作成者別アーカイブ: jtechnic

jtechnic について

神奈川県横浜市を中心にデントリペア(車のヘコミ修理)をやっておりますジェイテクニックと申します、デントリペアは小さなヘコミを再塗装せずに短時間・低価格で修復する技術です、ご興味のある方はHP・ブログをご覧になって下さい。

何とか形になりました

2018年6月20日

昨夜のWカップのコロンビア戦は久しぶりに興奮致しました、それ程サッカーファンという訳ではありませんが、やはり日本代表の試合は特別です、正直なところ引き分けでも充分と思ってTVの前で応援しておりましたが、まさかの先制点!これはもしかしたら・・・と期待したところで同点に追いつかれガックリ(^_^;)、何とか引き分けで・・・と弱気になっていたところで日本に追加点!思わず歓声を上げてしまいました、最後のアディショナルタイムの長い事長い事(笑)ホイッスルが鳴った時には思わず1人ガッツポーズをしてしまいました、監督交代などで開幕寸前にバタバタした日本代表ですが、いい試合を見せて貰ってありがとうございました、想像できないようなプレッシャーの中で大変でしょうが、次戦も是非頑張って下さい!応援します!

今回は大きさの割にとても深いプレスラインヘコミの修復でした・・・(^_^;)

プレスラインの深いヘコミ1 プレスラインの深いヘコミ2 before

ドア上部のプレスライン上のヘコミです、大きさは4~5センチ程度ですが、メチャクチャ深いです(^_^;)、しかもまるで逆プレスライン?のようなシャープなスジまでついています、画像では解りにくいですが、ヘコミの上部は鋼板が押されてよれたようで盛り上がっています、これは難しくきびしいヘコミです、これだけ深くスジがきついと鋼板が局部的の伸びてしまうのでどうしても伸びてしまった鋼板を処理しきれず見る角度によってメラメラ?とした歪みが残ってしまう事が多いです、お客様にもその旨ご説明させていただきましたがご了承いただけたので作業開始です。

まずはヘコミのあちこちに掛かっている応力を抜いていきます、一応この状態でツールを入れて触ってみましたがやはり強烈に掛かっている応力のせいで全く鋼板が動いてくれません、このまま強引に力を掛けようとするとツールで触ったところだけが点で変化してしまい鋼板がますます伸びてしまいます、ヘコミのフチ、スジ、盛り上がった部分などの応力を丁寧に抜いていきます、これはとても地味で手間な作業ですが、仕上がりに大きく影響するので手は抜けません、応力が抜けてくると鋼板に動きが出てきます、ここからはヘコミを戻していくのですが歪みを極力残さないようにヘコミだけでなく周辺にも気を使いながらツールで触っていきます、今回は本当に歪みとの戦い?でした・・・

プレスラインの深いヘコミの修復後 after

僅かなラインの乱れと歪みは残りましたが、お客様には『歪みなんて何処にあるのか全然解らない』と喜んでいただけたので良かったです!ありがとうございました。

プレスラインに対してヘコミの打撃痕が少しずれてくれていたので助かりました、これがもろに直撃だったらもっと仕上がりは悪くなってしまったと思います、不幸中の幸いです(^_^;)、デントリペアは『修理』というより『復元』する技術なのでどうしても受けた損傷や色々な状況によって仕上がりが変わってしまいます、そこがデントリペアの最も難しいところです・・・。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

インパクトビームの付け根

2018年6月15日

カラスのくま吉

先日、センター南に出掛けた時に何となくウチのくま吉に雰囲気が似ているカラスを見つけて思わずシャッターを押しました(^_^;)、肝っ玉が据わっているのか、かなり近づいても動じない様子で暫く見入ってしまいました、じっくり見ているとカラスってカワイイなぁと思ってしまう私は異常でしょうか(笑)

今回はドア前方部の30センチ近いヘコミの修復でした・・・(^_^;)

30センチ位のドアヘコミ before

ヘコミはリアドアの前方部分で上下の長さは30センチ位はあります、デントリペアライトで光を当てていますがコンパクトなライトを使っていたので上下に光が当たりきりません(^_^;)、しかも、厄介な事にヘコミの前フチが猛烈に盛り上がっています??、ドア内部を探ってみるとヘコミの裏側にサイドインパクトビーム(側面からの衝突時に乗員を保護する鉄のパイプのような補強部品)の付け根部分があります、どうやらへこんだ時に表側の鋼板を突き上げたようです、それにしてもこれは強烈です(^_^;)、ヘコミだけでも充分に厄介なのにこの山脈みたいに折り目になっている突き上げではどう見ても完全には修復できそうにありません、更にドアの前フチなのでツールのアクセス状況も良くありません、普通なら板金塗装をお奨めするところですが、お得意様から『何とか目立たなくなればいいんだけど・・・』とのご依頼でしたので頑張ってみました・・・

まずはツールアクセスですが、何と言っても上下約30センチ位あるので1つのルートではアクセスしきれません、アクセスルートは3方向です、窓枠の隙間、ハーネスの穴、水抜きの穴、これらをヘコミの位置によってツールを換えながらアクセスします、そして問題は山脈のようになっている突き上げです、できる限り違和感が出ないように落としていきます、ただやはりクッキリ折り目のようになってしまっているので完全には消しきれません(^_^;)、ある程度落ちて応力が抜けてきたらヘコミを修復していきます、しかし、アクセスルートとツールを換えながらヘコミを触っていくのは手間が掛かり体勢もキツイです、老体にムチ打って作業する事約2時間!何とか見られるようになりました(^_^;)

30センチドアヘコミ修復後2 after

『山脈』のようだったスジはやはり消しきれません、ミミズ?みたいな感じで残っています、でも、これで精一杯です(^_^;)、それでも30センチ位あったヘコミはほぼ無くなったので2メートル位離れて見れば解らなくはなりました、若干の歪みはありますが・・・(笑)

ドア中央部付近に激しい損傷を受けるとサイドインパクトビームに干渉する事が多いです、若干なら良いのですが今回のように『スジ』になるほど突き上げてしまうとまず完全に消す事はできません目立たなくするので精一杯です、でも、それもツールがアクセスできるというのが最低条件です、付け根付近はアクセスできないケースが結構あります・・・そうなると撃沈です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

奥の手が使えました

2018年6月10日

とうとう関東も梅雨入りです、これからはジメジメシトシトの不快指数の高い日が暫く続きます、雨が続くと若干ですが仕事にも影響が出ます(^_^;)、嫌な季節の到来です、でも更に恐ろしいのは梅雨明けした後に待っている本格的な夏です、何よりも暑いのが苦手な私にとって本当に地獄のような2ヶ月間が待っています、できれば夏のない所に引っ越したい・・・一瞬本気で考えてしまいます(笑)

今回はまたもリアクォーターパネルの前方部フチの修復でした(^_^;)

Rクォーター前フチヘコミ Rクォーター前フチヘコミ2 before

ヘコミはリアクォーターパネルの最前方部でリアドアとの境まで2~3センチ位しか離れていません、先日のブログでも書きましたがこの位置は鋼板2枚構造なのでタイヤハウスからはツールアクセスはできません、普通は車両後方部から内装を分解したりテールランプを外したりして長いツールで何とか作業したりするのですが(国産車はこのパターンが多いです)流石にここまで前フチですとキツいです、ドイツ車の場合は運が良いと『純正デントホール』が使えたりする場合があります、今回のクルマはBMW5シリーズでしたので目一杯期待していました(笑)・・・でも位置が離れていて全く使えませんでした(^_^;)

もっと浅くてスジっぽくなっていないヘコミならプーリング(表側から引っ張って直すデントリペアの技法)で対応するのですが、結構キツいスジ状ヘコミなのでその手も使えません、後はタイヤハウス内に小さな『穴』を開けてツールアクセスを確保するという手もあるのですが、基本的には私は『穴』を開けたくない派?なのでできる事ならその手は使いたくありません、何か手は・・・と少ない脳ミソをフル回転しながら考えていたその時、もしや!と思ってライナーを留めているビスを確認してみると・・・良い位置にビスが付いています、ビスがあるという事はその『受け』がある筈です、ビスを外してライナーをめくってみるとやはりビスを留める為の樹脂製の台座がありました!それを破損しないように外してみると小さいけれど『穴』がありました、太いツールは入りませんがワイヤーツールと呼ばれる細いツールなら何とか入ります、何本か試してみると何とかヘコミまで到達できます(嬉)、ワイヤーツールなので力が掛からずかなり苦労致しましたが何とか形にする事ができました!

Rクォーター前方部へコミ修復後画像1 Rクォーター前方部へコミ修復後画像2 after

『穴』を開けずに修復できた事が嬉しかったです、どうもクルマに『穴』を開けるのはいくら見えない場所であっても抵抗があります(小心者の為)、でも、この手はリアフェンダー内にライナーが付いていて留め方がナットでなくて鉄板ビスを使っているクルマでないと使えません、私の記憶ではドイツ車とホンダ車の一部だけだったような気がします、もちろん運良くあるライナーがあってもヘコミの位置が悪ければ使えません、確率的にはとても低いです・・・(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。