Fフェンダーのツールアクセス

2019年7月7日

今月に入ってからはず~っと雨ばかりです、お陰で仕事は少なめでとても平和です(^^;)、それなのに風邪をひきました、元は妻です、かなり酷い風邪を数日前までひいていてそれをしっかり貰ったようです、動けない程ではありませんが、喉が痛く体もダルいです、風邪薬で何とかもっている状態です、根源の妻はもうすっかり良くなったようです(^^;)、天候が良くなると一気に忙しくなるので早く直さないと・・・ダルい(笑)

今回はBMW X2のFフェンダーの修復でした・・・

X2フロントフェンダーのヘコミ X2フロントフェンダーのヘコミ2 before

画像ではちょっと見づらいですが、Fフェンダー中央部に6センチと4センチ程度の縦スジヘコミが2か所あります、両方ともそれ程深さはないのでツールさえアクセスできれば特に問題なく綺麗に仕上がるヘコミです、通常ならタイヤハウス内のインナーフェンダーを外しての作業になる場合が多いのですが、最近のクルマはエンジンルームとFフェンダーがトンネルのように繋がっている場合が多いのでボンネットを開けてみると・・・

X2エンジンルーム

やはり、隔壁がなくFフェンダー内側まで筒抜けになっています、BMWはインナーフェンダーを外す際、下側のクリップが凄く固いものがたまにあり外そうとすると破損してしまう事があるので、その作業をしなくてすむのは有難いです、形状の合いそうなツールを何本か持ってきたらアクセスも支点もバッチリなものがありました!、ツールさえ入ればもう終わったも同然です、塗膜肌を荒らさないように丁寧にスジを触り短時間で修復できました。

X2フロントフェンダーのヘコミ修復後 X2フロントフェンダーのヘコミ修復後2 after

良い条件が揃っていたので両方とも歪みも残らず綺麗に仕上がりました!良かったです。

最近のクルマはどんどんデントリペアの作業性が悪くなる傾向です、昔はなかったような位置に補強板のようなものが入っていたり、2重だった部分が3重構造になっていたり・・・でも唯一?以前より良くなったと思えるのが今回ようなエンジンルーム内の隔壁が無くなりFフェンダー内側とが筒抜け状態になった事です、全てのクルマがこうなっているわけではありませんが、どんどん増えてきているように思います、ここからアクセスできたお陰でタイヤハウス側からでは直しにくかったFフェンダー上部の後方部分のヘコミも綺麗に仕上げられた事が何度かありました、作業性が悪くなる一方ではたまりません、少しぐらいやり易くなる部分も出てきてくれなくてはやってられません・・・デントリペア職人の愚痴でした(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです