プレスラインがグニャグニャ?

2019年12月3日

とうとう12月に入りました、今年もあと1か月を切りました、早いですね・・・、毎年同じことを言ってます(笑)、少しづつ年末の繁忙期に入りつつありますが、例年とは違い今年は一般のお客様からのご依頼が多いです、通常ですとこの時期はクルマ関連の業者様からのご依頼の方が圧倒的に多くその後に一般のお客様からのご依頼が増えてくるのがいつものパターンなのですが、現在は逆転しています?理由はもちろん解かりません(笑)、出来れば年末は早めに仕事納めをしてゆっくり休みたいと考えておりますが・・・状況次第です(^^;)、今年もあとわずかガンバリます!

今回はハイエースのリアゲートの修復作業でした・・・(^^;)

リアゲートプレスラインヘコミ リアゲートプレスラインヘコミ2 before

リアゲートのプレスラインをガッツリ!しかもラインはグニャグニャ!そして押された鉄板は行き場を失って山脈のように盛り上がっています(^^;)、お得意様からのご依頼ですが、お電話で詳細をお伺いした時に嫌な予感はしていたのですが、実車を見た瞬間、目が点に・・・まさかここまでとは思っていませんでした(^^;)、綺麗に直してくれとのご要望でしたらとてもお受け出来ない損傷ですが『何とな~く直っていればOKです』という暖かいお言葉をいただいたので謹んでお受け致しました(笑)

しかし、一体どこから攻めるのが鋼板をこれ以上伸ばさずに出来る限り綺麗に仕上がるのか・・・暫く考えてしまいました、やはり、『山脈』のようになっている部分を『斜面』に変えなければ何も始まらないというのが結論です、始めて30~40分はもうひたすらポンチングしてました(^^;)、しかしこれだけ鋭角に変形してしまうと物凄い勢いで引っ叩いても全然変化してくれません、塗膜割れが怖いのでヒートガンで温めながら優しく?引っ叩いていました(笑)

ある程度『山脈』が落ちてきたのでプレスラインを修復していきますが、ここでも問題が・・・ハイエースのリアゲートは内装が下の方には付きません、当然、開口部も穴もありません、内装を外した部分の開口部からツールを入れるしかないのですが、ヘコミへのアクセス角度がとても悪いです(^^;)、でも他に方法はありません、何とかそこからツールをアクセスするしかないのですが体勢がとてもツライです(^^;)、腕を伸ばして何とかツールをストロークさせるというアクロバチックな体制で長時間作業していたせいか何度も腕がつりそうになりましたが、多少は形になりました(^^;)

リアゲートプレスラインヘコミ作業後 リアゲートプレスラインヘコミ作業後2 after

プレスラインに若干のスジと『山脈』だった所に見る角度によってはメラメラとした歪みが残っています、でもこれで精一杯でした(^^;)、ボディ色が黒系などとは違い歪みが目立たない色なのでパッと見た感じは殆ど解からなくなりましたが・・・(^^;)
残念ながら完璧な仕上がりではありませんが何とか担当者様から無事に『OK!』をいただきホッと致しました。

最近、どういうわけかキビシイ損傷の修復作業が続いています、続く時って続くものです、不思議です、完璧に直るカワイイ?エクボヘコミが恋しいです、そういうご依頼待ってます(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです