典型的なドアパンチ

2020年1月13日

何とかお正月気分も抜けてやっと戦闘モード?に入ってきましたが、今年のスタートは意外と平和でした、例年ですと休み明けと同時にクルマ関連の業者様からひっきりなしに電話がかかってくるのですが、今年は静かなものです(^^;)、でも、どういう訳か一般のお客様からのお問い合わせはとても多いです、特にこの3連休はかなり忙しかったです・・・もちろん理由は分かりません(笑)、例年と違う事がもうひとつ!今年はもう早々に初詣に行く事ができました!いつもは1月末か2月あたりに行くのがパターンなのですが、今年はきちんと8日に参拝してきました、そしたら何とおみくじも『大吉』!!でした、こんなの引くのは何十年ぶり?一昨年は『凶』でしたから・・・(^^;)

今年はもしかしたらイイ事あるんじゃないか!などと淡い期待を秘めつつ頑張っております!
どうかよろしくお願い致します!

肝心のお仕事の方は昨年末から引き続きキビシイヘコミの修復傾向が続いております(^^;)

スジ状のドアヘコミ スジ状のドアヘコミ2 before

ドア中央部にできたスジ状のヘコミは大きさは5センチ以上あります、しかも折り目のようなスジがクッキリ!典型的なドアパンチヘコミですが、かなりの勢いで当たらないとここまでは凹みません、恐らく風に煽られたか、全く気にせず豪快に開けたか、のどちらかではないでしょうか、ドアの開け閉めに少し注意してくれれば防げる事故なのですが・・・、大事にしている愛車に買い物から戻ってきたらこんなヘコミができていたら本当にショックだと思います、またこういうのを見つけてしまうと暫くは何となく憂鬱な気分になります、よく解かります、私もそうですから・・・(笑)、こういう場合はやはり1日も早く直してスッキリするのが1番だと思います。

このヘコミは周りが若干盛り上がりスジがくっきり残ってしまっていて修復するのは簡単ではありませんでしたが、ツールのアクセスが良い位置でしたので何とか綺麗に仕上げる事ができました。

スジ状のドアヘコミ修復後 スジ状のドアヘコミ修復後2 after

お客様にもとても喜んでいただけたので、苦労した甲斐がありました、この仕事で一番報われる瞬間かもしれません、ありがとうございました!

普通にクルマを使用していれば、どうしてもドアパンチなどの不運な事故に遭遇してしまいます、残念ながら完全に防ぐ手立てはないように思いますが、停める場所や位置などに少し注意するだけで当てられる確率は随分下げられるとは思います、新年早々ドアパンチ!なんて事にならないよう皆様も駐車する際は少し注意なさってみて下さい!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです