デントリペア情報・他」カテゴリーアーカイブ

スジヘコミ20センチ

2020年1月25日

ついこの間まで新年の挨拶をしていたのに気が付けばもう1月も後半です(^^;)、しかも、暖かくなったかと思えば急に寒さが戻ったり梅雨のような雨が続いたり変な気候です、北日本や北海道でも雪不足でスキー場や雪まつりも相当困っているようです、これも地球温暖化の影響なのでしょうか、昨年、幾つか日本に上陸した異常な強さの台風などの事も考えると本当に地球全体の気候が変わりつつあるのかもしれないです・・・CO2の削減など個人レベルで出来る事は出来る限り努力していかなくてはいけないのかもしれません、ちょっと考えさせられる今日この頃です・・・

しかし、日々の仕事もきちんとやっていかないと地球の異常の前に食っていけなくなります(笑)

今回はリアクォーターのスジ状のヘコミ(約20センチ)の修復作業でした。

リアクォーターのスジ状のヘコミ20センチ リアクォーターのスジ状のヘコミ20センチ2 before

斜め後ろからの撮影なので短く見えますが、真横から見ると20センチ超えのスジ状のヘコミです、しかもスジの部分にはキズもついてしまっています、厄介なのは何かが擦りながら力の掛かり方が変わったようで直線ではなく2本のスジが段違いに連なっている事と魚の骨のような歪みが出やすい横ヘコミである事です(^^;)、ツールは何とかアクセスできますが、4ドアセダンの右のリアクォーター中央部なので本来ならテールランプを外してツールを入れたいところです、ただ残念ながらこのクルマはテールランプを外しても角度的にヘコミまで入っていけません、仕方ないのでトランク開口上部から斜めにアクセスするしか方法がないのですが、そうなるとデントリペアはヘコミを見ながらでしか作業ができないので体はボディ外側にいかなくてはならず必然的に左手だけを伸ばした姿勢で長いツールをコントロールしなければなりません、ミリ単位で正確にスジを触りたいこのようなヘコミだとかなりツライ体勢です(^^;)
立ったりしゃがんだり時には覆いかぶさるような姿勢で作業する事約1時間半、キビシイ状況でしたが何とか形にはなりました・・・

リアクォーターのスジ状のヘコミ20センチ修復後 リアクォーターのスジ状のヘコミ20センチ修復後2 after

キズの痕跡と若干の歪みが残ってしまいましたが、幸いな事にボディ色がパールホワイトなので普通に見る限りはかなり目立たなくはなりました、お客様にも喜んでいただけたので苦労した甲斐がありました、良かったです!

今回は難しいヘコミ、最適でないツールアクセス、作業性の悪い体勢、と3つの悪条件が重なってしまいました、どれか1つでももう少し良い状況だったなら仕上がりは随分変わったと思います・・・言い訳です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

典型的なドアパンチ

2020年1月13日

何とかお正月気分も抜けてやっと戦闘モード?に入ってきましたが、今年のスタートは意外と平和でした、例年ですと休み明けと同時にクルマ関連の業者様からひっきりなしに電話がかかってくるのですが、今年は静かなものです(^^;)、でも、どういう訳か一般のお客様からのお問い合わせはとても多いです、特にこの3連休はかなり忙しかったです・・・もちろん理由は分かりません(笑)、例年と違う事がもうひとつ!今年はもう早々に初詣に行く事ができました!いつもは1月末か2月あたりに行くのがパターンなのですが、今年はきちんと8日に参拝してきました、そしたら何とおみくじも『大吉』!!でした、こんなの引くのは何十年ぶり?一昨年は『凶』でしたから・・・(^^;)

今年はもしかしたらイイ事あるんじゃないか!などと淡い期待を秘めつつ頑張っております!
どうかよろしくお願い致します!

肝心のお仕事の方は昨年末から引き続きキビシイヘコミの修復傾向が続いております(^^;)

スジ状のドアヘコミ スジ状のドアヘコミ2 before

ドア中央部にできたスジ状のヘコミは大きさは5センチ以上あります、しかも折り目のようなスジがクッキリ!典型的なドアパンチヘコミですが、かなりの勢いで当たらないとここまでは凹みません、恐らく風に煽られたか、全く気にせず豪快に開けたか、のどちらかではないでしょうか、ドアの開け閉めに少し注意してくれれば防げる事故なのですが・・・、大事にしている愛車に買い物から戻ってきたらこんなヘコミができていたら本当にショックだと思います、またこういうのを見つけてしまうと暫くは何となく憂鬱な気分になります、よく解かります、私もそうですから・・・(笑)、こういう場合はやはり1日も早く直してスッキリするのが1番だと思います。

このヘコミは周りが若干盛り上がりスジがくっきり残ってしまっていて修復するのは簡単ではありませんでしたが、ツールのアクセスが良い位置でしたので何とか綺麗に仕上げる事ができました。

スジ状のドアヘコミ修復後 スジ状のドアヘコミ修復後2 after

お客様にもとても喜んでいただけたので、苦労した甲斐がありました、この仕事で一番報われる瞬間かもしれません、ありがとうございました!

普通にクルマを使用していれば、どうしてもドアパンチなどの不運な事故に遭遇してしまいます、残念ながら完全に防ぐ手立てはないように思いますが、停める場所や位置などに少し注意するだけで当てられる確率は随分下げられるとは思います、新年早々ドアパンチ!なんて事にならないよう皆様も駐車する際は少し注意なさってみて下さい!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

リアクォーターのコーナー部分

2019年11月3日

先週中頃から今週にかけて怒涛?の忙しさでした、これ程短期間に作業依頼が集中したのは久しぶりです、それまで雨続きの日が多く比較的平和(暇)でしたので体が対応できず疲れが溜まったせいか今は少し風邪気味です(^^;)、あまり忙しくなると老体には堪えます、何事も程々が良いなぁと最近は特に感じてしまいます、これも歳のせいかな・・・(笑)

今回はリアクォーターパネルのコーナー(角)部分の修復作業についてです。

リアクォーターのコーナー部分のヘコミ リアクォーターのコーナー部分のヘコミ2 before

ヘコミはミニバンの左リアクォーターのコーナー部分です、画像だと何処だか分りづらいですが、あと10センチ位右にズレるとリアゲートの開口部です、大きさは約10センチ2つの打撃痕が連なって『ひょうたん』のような形状になっています、綺麗に仕上げるにはこれだけで充分厄介なヘコミですが、更に頭が痛いのはツールアクセスです、『そんなの内装外せば問題ないだろう』との声が聞こえてきそうですが、この部分は鋼板が2重構造になっている場合が多く、実際、このクルマもそうでした(^^;)、プーリング(表側から引っ張って直す技法)も考えましたが、曲面である事・複雑な形状のヘコミである事から仕上がりを考えるとやはりツールで直接触りたいです、そうなると何処かに小さな『穴』を開けてツールアクセスを確保する必要があります、幸いにもお客様からは『穴開け』のご了承を頂けたのですが、『穴』を開ける位置が問題です、仕上がりを重視しての『穴開け』ですからツールの作業性を最大限に良くする位置でないと意味がありません、でも、誰にでも見える位置は出来れば避けたいです、達した結論は・・・

リアゲートキャッチ リアゲートキャッチ2

リアゲートのキャッチ部分(正式名称は解かりません)です、このキャッチ部品を外した中に小さな穴を開けさせて頂きました、右上の画像は穴に樹脂製キャップを装着した状態です、穴を開けてもこのようにきちんと穴は塞ぎますので水漏れなどの心配はありません、更にキャッチを付ければ全く解かりません、しかも、今回のヘコミはこの『穴』からバッチリツールアクセスが可能です、曲面のヘコミだったので塗膜肌を乱さないように気をつけて作業致しました。苦労致しましたが何とか綺麗に修復する事ができました。

リアクォーターのコーナー部分のヘコミ修復後 リアクォーターのコーナー部分のヘコミ修復後2 after

正直なところホッと致しました、『穴』まで開けて綺麗に仕上がらなかったらお客様に顔向けできません・・・(^^;)

リアクォーターのコーナー部分の場合、殆どがツールアクセスに関して何等かの問題が起きる事が多いです、実際、先週は別のクルマで同様の位置の作業がありましたが、きちんとアクセス出来ず、撃沈致しました(^^;)、今回のように隠せる位置に『穴』が開けられる事は稀です、浅くて単純な形状のヘコミならプーリングという手もあるのですが、大きいヘコミや深いスジ状の場合はプーリングでは綺麗に仕上げる事は難しいです(^^;)

リアクォーターのコーナー部分の作業は厄介です・・・。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです