、応力が抜けてくると鋼板が動いてきますが、この辺の見極めは結構難しいので焦らず何度も繰り返して少しづつ作業を進めます、鋼板に動きがでてくれば一気にヘコミを駆逐!していきます、ある程度ヘコミが戻れば後はひたすら歪みとの戦い?です、写りこむ背景に違和感がなくなればOKなのですが、今回は残念ながら完璧とはいきませんでした(^_^;)

プレスラインヘコミデントリペア作業後画像1 プレスラインヘコミデントリペア作業後画像2 after

パッと見た感じには解らないレベルまでは仕上がりましたが、写りこむ背景に若干の歪みや塗膜肌の乱れが残ってしまいました、でもこれで精一杯でした(^_^;)、お客様には喜んでいただけたようなのでホッと致しましたが本当に難しいヘコミでした、今年は難しいヘコミの修復依頼が多いです(^_^;)、小さく可愛い?ヘコミが恋しいです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

落雪に注意なさって下さい

2018年1月26日

今週月曜日の雪は横浜でも凄かったです、数年前に降った大雪の時よりもウチの周辺は積雪量は酷かったように思います(^_^;)、自宅の洗濯物干しルーム?みたいなものは重さで倒壊するのではないかと恐ろしくなり結局、雪が止む夜中までに4回も雪を降ろしました、さすがにこれだけ降ると雪好きな私でも参りました(笑)

雪散歩小太郎1 雪散歩小太郎2 小太郎

楽しそうだったのは小太郎だけです、散歩に連れていけと煩いので仕方なく夕方に大雪の中近所を歩いてきました(笑)齢をとってもさすが柴犬です!

大雪から3日経過して日向の雪は大分とけたのですが、日陰の雪はまだまだ残っています、しかも今回は降雪後は数年に一度レベルという寒気が入ってきていて首都圏でも最低気温が氷点下になっています、こうなると危ないのは落雪です、雪が夜間に凍って雪ではなくなり殆ど氷の塊のような状態になってしまいそれが日中にとけて滑り落ちるように落下!運悪くそこが愛車の駐車スペースだったりするとボンネットやルーフ(屋根)に直撃!

屋根雪2

経験上、上の画像程度の雪(氷?)が直撃しても大抵は10センチ以上のヘコミができます(^_^;)

屋根雪1

まして、↑こんなのがルーフに直撃なんて事になったらルーフ全面に影響がでるような大きさのヘコミ?になり修復不能になる可能性も・・・

垣根の雪

また見落とされがちなのが↑こういった垣根や植栽に積もった雪です、こういった状態で駐車スペース付近にある場合はクルマを移動して早めに落としてしまって下さい、この手の被害もとても多いです。

落雪による被害の特徴はとにかく軽微なものは少なく大抵は手のひらレベルの大きさのヘコミになってしまうケースが多い事です、このクラスになってしまうと修復は難しい上に損傷がルーフだったりすると内装の脱着が必要だったりと修復費用も安くはありません、また20センチを超えるようなヘコミは完全に修復できない事の方が多いです、とにかく落雪は被害を受けないように注意する事がとても重要です、また降雪中よりも翌日や3~4日経過したあたりに凍った雪になって落ちてくるケースが多いのでそれにも充分な注意が必要です。

『落雪は忘れた頃にやってくる』今日の一言です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

天井(ルーフ)のヘコミ修復の場合

2018年1月21日

先週は忙しい日が多かったのですが、寒さが和らいでくれたのでかなり助かりました、でも予報では今週はまた寒さが厳しくなるようです、しかも明日は首都圏にも『雪』の可能性が高いとニュースでしきりに言っております(^_^;)、本当に降るのでしょうか?心配です・・・

今回はルーフ(天井)にできたヘコミの修復について・・・

ルーフへコミ作業前画像1 ルーフへコミ作業前画像2 before

ヘコミはルーフ前方部でフロントガラスまで数センチの位置です、大きさは5~7センチ位で深さはそれ程でもありませんが完全に折り目のようなスジになっています、こうなるとプーリング(表側から引っ張って直す技法)では綺麗には修復できません、裏側からツールでしっかり作業する必要があります。

ルーフライニング脱着

今回はクルマ関連業者様からのご依頼でしたのでメカニックの方が前もって天井の内装(ルーフライニング)を落としておいてくれました、たかだか内装と思われるかもしれませんが、ルーフライニングの場合はドアなどの内装とは違い各ピラーやリアクォーターなど他の部分の内装をかなり外さないといけません、クルマによってはシートも外す必要があります、内装のはめ込みの爪などを破損させないように分解するのは想像以上に神経を使いかなり大変です。

ルーフフレーム

ルーフライニングが外れていたので短時間で修復可能かな?などと思っていたら世の中そう巧くはいきません、ヘコミは完全にフレームに掛かっています(^_^;)

ルーフフレーム2

でもフレームと外板に僅かな隙間があったのでそこからツールをアクセスする事ができました、最近の輸入車は隙間があってもカチンカチンに硬化するシール剤でガッチリと塞いである事が多く隙間からアクセスできないケースも多いので一瞬焦りましたが、今回はうまくアクセスできました。

ルーフへコミ作業後画像1 ルーフへコミ作業後画像2 after

スジを違和感なく消すのに苦労致しましたが、何とか綺麗に修復できました、社長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

ルーフ(天井)のヘコミ修復は基本的にはライニング(内装)を外してからの作業が基本です、殆どの場合、ヘコミの修復時間より内装の脱着作業にかかる時間の方が長いです、もちろん出張修理でパパッとなんて事はまずできません、プーリングで対応できるような小さくて浅いヘコミなら良いのですが・・・ルーフのヘコミは厄介です(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。