カテゴリー別アーカイブ: デントリペア(アメリカ車)

まさに未来のクルマでした(テスラ)

2018年10月20日

相変わらず台風の被害によるヘコミのお問い合わせが多いです、台風が過ぎ去った直後は一般のお客様からの直接のお問い合わせの方が多かったのですが、先週あたりからクルマ関連の業者さんからのご依頼・お問い合わせの方が上回ってきました、普段の行きつけのお店にご相談されているのでしょうね、業者さんの方で損傷の度合によってデントリペアか板金塗装ある程度ご判断してからご連絡いただけるので直せるご依頼が増えてきてホッとしてます(笑)

今回はそんな中で凄いクルマの修復依頼でした・・・(^_^;)

テスラデントリペア修復前画像1 テスラデントリペア修復前画像2 before

ヘコミはリアゲートの下方部分です、2センチ弱の小さなものですが、ちょっと打撃痕が鋭角で少しキズもあります、しかも、同様のヘコミが周辺にあと10箇所位はあります、まるでプチ雹害です(^_^;)、どうして、このような事になったのかというとクルマは車庫内保管なのですが、台風で壁に損傷ができてしまったそうで、そこから入った強風で車庫内の梁に吊るしてあったタイダウンベルト(締め付けられる荷造りベルト)が暴れてリアゲートを何度も直撃!ベルトの先端の金具がボディをムチ打ち状態に・・・(^_^;)、普通の風ならここまでの損傷は受けなかったでしょうが、あの凄まじい風を思い出すと納得できます・・・

幸いにもテールゲート下部にサービスホールがありそこからバッチリとツールアクセスできます、キズのようになっている打撃痕をできるだけ残さないように仕上げるのに神経を使いましたが、ヘコミ自体は小さいものが殆どなので比較的短時間で修復できました。

テスラデントリペア修復後画像1 テスラデントリペア修復後画像2 after

画像に映っている黒いテープは他のヘコミをマーキングした跡です(^_^;)、飛び石のような1ミリ位のキズが残りましたが普通に見る限りはまず解らないと思います、作業後のご確認をいただき無事終了です。

そして、このクルマは・・・

テスラ モデルX テスラ ファルコンウィング

テスラ モデルXです、と言っても私も最初、業者様よりご連絡をいただいた時はどんなクルマか全く解りませんでした、テスラという名前くらいは知っていましたがセダンだけだと思ってました(^_^;)、こんなSUVもあったんですね!見た目も未来的なんですが、何と言っても装備も凄いです、このガルウィングみたいなリアドア(ファルコンウィングと言うそうです)は電動でスーッと開け閉めでき、フロントドアも乗ろうとすると自動で開きます(^_^;)

テスラモデルXインパネ

インパネはまるでパソコンをそのまま縦置きしたようなパネルです、しかもこのパネルでナビやオーディオだけでなく様々なコントロールや車両情報を得る事が可能です、そして、自動運転は高速道路であれば殆ど昼寝状態でも問題なく目的地まで連れていってくれるそうです(^_^;)、もう開いた口が暫くふさがりませんでした(笑)凄いクルマです、子供の頃、想像していた未来の自動車そのものですね・・・

でも、驚いたのはこれだけではありません、この信じられないようなクルマをご厚意で少しだけ運転させていただいたのです、もちろん、最初は丁重にお断りしたのですが、このクルマは商品車やお客様の車ではなくお取引先の担当者様のオーナーズカーで、その担当者様から『いいからちょっと乗ってみな、なかなか面白いからさ!』と仰っていただいたので少しだけステアリングを握らせていただきました・・・

・・・加速は今までに体験した事のないような異様な感じでした、これまでGT-Rやポルシェを始め500馬力以上のチューニングカーにも乗った事はありますが、どれとも違うアイドリング(実際はモーターなのでしてないのですが)から化け物のようなトルクでこの巨体がアクセル1ミリの動きで猛牛のように突進していきます(^_^;)、担当者様曰く『4WDだけど雨の日は床まで踏むのは怖い』というのも決して大袈裟ではありません、言葉で的確に表現するのは難しいですが、昔、漫画で見た『ワープ』という感じが最も近いような気がします、また、とても感心したのはボディの剛性感です、昔ベンツのボディ剛性を『金庫のような・・・』と表現される事がありましたがまさにそんな表現がピッタリです、これだけのトルクとパワーですから、ボディがしっかりしていなければとてもアクセルを踏む事などできませんよね・・・

それにしても異次元の体験でした、とても『クルマ』とは思えないような乗り物でした、でも、こういったクルマを普通に庶民が所有できる日もきっと思ったりより遠くないのかもしれないですね、自動車の動力が内燃機(エンジン)でなくなってしまったら少し寂しいかな、などと思っていましたが全然そんな事ありませんね、将来出てくる『電気自動車のGT-Rや86』なんてきっと想像以上に楽しい乗り物になるような気がします・・・、そんなクルマに乗れるように私も何とかガンバリたいです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

初めて直すパネル

2017年6月12日

梅雨に入ったようですが、意外と天気がもってくれて助かります、でも少しづつ湿度が上がってきたのをヒシヒシと感じます、それ程気温が高くなくても作業中はジットリと汗を掻くようになってきました(^_^;)、じきに雨続きの日々になるかと思うと気が滅入ります、秋はまだか・・・(笑)

今回はジープラングラーのリペアでした、車関連業者様からのご依頼です。

ジープラングラー

こういうクルマは殆ど作業する機会がないので車名もチンプンカンプンです、確かラングラー?と聞いたと思いますが、間違っていたらゴメンナサイ(^_^;)、ご連絡をいただいた時は担当者の方が一生懸命ヘコミについて説明してくれたのですが、一体何処のパネルにヘコミがあるのか正直なところよく解りませんでした、実車を見て納得!

ジープラングラーデントリペア作業前画像1 ジープラングラーデントリペア作業前画像2 before

このパネルの名称は一体何というのでしょう?普通のクルマならFフェンダー上部にあたる位置ですが、この車の場合はどう見てもFフェンダーと言えません、かといってボンネットでもありません、担当者の方が説明に戸惑うのもよく解りました(笑)、しかし問題はパネルの名称よりツールのアクセスです、こんなパネルは今まで一度も作業した事がないのでツールがアクセスできるか全く解りません、さあ、どうしようか・・・と試しにボンネットを開けてみると・・あっさり解決!このパネルの側面は筒状?のようになっていて前方はガッポリ開いています、少し距離はありますがそこから太いツールでもしっかりアクセスできます、ヘコミは結構深く歪みを残さないように仕上げるのに苦労致しましたが何とか形にはする事ができました。

ジープラングラーデントリペア作業後画像1 ジープラングラーデントリペア作業後画像2 after

作業後の画像を撮るのを忘れていて帰り間際に慌てて撮ったので角度も全然違いますが、まずまずの仕上がりです、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今まで数えきれない台数を直してきましたが、よく思い返してみてもこの位置は初めてだと思います、と言うのも普通車ならボンネット後方のワイパーの付いているパネルの端の部分に相当するのでまず直す事はできません、ですからやった事がないのも当然です(笑)、それにしても世の中には色々な形状のクルマがあります、まさか一度も触った事もないパネルがあるとは思ってもみませんでした、まだまだ修行がたりないようです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

プレスラインのヘコミ修復が多いです

2016年6月27日

先週末もとても忙しかったです(^_^;)、やはり梅雨の合間の晴れだったからでしょうか?それにしても暑いです、特に日曜日はもう殆ど真夏のようでした、しっかり水分補給しないと熱中症になりそうです、でも真夏の暑さはまだまだこんなもんじゃありません・・・カラダが持つかどうか不安です(笑)

今回はカマロのリペアでした、業者様からのご依頼です

カマロブラック

カマロデントリペア作業前画像1 カマロデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアプレスライン上で大きさは3~4センチですが、かなり鋭角に凹んでしまっていてスジ状の打撃痕がクッキリ残っています、しかもボディ色は最も歪みが見え易いブラック!(^_^;)、難しいヘコミです、これでツールのアクセスに問題があればゴメンナサイして降参?するところですが(笑)、幸いにもツールアクセスは良好です、ラインをかなり損傷しているので若干の違和感は残る可能性はありますが、社長様のご了承をいただけたので作業開始です、このようにスジ状になっているとかなりの力を掛けていかないと鋼板は変化してくれません、でもあまり強引に攻めると塗膜の肌が荒れてしまいます、その辺のバランスを見ながらヘコミを慎重に押し戻していきます、なかなか鋼板が動いてくれずかなり苦労致しましたが何とか形にする事ができました。

カマロデントリペア作業後画像1 カマロデントリペア作業後画像2 after

他にもう一箇所小さなヘコミがありましたがそちらも無事リペア完了、社長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

輸入車の修復作業は、やはりドイツ車が圧倒的に多いです、アメ車は作業する機会は多くないので内部構造が全然解りません(^_^;)、最近のクルマはドア内部に補強板のようなものが入っている事が多いので今回もツールを入れるまではドキドキでした、カマロはインパクトビームがかなり下の方に入っていたので、もう一箇所のヘコミを直す時はビームを支点にする事ができたので内装などを脱着せずに作業できて助かりました、構造が解らないクルマはツールをアクセスするまでに大抵苦労します(^_^;)、やはり内部構造は解っているに越した事はありません・・・初めてのクルマは怖いです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。