Fフェンダーの手強いヘコミ

2019年1月12日

年に一度の年末年始の長い連休もあっという間に終わってしまい仕事が容赦なく入ってきます(笑)、正月の余韻に浸っている間もありません、一気に現実に引き戻された感じです、寒さが身に沁みます(^^;)、今年の仕事始めは一般のお客様からのご依頼が多かったです、例年通りなら連休明けぐらいから車関連業者様からのご依頼が増えてきます、正月明けは心身共に堪えます・・・(笑)

今回はとても苦戦したFフェンダーの修復2連発です・・・(^^;)

Fフェンダー後ろフチヘコミ1 Fフェンダー後ろフチヘコミ2 before

某輸入車のFフェンダーの後ろフチのヘコミです、大きさは3~4センチですが、何か倒れながら擦っていたんような痕跡がスジ状にくっきり残っています、これだけでも十分に厄介なのですが、この車のFフェンダーは後ろ側から鋼板を折り返してあって大部分が2重になってしまってます(^^;)、こんなFフェンダーは初めてです、2枚の鋼板の隙間は約1センチ程度太いツールは厳しいです、しかもツールの支点をタイヤにとる事もできません、仕方ないのでハンドツールを何本も駆使して何とか作業しました(^^;)

Fフェンダー後ろフチヘコミ修復後1 Fフェンダー後ろフチヘコミ修復後2 after

少しキズが残っていますが、ヘコミが無くなった事で普通に見る限りはわからなくなりました、無事に担当者様のご確認をいただき終了です・・・良かった(笑)

そして次は某国産車のFフェンダーのスジヘコミでした・・・

Fフェンダースジヘコミ1 Fフェンダースジヘコミ2 before

Fフェンダーの前方部プレスライン上にかなり鋭角なスジヘコミ5センチです、ヘコミの周りは盛り上がりまるで唇のように見えます(^^;)、映り込みの鮮明なボディ色なので少しの歪みや塗膜肌の荒れが結構目立ってしまうので作業も神経を使います、フチの応力をポンチングで抜いて慎重にツールでヘコミを触っていきます、ある程度出してから映り込みに違和感が出ないように仕上げるのにとても苦戦致しました(^^;)

Fフェンダースジヘコミ修復後1 Fフェンダースジヘコミ修復後2 after

僅かな歪みとスジの痕跡は残りましたが、まずまずのレベルまでは何とか仕上がりました、こちらも担当者様のご確認をいただき無事終了できました・・・一安心です(笑)

今年も厄介な修復作業が多そうな気配がしてます、苦戦しても最終的に何とか形にできれば良いのですが、修復不能の撃沈!になると心が折れます(^^;)、撃沈か修復可能かはヘコミの位置や形状などに大きく影響を受けます、運が良ければ修復可能!悪ければ撃沈!こればかりは『運』頼みです(^^;)、まだ、初詣に行っていませんが『運』に見放されると困るので時間を作って神様にお願いしてこようと思ってます・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。