ジャガーF-PACEのドアへコミ

2018年9月21日

暑くなったり涼しくなったり気温の変動が激しいです、今月は作業件数も多めで結構忙しいのでカラダも悲鳴を上げています、こういった季節の変わり目に疲れが溜まると必ず顔を出すのが持病の腰痛です(^_^;)、気温変動のせいなのか、気圧のせいなのか、よく解りませんが腰痛が出始めたら要注意信号です、オジサンのカラダは面倒臭いです(笑)

今回はジャガーの修復作業でした、一般のお客様からのご依頼です。

ジャガーFPACE

ジャガーのF-PACEというクルマです、お客様からお問い合わせをいただいて車名を聞いた時は正直なところどんなクルマか解りませんでした(^_^;)、でもお客様から『錦織選手がTVのCMで乗ってた・・・』と聞いて!!!やっと解りました、ジャガーのSUVです(笑)、走っているのは見たような気がしますが作業はもちろん初めてです、というかジャガー自体がもともと殆どご依頼がありませんので当然ですね(^_^;)、確かCMで見たのもこの色だったような気がします(多分)、思ったほど大きくなく凝縮感があってとてもスタイリッシュです、流石ジャガーです、私の愛車RAV4と色とフォルムが少し似ていますが出ているオーラが全く違います・・・当たり前か(笑)

ジャガーF-PACEデントリペア作業前画像1 ジャガーF-PACEデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドア後方のフチ近く・・・嫌な位置です、しかもかなりクッキリとスジ状の打撃痕が残ってしまっています(^_^;)、初めて作業するクルマなのでドア内部の構造も全く解りません、こんな高級車の内装を知識もなく分解するのは万が一キズをつけてしまったりツメを折ったりしたら大変な事になりますので恐ろしくてとてもできません(笑)、お客様にはツールアクセスの状況次第では修復できないかもしれませんとお話しさせていただきました、何とか窓枠の隙間からアクセスできることを祈りながら恐る恐るツールを入れてみるとギリギリですが何とかヘコミまで到達できました(嬉)、かなり下方なので比較的長いツールでの作業になり細かいコントロールと力を掛けていくのに苦労致しましたが、何とか形にする事ができました。

ジャガーF-PACEデントリペア作業後画像1 ジャガーF-PACEデントリペア作業後画像2 after

折り目のようなスジの痕跡が僅かに塗膜に残っていますが、歪みも残らずまずまずの仕上がりです、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

初めて作業するクルマはそれだけで緊張するのにそれが輸入高級車となると緊張度合はピークになります(笑)、それも滅多に作業しない希少なメーカーなら尚更です、まだドイツ車だと普段から接する機会が多いので多少は『馴染み』?もあるのでまだ良いのですが、英国車はダメです、どのメーカーでも殆どビビりが入ります(笑)、唯一の例外はMINI位なものです、輸入高級車の作業は怖いです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです