投稿者「jtechnic」のアーカイブ

jtechnic について

神奈川県横浜市を中心にデントリペア(車のヘコミ修理)をやっておりますジェイテクニックと申します、デントリペアは小さなヘコミを再塗装せずに短時間・低価格で修復する技術です、ご興味のある方はHP・ブログをご覧になって下さい。

デントリペアのDIYはやめた方が・・・

2019年4月18日

ゴールデンウィークが近づいてきたせいか作業依頼が増えてきました、特に中古車業者さんや修理関連の業者さんは連休前に何とかお客様に納車しようと一生懸命です、暫くはバタバタしそうです(^^;)

今回はFフェンダーの修復でしたが、お客様がご自分でDIY作業をされたヘコミでしたので結構苦戦致しました(笑)

DIYデントリペアFフェンダー1 DIYデントリペアFフェンダー2 before

画像がピンボケでちょっと解かりにくいですが、ヘコミはFフェンダーアーチ部からプレスラインを跨いでフェンダー中部付近まで損傷が及んでいます、大きさは約10センチでちょっとスジっぽくなっています(^^;)、そして右上の画像でも何となくわかると思いますがイボ?みたいなものが2か所写っています、これがお客様が押したDIY作業の痕跡です、かなり鋭角に出っ張っていて片方は塗膜にクラック(ヒビ)が入ってしまっています、お客様のお話では『ちょっと押しただけなんだけどなぁ』と仰っていましたが、実際のところその通りだと思います、ただ、応力が掛かっているヘコミはそのまま押しても押した所だけが局部変化してしまい大抵はこのようにブツブツになってしまいます、これをデントリペア業界では『アウティ』と呼んだりしますが、デントリペア技術者はこの『アウティ』を出さないように様々な技術を駆使します、例えばこのブログでも何ども紹介していますが、ヘコミに掛かている応力を抜く、また、ツールが『点』で鋼板に接しないように先端に樹脂製のアタッチメントを装着したりします、でも最も大事なのはやはり今まで培った経験です、大抵の技術者は作業実績が長ければ長いほどそれに比例して『アウティ』を数えきれない位作ってしまっています、その度そのリカバリーに苦戦してきたと思います、その結果、それが体に染みついていてて自然と『アウティ』には注意するようになっています、というのも『アウティ』は軽いものなら叩いて落ちてくれますが酷くなると今回のように塗膜にクラックが入ってしまったりいくら叩いても落ちなくなってしまいます、そうなると仕上がりは悪くなり最悪は報酬もいただけないなんて事にもなります、そんな経験を何度もしているからこそある程度の経験のある技術者は『アウディ』にはとても注意します、ヘコミがとても深かったり、スジがきつい場合などはあえて『アウディ』気味に押し戻したりする事はありますが、それはプロとしてそのほうが見栄えが良くなると判断した時だけです、通常は『アウディ』失敗作業の典型です、それのリカバリーは何倍もの労力を浪費します・・・

DIYデントリペアFフェンダー修復後2 DIYデントリペアFフェンダー修復後1 after

出来る限り『アウディ』のブツブツ感が出ないように処理致しましたが、やはり完全には消せませんでした(^^;)、でもお客様は喜んでいただけたので苦労した甲斐がありました!

でも、やはりDIY作業をする前の状態で作業したかったというのが本音です、元の状態を見ていないので正確なことは言えませんが、恐らく最初から作業させていただければもっと違う結果になっていたと思います、もう何度も書いているので耳タコかもしれませんがデントリペアは『修理』というより『復元』する技術です、考えていらっしゃるよりとても繊細な技術です、目的がヘコミをできる限り綺麗に無くしたいという事ならやはりDIY作業はやめた方がよいと思います、決して商売の為、言っているのではありません・・・念のため(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

綺麗なW124でした

2019年4月10日

先月中ごろから急に忙しくなってきました、今週もかなりバタバタしています、まだ、ゴールデンウィーク前のラッシュには早いような気がしますが・・・最近は本当に読めなくなりました、暇だな・・・なんて思っているといきなり怒涛のように作業依頼が来てその後またピタッと止まる、そんな感じの繰り返しです(^^;)、平均してくれると有り難いのですが、なかなか思った通りにはいかないですね(笑)

HTハンバーグとエビフライ

最近は結構頑張って仕事をしましたのでご褒美にまたもやハングリータイガーに行ってきました(笑)、今回は期間限定メニューのハンバーグとエビフライのセットです、大好物2つのコラボに値段を顧みず注文してしまいました(^^;)、でもとても美味しかったです、財布には打撃でしたが大満足です、また食べられるよう一生懸命仕事します(笑)

今回は久しぶりのW124の修復作業でした、一般のお客様からのご依頼です。

W124ワゴン

とても綺麗なW124です、昔は結構頻繁に作業のご依頼があったのですが、最近は2年に1度位?です、改めて接してみるとやはり凄いクルマだと再認識致しました、何というか全てが過剰な位に頑丈なんですね、よく言われるようにドアを閉じる音一つとっても全く異質な感じです、重厚な金属同士がしっかり締結するような感覚というのは現代のベンツとは全く違いますね、このクルマのオーナー様も他にも最新のドイツ車をお持ちでしたが、この装甲車のような塊感?にやられたそうです・・・この感覚は特にカーマニアな方でなくても乗ったり触ったりすれば誰でも分かると思います、ですからいまだに高い人気があるのですね、名車です!

W124ドアヘコミ画像1 W124ドアヘコミ画像2 before

そんな名車にヘコミはいけません、リアドアに4センチ程度のドアパンチがあります、程度の良い綺麗なクルマだけに結構目立ちます、昔何度かこの位置あたりは修復経験がありますのでツールアクセスが大丈夫なのは確認済みです、やはり最近のクルマの外板パネルに多い薄いハイテンと違いガッチリ手ごたえのある鋼板です、少しスジ状の打撃痕があったので伸びた鋼板を歪みとして残さないように注意して作業致しました。

W124ドアヘコミ修復後画像1 W124ドアヘコミ画像修復後2 after

ツールアクセスが良かったのとそれ程複雑な形状のヘコミではなかったので綺麗に修復することができました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

この時代のベンツも最近ではめっきり見なくなりました、でも、現存しているクルマはきっと今回の124のように大事にされてず~とオーナーと時を重ねていくのでしょうね・・・そういうカーライフに憧れる今日この頃です・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

ドアパンチ3連打

2019年4月4日

昨日のお休みはまたまたみなとみらいに行ってきました、今回の目的はお花見です、果たして開花状況はどうでしょう・・・

みなとみらい桜2019

みなとみらい桜2019

バッチリでした、ほぼ満開です、お天気が良い割りに少し風が冷たかったですが、桜を楽しみに沢山の人が来ていました、澄んだ青空とピンクの花びらのコントラストがとても綺麗でした。

プリンセスクルーズ

大桟橋にはまたも豪華客船が、先日見た飛鳥2より更に大きい船です(多分)、これから出航でしょうか・・・羨ましい、出来る事なら死ぬまでに一度は乗ってみたいです、無理か(笑)

プリンセスクルーズ小太郎くま吉

折角なので豪華客船と記念撮影です、小太郎(黒柴犬)は爆睡中ですが・・・(笑)
恐らく横浜は今週が桜の見ごろなのではないでしょうか、平日の赤レンガ倉庫は空いていてお勧めですよ、お時間があればお出かけください~

さてお仕事の方はリピーターのお客様からFフェンダーの修復依頼がありました・・・

Fフェンダー3連打ヘコミ1 Fフェンダー3連打ヘコミ2 before

お電話でご連絡いただいた時は『Fフェンダーがうねうねしている?』とお客様が仰っていたのですが、どんな状況かよく理解出来ませんでしたが、実車を見て納得、約10センチぐらいの中に縦スジヘコミが3つ並んであります、これを斜めにすかすように見ると波打って確かにうねうね見えます(笑)、ヘコミの形状を見る限り典型的なドアパンチです、それにしても同じ場所に3連打とは・・・(^^;)、過去にもこういうケースは何度か見てきましたが、大抵は月極駐車場などで同じクルマによってやられる事が多いです、同じクルマなので当然同じように停めて同じようにドアを開ければ同じ位置が当てられます、悪気はないのかもしれませんが困ったものです・・・

このように同じ位置を何回も当てられてしまうとどうしても鋼板に『伸び』が出てしまいそれの処理に苦労します、今回もヘコミだけでなく周辺の広い範囲を触って伸びた鋼板が局部的に集中しないように注意して作業致しました。

Fフェンダー3連打ヘコミ修復後1 Fフェンダー3連打ヘコミ修復後2 after

作業性の良いFフェンダーだったのでまずまず仕上がりまで持っていく事が出来ました、お客様も喜んで下さったので一安心です!

それにしても本当にドアパンチ被害は多いです、私の場合、作業数の半分はドアパンチ修復と言っても過言ではないと思います、少し位のドアパンチを受けてもへこまない鋼板とか出来ないものなのでしょうか?もしそんな鋼板で出来たボディパネルのクルマがあれば少し位高くても売れるような気がするのですが・・・あっ、でもそうなったら私は廃業しないといけませんね、それは困るかも(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。