台風24号によるヘコミ

2018年10月13日

急に涼しくなりました、今朝は少し寒いぐらいでしたので久しぶりに長袖の作業着で出動しました、流石にもう夏日になる事もないと思いますので夏用の作業着は来週片づけます、今は外で作業するには一番良い季節です、でも、心地良い季節は短いです、あっという間にインナー(ももひき)の季節がやって来ます(笑)

ここ最近は10/1に来た台風24号によってできた損傷のお問い合わせ・ご依頼がとても多いです、お客様のお話しを聞くと『瓦が飛んできた!』とか『植木鉢が落ちてきた!』とか『自転車が転がってきた!』など普段では聞いたことがないような要因のヘコミばかりです(^_^;)、少し位の強風ではまず飛ばないような物が飛んできたのですから損傷も酷いものが多く残念ながら修復不可でお断りせざるを得ないケースも多かったです、折角、お問い合わせをいただいたのにご期待に添えずにお断りするのは本当に申し訳ないです・・・

デントリペアは『修理』というよりも『復元』の性格が強い修復方法なので、どうしても受けた損傷の度合によって仕上がりが変わったり、場合によっては修復不可になってしまう事があります、そこがデントリペアの最大のウィークポイントと言えますね・・・。

そんな中でも、何とか形にできたものもあります・・・(^_^;)

リアクォーター修復前へコミ ⇒ リアクォーター修復後へコミ

リアクォーターの10センチ近いヘコミ(^_^;)、スジはキツくなにのですが、結構深さがあり苦戦しましたが何とか見られるようにはできました

リアゲートの修復前ヘコミ ⇒ リアゲートの修復後ヘコミ

リアゲートのナンバー横のスジヘコミ、こちらも約10センチ、クッキリと折り目のようなスジになっており歪みが広範囲に出ていました、しかも色はブラックメタ・・・(^_^;)、歪みを消すのに必死でした・・・

アルミボンネットスジヘコミ修復前 ⇒ アルミボンネットスジヘコミ修復後

アルミボンネットの先端部に擦ったようなスジ状のヘコミ・・・やはり10センチ近いです(^_^;)、材質がアルミという事も相まってスジを違和感なく仕上げるのにこれまた苦労致しました・・・

どのケースも共通しているのは今回の台風によってできたヘコミはみんな深いかスジになるかのどちらかという事です、それでも上のケースはまだ比較的程度の軽い方です、お断りせざるを得なかったのは、もっと酷かったです(^_^;)、毎日この仕事をしていると修復不能な損傷のヘコミに遭遇する事はそれ程珍しい事ではないのですが、普通は月に1~2件ぐらいです、ところが10/1以降だけで数か月分の修復不可案件が一気に来た感じです(^_^;)、まだ、毎日かなりのお問い合わせが来ていますので、今後も増える可能性大です、あまり、直せないヘコミばかり見ていると何だか自信喪失します(笑)、もちろんできる限りの努力はいつもしているつもりですが、残念ですがデントリペアは決して万能ではありません、スジや深さ酷いヘコミや、ツールがアクセスできない位置などの場合は修復不能になってしまうケースがどうしても出てしまいます、誠に申し訳ありませんがご理解下さい・・・

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです