軽自動車の横擦りヘコミ

2018年8月24日

今週はお盆休み明けのせいか、お問い合わせ・ご依頼が結構多いです、例年ですと車関連業者様からの作業依頼が多くなる時期なのですが、今年は一般のお客様も多いです、特に台風が近づいたせいで強風が吹いていたのでキツ~イドアパンチの修復が続いてます(^_^;)、強風の時はドアが風に煽られやすいのでドアパンチには充分注意して下さい!

今回はN-BOXの修復でした、クルマ関連業者様からのご依頼です。

N-BOX画像

N-BOXデントリペア作業前画像1 N-BOXデントリペア作業前画像2 before

画像は上から撮っています、ドア中央部の横擦りヘコミです、大きさは5センチ位ですが、かなり折り目のようなスジになっています、どうって事なさそうに見えるかもしれませんが、これは舐めてかかると痛い目みるヘコミです(笑)、鋼板はもともと縦方向に変化しようとする『クセ』があるのでそれに逆らって作業しないといけない横ヘコミはとても難しいです、何も考えずに作業すると肝心のスジは消えずに触った所が縦に走って、まるで魚の骨のような感じの仕上がりになってしまう事が多いです(^_^;)、特に今回のようにスジがクッキリついている場合はこのスジを消す為に強めの力を掛けていかなければならないので尚更『骨』になり易いです、横へコミの場合は大抵作業は画像のように上からヘコミを見ながら進めていくのですが常に横方向から見たときにどのように変化しているかをイメージしながら作業していく事がとても大事です、特に軽自動車の場合は鋼板に軟らかくコシがないのでちょっとしたミスですぐ骨化?してしまいます、正確で繊細なツールタッチが要求されます、幸いにもツールアクセスが良好だったので助かりました、出来る限り正確にそして細かくツールを動かしながら作業しました。

N-BOXデントリペア作業後画像1 N-BOXデントリペア作業後画像2 after

歪みが見え易い嫌なボディ色でしたが、何とか『骨』にもならず歪みも残らず綺麗に仕上げる事ができました、でも、もう少しスジがきつかったらどうなっていたか解りません、良かったです!

塗膜の肌目が細かく、そして鋼板が軟らかくコシがない軽自動車だとスジ状のヘコミというだけで充分に修復は厄介なのですが、それに『横擦り』まで加わると綺麗に仕上げるには正直なところかなり難しいです、軽自動車のキツ~イヘコミを触るといつも自分の技術がとても低くなったような気になり落ち込みます(^_^;)、軽自動車の修復は難しいです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです