投稿者「jtechnic」のアーカイブ

jtechnic について

神奈川県横浜市を中心にデントリペア(車のヘコミ修理)をやっておりますジェイテクニックと申します、デントリペアは小さなヘコミを再塗装せずに短時間・低価格で修復する技術です、ご興味のある方はHP・ブログをご覧になって下さい。

デントリペアの限界?

2019年6月20日

梅雨の真っ最中のはずなのに意外と雨が少ないです、個人的には有難いのですが、この時期にあまり雨が少ないと真夏に水不足なんて悲惨な事になりかねません、それはそれでとても困りますのでやはり適度に降ってもらわないとマズいです、でも、ジトジト、ベタベタは嫌です、人間は我儘ですね(笑)

今回は本来なら板金塗装での修復をお奨めする損傷だったのですが、リピーターのお客様で『何とか少しでも目立たなくなれば構わないので・・・』とのご要望でしたので踏ん張ってみました。

Fフェンダー15センチヘコミ Fフェンダー15センチヘコミ2 before

Fフェンダーのアーチ部分からプレスラインの上あたりまでボッコリという感じです、大きさも15センチ位あります(^^;)、でも大きさよりもこのヘコミの修復作業上、最も厄介なところはアーチ(フェンダーの一番タイヤ側のフチ部分)から変形が始まっている事と、プレスライン上の山脈のように折れて盛り上がっている部分です(赤矢印の部分)、特に盛り上がってしまっているところはまるでもともとあるプレスラインのようなシャープなエッジになってしまっているので見た瞬間に恐らくこれは完全には消せないだろうと思いました、もちろんヘコミ自体も相当手強いです、経験上、こういった形状のものはアーチのフチがきちんと出ないと他をいくら戻そうとしても鋼板が伸びるばかりで全然綺麗には仕上がりません、でもそのフチが出ないんです(^^;)、この作業の場合、『山脈』と『フチ』にかなりの時間を費やしました、その後、全体の歪みとプレスラインの復旧をして最後に違和感がなるべく出ないように極力調整致しました・・・

Fフェンダー15センチヘコミ修復後1 Fフェンダー15センチヘコミ修復後2 after

悪戦苦闘する事約1時間半、目立たなくはなりましたが、若干の歪みと『山脈』のような折り目の痕跡がうっすら残ってしまいました、でもこれで精一杯です(^^;)、お客様は喜んで下さったので苦労した甲斐はありましたが、何となく達成感が沸いてこない作業でした・・・(^^;)

デントリペアは塗装を生かしたまま、鋼板を整形し復元する技術なので、地球上に物理の法則が存在する以上、修復できる限界が必ず存在します、言ってみれば今回のケースはその限界を超えてしまっていた損傷です、幸いにも大きくは超えていなかったので何とか目立たなくする事はできました、ただし、この限界はあくまで私の限界であって技術の限界ではありません、恐らくこういったケースでも鼻歌交じりで完璧に直してしまうような達人技術者がこの世にはいると信じています・・・というかそう信じたいです、それならもしかしたら私もいずれそうなれるかもしれません(笑)、ガンバリます!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

ボンネットのフチ

2019年6月14日

たまに涼しい日もありますが、空気がもう夏ですね、湿度が高くまとわりつくような感じ・・・不快です(^^;)、でも、夏本番になったらこんな程度じゃありません・・・ここ数年は夏になると仕事中に必ず1~2回は熱中症の初期症状みたいな状態に陥ります、毎年、夏が近づいてくると乗り切れるか不安になります、これから9月中頃までは私にとっては試練の季節です、気が重いです(笑)

今回はボンネットのフチにできたヘコミについてです・・・

ボンネットプレスラインヘコミ ボンネットプレスラインヘコミ2 before

上の画像はBMW3シリーズのボンネットのフチにあるプレスライン上のヘコミです、大きさは3~4センチ程度ですが、スジ状にプレスラインと直交していて綺麗に修復するには結構厄介なヘコミです(^^;)、しかし、それ以上に頭を悩ませるのはツールアクセスです、殆どのクルマ(全てのクルマ?)はボンネットのフチはフレーム構造の為に袋形状になっています、このクルマも勿論・・・

ボンネットの裏側画像

裏側を見ればフチから10センチ近くはフレームで袋形状になっています、今回のヘコミは3角形のようになっているフレームの中です、当然、この状態では鋼板2枚構造なので直接ヘコミの裏にはアクセス出来ません、こういった場合は・・・

  1. 既存の穴からアクセス
  2. フレームの合わせ目からアクセス
  3. どこかに穴を開けてアクセス

上記のような3つの手があります、しかし、位置的にいって『2』はプレスラインに損傷を受けている事を考えると支点が遠く力が掛けづらいので作業性が悪い、『3』は基本的には出来る限りやりたくない、という感じなので使える『穴』を探しました・・・

ボンネット裏側画像2

色々物色してみるとゴムのグロメットがついている3つの穴のうち真ん中のところから何とかアクセスできそうです、ベストな位置ではありませんが贅沢は言えません、またグロメットがあればツールで穴が少し変形しても隠してくれます、何本か試してみたところ使えそうなツールが数本ありました、助かりました!塗膜肌とラインを乱さないように慎重に作業致しました。

ボンネットプレスラインヘコミ修復後 ボンネットプレスラインヘコミ修復後2 after

映り込みの鮮明な黒系のボディ色なので歪みが心配でしたが、何とか綺麗に修復できました、一安心です、担当者様のご確認もいただき無事終了です。

ボンネットの修復の鍵はやはりツールアクセスです、最近のクルマは骨(フレーム)の形状がより複雑になってきています、今回のようにたまたま使える『穴』があればよいですが、無い場合は修復不可になってしまうケースもあります、まして材質がアルミだったりすると、更に厳しい状況に陥ります・・・どんどん直せる範囲が少なくなってきている、というのが最近の実感です(^^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

miniボンネット先端部

2019年6月6日

愛犬小太郎(黒柴犬)が天に召されて2週間余りが経ちましたが、悲しい、とか寂しいといった感情よりも何というか喪失感みたいな感覚がとても強いです、やはり16年間一緒に生活していた家族がいなくなるというのはボディブローのように効いてきます・・・こればかりは『時』が解決してくれるのをジッと待つしかありませんね・・・いい歳をして思い出すとすぐ涙腺が緩んでしまいます、参りました(^^;)

くま吉ドライブ くま吉

こいつが明るいのが救いです・・・(笑)

今回はミニのボンネット先端部の修復作業でした。

ミニボンネットヘコミ1 ミニボンネットヘコミ2 before

現行型ミニのボンネット先端部のヘコミです、大きさは10センチ位はあります、しかも折り目の跡がクッキリ残るスジ状ヘコミ!塗膜にキズもついてます、これだけで充分厄介です、それなのに、この位置は鋼板が3重構造になっている為、ツールアクセスも厳しいです、更に追い打ちをかけるのはデカール(ラインのシール)です、これぐらい折り目のようなスジになっている場合は本当はスジの角度を少しでも開いてからツールで触りたいのですが、デカールがある為にあまりきつくポンチングが出来ません、切れてしまう可能性があるからです、スジは開けない、使えるツールは限られる、アクセスはし辛いの3重苦状態です(^^;)、何本かのツールを駆使して触れる範囲を少しづつずらして作業するしかありません・・・かなり苦戦致しました(^^;)

ミニボンネットヘコミ修復後 ミニボンネットヘコミ修復後2 after

完璧とは言えませんが何とか形にする事ができました、もちろんデントリペアではキズを消す事はできませんが、ヘコミが無くなった事によって普通に見る限りは殆ど解からないと思います、担当者様のご確認をいただき無事終了です、疲れました(笑)

小さなヘコミであっても殆どのクルマがボンネット先端部の修復作業は苦戦するケースが多いです、その上にツールアクセスや他の悪条件が重なっていけば更に状況は厳しくなります、今回はまだスチール製だったので助かりましたがこれがアルミボンネットだったら・・・撃沈だったかもしれません、最近のクルマはアルミ製が多いですから、そういう意味では最後の『運』には恵まれたのかもしれませんね・・・いえ、悪条件はもっと少ないほうがいいです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです