サイドシルのヘコミをプーリング

2019年7月24日

ようやく梅雨明け?これほど雨が多かった7月はちょっと記憶にありません、酷暑よりは梅雨の方がいいかな~なんて思ってましたが、仕事は減るしカビと苔がはびこるし、どっちも嫌ですね(^^;)、これから暫くは連日30度以上の予報が出ています、地獄の夏に突入です、恐ろしい・・・(笑)

最近、サイドシルの修復についてのお問い合わせが何件かありましたので、その事について少々・・・
サイドシルというのは車外側から見るとドアの下にあるボディ最下部、車内側から見るとステップモールの外側の事を言います、普通ならドアパンチや物が当たるような位置ではないのであまりヘコミが出来るような場所ではないのですが、意外とこの位置にできたヘコミの修復についてのお問い合わせは少なくありません、例えばシートベルトの金属部分をドアとの間に挟んでしまった、携帯電話を落とした、これらはドアを開けた内側のサイドシルをへこますパターンです、外側ではやはり左折時など何かに接触というケースです、外側を接触させてしまった場合には殆どがデントリペアでの修復は無理ですが、内側を少しへこませたぐらいなら簡単に直せるだろうと結構お問い合わせをいただくのですが、なかなかそうもいかないというのが実情です・・・(^^;)

サイドシルのヘコミ サイドシルのヘコミ2 before

上の画像はサイドシルにできた2センチぐらいのヘコミです、こんな程度ならツールさえアクセス出来れば瞬殺出来るレベルです・・・でもどうやってもツールは入っていけません(^^;)、昔(昭和)のクルマならステップモールを外してそこの穴からアクセス出来るケースもありましたが、最近(平成?)のクルマはまず内部に隔壁があってここまでたどり着けません、サイドステップやSUVなどに付いている樹脂製のプロテクターモールを外せば、そのクリップ穴などからアクセス出来る可能性もありますが、無いとツールアクセスは絶望的です、画像のクルマも何もありませんでした(^^;)

もう残った手はプーリング(表側から引っ張って直す技法)しかありません、ただ、打撃痕の鋭いヘコミは大抵引っ張り切れず残ってしまいます、それでもやらないよりはマシと引っ張りまくりました(笑)

サイドシルのヘコミ修復後 サイドシルのヘコミ修復後2 after

やはり、3ミリくらいのスジのような打撃痕が残ってしまいました(^^;)、ツールで触れれば完全にとれるんですけど・・・仕方ありません、プーリングの限界です、これで精一杯です・・・

それでも、ヘコミがサイドシル上部の真ん中でしたので何とかプーリングで対応できましたが、これが数センチずれてフチやプレスラインにかかっていたら正直なところお手上げでした、サイドシルのヘコミはとても厄介です・・・(^^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです