投稿者「jtechnic」のアーカイブ

jtechnic について

神奈川県横浜市を中心にデントリペア(車のヘコミ修理)をやっておりますジェイテクニックと申します、デントリペアは小さなヘコミを再塗装せずに短時間・低価格で修復する技術です、ご興味のある方はHP・ブログをご覧になって下さい。

プレスラインに沿うようなヘコミ

2019年8月19日

お盆休みも終わりました、毎年お盆は特に休みも取らず平常営業致しております、クルマ関連のお取引先は殆どがお休みなのですが、一般のお客様からのご依頼がちょこちょこ入るので一応やっているのですが、今年は比較的暇でした(^^;)、でもお陰で少し疲れも取れました(^^;)、例年通りなら今週中頃あたりから業者様関連からのご依頼が増えて忙しくなります、恐ろしい・・・(笑)

今回はリアゲートのプレスラインに沿ったヘコミの修復でした。

リアゲートプレスラインヘコミ

リアゲートプレスラインヘコミ2 before

何だかよく解かりませんね、画像はリアゲートを下側から撮っています、ナンバープレート周りのプレスラインのコーナー部分が沿うようにへこんでいます、大きさは7~8センチぐらいです、プレスライン自体は殆ど損傷を受けてはいませんが問題なのはプレスラインのエッジの角度がキツくなってしまっている事です、このように鋭角に変化してしまったプレスラインの角度をツールで押し戻して修正する事は基本的には出来ません、言葉ではうまく説明出来ませんが、応力が掛かって『面』でへこんでいる部分は『点』で押しても応力のせいで『点』で変化してしまい『面』は綺麗には出てきません、ではどうするか?『点』を連ねて『面』にします、文章で書くと簡単ですが、実際に形にするにはミリ単位でツールをコントロールしてヘコミを触っていかなければならないので結構大変です、今回もとても苦労致しました(^^;)

リアゲートプレスラインヘコミ修復後

リアゲートプレスラインヘコミ修復後2 after

僅かな歪みは残りましたが出来る限り局部変異しているところが無くなるように散らしましたのでボディ色が白という事も相まって普通に見る限りはまず解からないレベルまでは何とか持っていけました・・・疲れました(^^;)

プレスラインの角度が『面』で変わってしまった場合の修復はとても厄介です、ある意味プレスラインを直交するように潰しているスジヘコミの方がまだやり易かったりします(程度問題ですが・・・)、でも一番困ってしまうのがパネルのフチの角度が変わってしまっているヘコミです、パネルのフチからヘコミが始まっていてフチの角度が変わってしまっている場合は何とか目立たなくする事が少しでも出来ればラッキーという感じです、デントリペアでの修復の基本はヘコミがフチなでではなくパネルの中に独立して存在している状態である事が必要です、何だか解かりにくいですが、要はヘコミの外周がパネルのフチ部分に掛かっていないという事です・・・こういうデントリペア技術者でなければ修復の可否が判断出来ないような事が多いのでデントリペアという技術は表に出にくいのでしょうね・・・(^^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

お盆中の営業に関するお知らせ

2019年8月8日

毎日信じられないような酷暑日が続いておりますが、デントリペア ジェイテクニックはお盆休みも平常営業致します(水曜日のみお休み)

『気になるヘコミを旅行前にスッキリしたい』

『連休中にヘコミを直したい』

『休みが少ないのでどうしても今日中に直したい』

など急なご依頼にも出来る限り速やかに対応致します、作業スペースと当方の駐車スペースのあるご自宅なら出張作業も可能です(作業によって出張作業はお受けできない場合もございます)

愛車の小さなヘコミが気になっていらっしゃる方はお気軽にご相談下さい!

※即日修理など急ぎのご依頼やお問い合わせの場合はお電話でお願い致します
※最近、メールでお問い合わせ頂いたお客様のスマートフォンのEメール受信制限設定の為、返信が出来ないケースがありました、お電話番号の記載もなかったので連絡を取る事が出来ませんでした、メールでお問い合わせの際は必ずお電話番号も記載するようにお願い致します。

デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

強烈ドアパンチ

2019年8月1日

梅雨明けした途端に酷暑続き、この変化にもう老体がついていきません(^^;)、何となく1日中ダルさがぬけず不調です、スタミナをつけようと肉料理やニンニク料理を一生懸命食べてみましたが、一向に改善せず、変わるのは増加する体重のみ(笑)、最近は夏は毎年こんな感じです、早く涼しくなって欲しいです・・・夏は苦手です。

今回はレクサスRXの強烈なドアパンチの修復でした(^^;)

深いドアパンチヘコミ 深いドアパンチヘコミ2 before

ドアノブすぐ前に大きさ6~7センチの深いヘコミです、打撃痕はしっかりスジに・・・そして画像では解かりにくいですが、プレスラインも損傷しています、しかも矢印のあたりは鋼板が押されて盛り上がっています(^^;)、それにしてもプレスラインのある曲面をこれだけガッツリ逝くにはかなりの勢いでドアパンチしないとここまでの損傷にはならないように思います、悪気はないのかもしれませんが、『ちょっとうっかり』というレベルを遥かに超えています、酷すぎます・・・

こういったヘコミを綺麗に修復するのはとても難しいです、スジやプレスラインの復旧はもちろんですが、盛り上がった部分やヘコミのフチに掛かっている応力を開放しないとならないからです、この部分にはヘコミをこのままの形で維持しようとする力『応力』が掛かっています、これを取り除かない事にはいくらヘコミに力をかけても全体は変化しません、デントリペアのDIY作業の失敗で多いのはこの応力を抜かずにただヘコミを押す・・・結果、ヘコミ全体は変化せずに押した部分だけがピンポイントでニキビのように変化してそれを繰り返すのでブツブツになってしまう・・・このパターンです(^^;)

まずはフチや盛り上がりに掛かっている『応力』を抜く事に専念します、この工程は仕上がりに大きく影響する本当に重要な作業です、今回も鋼板に動きが出てくるまではひたすらこの作業をしていました、応力が抜けてくるとヘコミが動いてきます、こうなって初めてヘコミを押し戻していきます、ただ、深いヘコミはそれだけで局部的に鋼板は伸びていますので伸びた鋼板を塗膜肌にうまく同化させなければなりません、これは1ミリ以下の細かい作業です、このヘコミの場合は更にスジがきつかったのでかなり厳しい作業となりました・・・(^^;)

深いドアパンチヘコミ修復後 深いドアパンチヘコミ修復後2 after

すこし塗膜肌の乱れはありますが、白系のボディ色なので余程細かく見なければ分からないと思います、オーナー様は全く分からないと喜んで下さったので苦労した甲斐がありました。

それにしてもドアパンチって本当に多いです、感覚的には修復作業の8割はドアパンチヘコミの修復のような気がします、ほんの少し気を付けてくれればおきない事故なのですが・・・それが出来ないのが人間なのでしょうか、そうなるとへこまないパネルをメーカーが開発してくれるのを待つしかありませんね、あっ!そうなると私は廃業ですね・・・それはマズいかも(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです