カテゴリー別アーカイブ: デントリペア情報・他

Fフェンダーのフチ近くプレスラインの場合

2018年5月15日

横浜は昨日からまるで真夏のような暑さになっています(^_^;)、7,8月に比べると湿度が低く風が爽やかなので全然マシですが、それにしてもまだ5月中旬です、この時期でこの暑さですとこの先は一体どうなってしまうのでしょう?暑いのが苦手な私にとってこれから数か月は本当にツラいです・・・秋が待ち遠しい(笑)

最近、Fフェンダーの修復作業が続きましたので、この事について少し・・・

Fフェンダーデントリペア修復前1 Fフェンダーデントリペア修復前2 before

Fフェンダーのヘコミで一番多いのは上の画像のようなフチから数センチ上にあるプレスラインを損傷しているパターンです、殆どのクルマがフェンダーのアーチ部分は少しフレア気味になっているので上部の方よりフチやこのプレスライン付近を当てられてしまう事が多いようです、普通ならFフェンダーにはあまりドアパンチをもらう事は位置関係から考えても少ないと思うのですが、上の画像のヘコミは形状や損傷の感じはもろにドアパンチといった感じです、大きさは8センチ程度ですが深くかなり鋭角にへこんで打撃痕は折り目のようなスジがクッキリ残っています(^_^;)、これぐらいの損傷をプレスラインに受けるとドアや他のパネルでは修復の難易度は高く綺麗に仕上げるのはかなり大変です、でもFフェンダーの場合は他のパネルに比べると『何とかなる』ケースが多いです、理由は最もツールアクセスの良いパネルだからです、Fフェンダーは他のパネルと違い鋼板一枚構造で内部のインナーフェンダー(樹脂製のカバーみたいな部品)を外せば殆どの部分に使いたいツールをアクセスする事ができます、またツールをコントロールする上で最も大事な支点もタイヤに確保する事ができるのも大きいです、画像のヘコミもボディ色が僅かな歪み残っても目立ってしまうブラックメタリックでしたが、適したツールを適した支点で使う事ができなたのでかなり良い仕上がりまでもっていくことができました。

Fフェンダーデントリペア修復後1 Fフェンダーデントリペア修復後2 after

ほんの僅かな歪みは残りましたが板金塗装で修復した際によく見られる『パテ痩せ』よりも軽微なレベルです、普通に見る限りはまず解らないと思います、これが同じフェンダーでも、もしリアだったら殆どのクルマが鋼板2枚構造でフチに近づけば近づく程、狭くなるのでまともにアクセスもできません、そうなるととてもこのようには仕上がりません、それどころか位置によっては修復不可になる可能性もあります、同じようなヘコミだったとしても天と地の差があります、『ツールアクセス』はデントリペアでの修復作業の鍵です、そしてFフェンダーは最もアクセスがし易いパネルだと言えます、言い換えればFフェンダーならかなり酷いヘコミでも何とか形にできる可能性が最も高いパネルだという事です・・・もちろん例外はありますが(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

デントリペアのDIY作業の痕跡

2018年4月30日

今日で4月も終わりです、GWの真っ最中!良いお天気で絶好の行楽日和ですね、私はもちろん仕事しています(^_^;)、毎年連休前はクルマ関連業者様からの駆け込み依頼が多く、連休に入ると一般のお客様からのご依頼・お問い合わせが多くなります、でも今年は連休前の業者様からの駆け込み依頼は意外と少なかったのです、その分一般のお客様からの作業依頼が増えた感じで先週はかなりバタバタでした(^_^;)、連休後半はどうなるのでしょう?できれば特定の日に集中しない事を願っています・・・(笑)

今回はDIYデントリペアの痕跡らしきものの修復でした(^_^;)

DIYデントリペア痕跡1 DIYデントリペア痕跡2 before

ヘコミはドア下方部のプレスライン上あたりなのですが、最初直射日光の下でヘコミを見たときは10センチ位ボヨ~ンとへこんでいるだけのように思っていたのですが、日陰でライトを当ててよくよく見てみると嫌な予感が・・・何か不自然な違和感が・・・間違いありません、これはDIYデントリペアの痕です(^_^;)、それ程深さはないヘコミなので裏から押せばポコンッと出ると思ったのでしょうね、でもこのヘコミはプレスラインまで影響が出ていますのでラインの折り目の角度から触っていかないと絶対に変化しません、デントリペア技術者ならばその辺の事はよく解っていますが、そういう事を考えずに適当にヘコミを押していくと全体は動かず押した所だけが局部的に変化して画像のようにデコボコになってしまいます、しかも、確実に最初のヘコミの状態より鋼板は伸びています(^_^;)、このように凹凸を造れらてしまった時はまずはプツプツになっているところを叩いて落とすことから始めるのですが、悪い事にラインテープに掛かっています、しかもこのクルマは年代物の希少輸入車です、ラインテープを叩いて切ったりしたら取り返しがつきません、仕方ないのでとにかく低い部分をまず出していって目立つ凸部分を細心の注意を払いながらゴムキャップを付けたポンチで落としていくという方法を取りました、悪戦苦闘する事約1時間!何とか見られるようにはなりました(^_^;)

DIYデントリペア痕跡修復1 DIYデントリペア痕跡修復2 after

若干の歪みは残っていますが、この状態ではこれで精一杯でした(^_^;)

こういう場面に出くわすといつも思うのは《もったいないなぁ~DIYせずに最初からデントリペア技術者に任せていれば綺麗に直ったのに・・・》という事です、もちろんクルマのDIY作業が楽しいのは解ります、金額を節約するだけでなく作業自体を楽しむプロセスも充分に理解できます、ただ、やはりDIYで作業できるものとそうでないものを見極める事はとても重要だと思います、それがとても大切にしている愛車なら尚更です、デントリペアのDIYは余程の幸運に恵まれないかぎりうまくはいきません、それどころか大抵の場合は最初の状態より悪くなってしまう場合が多いです、しかも、そうなってしまうとプロの技術者でも完全にリカバリーする事はできません(^_^;)、『挑戦』は思わぬ結果を招くリスクがある事を充分理解した上でDIY作業を楽しんでください。
でも、やはりデントリペアのDIYはできればやめた方がよいかと・・・(笑)

GWは平常営業致しております
デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

曲面のヘコミ

2018年4月25日

iphone X

ipadデビューから約3年!我家にもとうとうiphoneがやってきました(笑)、といっても私のではありません妻のです(^_^;)、ここ数年は夫婦揃ってガラケイでしたが、ようやくこれでウチもスマホデビューです、厳密に言うとデビューではありません、スマートフォンが出たばかりの時に妻は使っておりましたが、あまりにデータ通信が遅く殆ど使い物にならずにガラケイに戻っていました、しかし、今度はiphone!しかも最新版のX!凄い進歩です、ちょっと触らせてもらいましたが、顔認証なんていう機能も付いていてもう殆ど海外ドラマの『24』の世界です、カッコイイ(笑)、今までは何となく流行に乗り遅れているような危機感を若干感じておりましたが、これでウチも人並みになったような気がします・・・でもこれはあくまで妻のです、私はもちろんまだガラケイです(笑)

天井雹害

今年に入ってもまだ、雹害車の修復作業が月1回程度入ってきます(^_^;)、恐らく昨年7~8月に首都圏で降った雹による被害だと思いますが、一体何台が被害に遭ったのでしょう・・・(^_^;)

ドア曲面のヘコミ1 ドア曲面のヘコミ2 before

今回はドア上部の曲面にできたヘコミを修復致しました、画像では解り難いですがヘコミは4~5センチ程度ですが比較的Rの強い曲面にあります、曲面にあるヘコミは平面のも物と比べるとヘコミ自体に応力が掛かっている事が多く頑固なケースが殆どです、しかも若干スジっぽくなっているので更に厄介です、こういった曲面にあるヘコミは強引に力技で攻めるとかえって鋼板が伸びてしまい歪みが更に悪化してしまう事があります、できるだけ掛かっている応力を抜いて鋼板を伸ばさないように作業していきます、今回もヘコミのフチやスジ付近に掛かっている応力を丁寧に抜いてからツールで触りました。

曲面へコミ修復後1 曲面へコミ修復後2 after

歪みは残りませんでしたが僅かなスジの痕跡は残っています、でも幸いなことにボディ色がパールホワイトなので普通に見る限りは解らないと思います、でも思っていた以上に作業には手が掛かりました(^_^;)

曲面にできたヘコミの修復は平面のものに比べると殆どの場合が手が掛かります、膨らむような曲面ではなく、反るような『逆R』と呼ばれる曲面だと更に難易度は上がります
曲面のヘコミは厄介です・・・(^_^;)

GWは平常営業致しております
デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。