デントリペア情報・他」カテゴリーアーカイブ

リアクォーターのコーナー部分

2019年11月3日

先週中頃から今週にかけて怒涛?の忙しさでした、これ程短期間に作業依頼が集中したのは久しぶりです、それまで雨続きの日が多く比較的平和(暇)でしたので体が対応できず疲れが溜まったせいか今は少し風邪気味です(^^;)、あまり忙しくなると老体には堪えます、何事も程々が良いなぁと最近は特に感じてしまいます、これも歳のせいかな・・・(笑)

今回はリアクォーターパネルのコーナー(角)部分の修復作業についてです。

リアクォーターのコーナー部分のヘコミ リアクォーターのコーナー部分のヘコミ2 before

ヘコミはミニバンの左リアクォーターのコーナー部分です、画像だと何処だか分りづらいですが、あと10センチ位右にズレるとリアゲートの開口部です、大きさは約10センチ2つの打撃痕が連なって『ひょうたん』のような形状になっています、綺麗に仕上げるにはこれだけで充分厄介なヘコミですが、更に頭が痛いのはツールアクセスです、『そんなの内装外せば問題ないだろう』との声が聞こえてきそうですが、この部分は鋼板が2重構造になっている場合が多く、実際、このクルマもそうでした(^^;)、プーリング(表側から引っ張って直す技法)も考えましたが、曲面である事・複雑な形状のヘコミである事から仕上がりを考えるとやはりツールで直接触りたいです、そうなると何処かに小さな『穴』を開けてツールアクセスを確保する必要があります、幸いにもお客様からは『穴開け』のご了承を頂けたのですが、『穴』を開ける位置が問題です、仕上がりを重視しての『穴開け』ですからツールの作業性を最大限に良くする位置でないと意味がありません、でも、誰にでも見える位置は出来れば避けたいです、達した結論は・・・

リアゲートキャッチ リアゲートキャッチ2

リアゲートのキャッチ部分(正式名称は解かりません)です、このキャッチ部品を外した中に小さな穴を開けさせて頂きました、右上の画像は穴に樹脂製キャップを装着した状態です、穴を開けてもこのようにきちんと穴は塞ぎますので水漏れなどの心配はありません、更にキャッチを付ければ全く解かりません、しかも、今回のヘコミはこの『穴』からバッチリツールアクセスが可能です、曲面のヘコミだったので塗膜肌を乱さないように気をつけて作業致しました。苦労致しましたが何とか綺麗に修復する事ができました。

リアクォーターのコーナー部分のヘコミ修復後 リアクォーターのコーナー部分のヘコミ修復後2 after

正直なところホッと致しました、『穴』まで開けて綺麗に仕上がらなかったらお客様に顔向けできません・・・(^^;)

リアクォーターのコーナー部分の場合、殆どがツールアクセスに関して何等かの問題が起きる事が多いです、実際、先週は別のクルマで同様の位置の作業がありましたが、きちんとアクセス出来ず、撃沈致しました(^^;)、今回のように隠せる位置に『穴』が開けられる事は稀です、浅くて単純な形状のヘコミならプーリングという手もあるのですが、大きいヘコミや深いスジ状の場合はプーリングでは綺麗に仕上げる事は難しいです(^^;)

リアクォーターのコーナー部分の作業は厄介です・・・。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

強風によるドアパンチ

2019年10月15日

先月の台風15号による被害の修復依頼もまだ全部終わっていないのに19号が来ました(^^;)、15号の時より強風が吹いている時間が短かったみたいなので(私の自宅付近)今のところ前回ほどのお問い合わせはありませんが、今週末ぐらいから少しづつ増えてくるかもしれません、それにしても想像できないような風や雨を伴う台風が以前より多くなったように感じます、今回も風はともかく雨は本当に凄かったです、豪雨と呼べるような状況が12時間位続いたように思います、ウチのサンルームもベランダの雨水が処理しきれず床下に浸水しました(泣)、現在、床を一部剥いで乾燥中です(^^;)、今後は毎年一度はこういったレベルの台風が来ると思って備えていたほうが良いかもしれません、恐ろしい時代になりました・・・

今回は強風によるドアパンチによるヘコミの修復でした・・・

強風によるドアパンチヘコミ 強風によるドアパンチヘコミ2 before

前回の台風時の強風によるドアパンチヘコミです(確か)、強烈です!、画像に写っているのは1番深い部分で12~13センチ位ありますが、この下側にも浅いヘコミが15センチ位あります(^^;)、普通に当てたぐらいではなかなかここまでは凹みませんが強風に煽られた事でかなりの衝撃力が加わったのだと思います、もうひとつ悪かったのが位置です、ドアの前方部なので恐らく隣のクルマのドアが全開になる少し前あたりで当たった可能性が高いです、そうなると半開きで当たった場合に比べてドアに加速度がつきますからより損傷は酷くなってしまいます、しかもボディ色は歪みが見え易い『黒』、キビシイ状況です、経験上ここまで『唇』のようになってしまった場合は何かひとつでも悪条件があると綺麗に直すのは難しいです、まずはツールアクセスの確認ですが、サイドインパクトビーム(ドア内部にある側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)に掛かっていますが、隙間があるタイプなので何とかツールはアクセスできます、それでも若干の歪みは残ってしまう可能性は高いのですが、『何とか目立たなくなれば・・・』とのお客様のご了承をいただけたので全力で作業致しました。

強風によるドアパンチヘコミ修復後 強風によるドアパンチヘコミ修復後2 after

悪戦苦闘する事、約1時間半、何とか形にはなりました、映り込む背景を動かすと若干の歪みは残っていますが、お客様は『全然解からない!』と喜んでいただけたので苦労した甲斐がありました、良かったです!

強風時のドアパンチは殆どの場合、損傷度合いは通常時より酷くなります、強風の時はクルマに乗らないという訳にはいかないでしょうから、防御する手は駐車する場所や位置に気を付ける位しかできません、可能なら屋内駐車場、無理ならなるべく空いているスペースの角などに停めると少しでも確率は下げられると思います、でも、最近はガラガラな駐車場なのにわざわざ隣に停める『トナラー』という方がたまにいらっしゃるようなので、そうなると打つ手無し・・・ですね(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

ドアノブ周りのプレスライン上のヘコミ

2019年10月5日

もう10月だというのにここ数日は真夏の暑さです、やっと涼しくなると思ってウキウキしていたのに・・・一体どうなっているのでしょう、これも地球温暖化の影響なのでしょうか、とにかく早く秋らしい涼しさになって欲しいです、毎日祈ってます・・・(笑)

今回はドアノブ付近のヘコミの修復についてです・・・

ドアノブプレスラインのヘコミ ドアノブプレスラインのヘコミ2 before

画像はドアノブすぐ上にできた4センチ程度のヘコミです、結構深めで打撃痕がスジ状になっています、ボディ色は歪みが残ると見え易い黒系です、難しいヘコミです、でもこれが普通に平坦なパネルにできたヘコミならそれ程問題ではありません、このヘコミの厄介なところはドアノブを収める為に一段低くなっているボディパネルのフチが凹んでしまっている事です、ドアのプレスラインと殆ど同じじゃないか、と言われそうですが、作業者の感覚としては全然違います、普通のプレスラインは基本的には直線のものが殆どですが、この部分はカーブしています、しかもその角度はかなりキツイです(^^;)、こういったヘコミはこのフチ部分を上げない事にはいくら他の部分を触っても変化してくれません、なぜならこのフチ部分が最も強くこの形を維持しようとする応力が掛かっているからです、でも、この部分は少しぐらい力を掛けてもまず簡単には動いてくれません、その上、ピンポイントで力を掛けすぎると塗膜割れが起こります、塗膜を割らないギリギリの力で少しづつ少しづつ変化させていかなければなりません、文章で書くと簡単ですが、実際はとても大変です、しかもこの位置だと内装を外しても開口部との位置関係が悪いのでかえって作業性が落ちてしまいます、窓枠の隙間からツールを入れるしかないのですが、ここからですと力を掛けられて先端が変えられるような太いツールが入りません(^^;)、何とか入る太さのツールの中で最も力を掛けられそうなツールの先端にテープを巻いて何とか作業致しました。

ドアノブプレスラインのヘコミ作業後 ドアノブプレスラインのヘコミ作業後2 after

完璧とは言えませんが何とかパッと見たぐらいでは解からないようにはできましたが歪みもラインの乱れも若干あります、でもお客様には喜んで頂けたので苦労した甲斐がありました。

今回のようにカーブしたプレスラインにキツい損傷を受けてしまうと完全に修復するのは余程良い条件が揃っていないと難しいです、どうしてもラインの乱れや歪みが残ってしまうケースが多いです、似たようなケースはリアゲートのナンバープレートの周りでもよく起こります、大抵ナンバープレートの周りは一段下がっているクルマが多くそこがプレスラインになっています、そこの角をバックした時に誤って何かに当ててしまうというパターンも結構ありました、浅い損傷なら何とかなりますが、クルマが動いて当たった場合は歩くようなスピードであっても車重の何パーセントかが一瞬にしてその部分に掛かってしまうので意外と酷い損傷を受けてしまう場合があります、そうなると・・・キビシイです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです