VWビートルのFフェンダー

2018年8月1日

やっと8月です、まだまだ夏本番、毎日猛暑日が続いています、先週は幸い?にもそれ程忙しくありませんでした、でも天気予報を見ると1週間先まで殆どの日が最高気温33度超えの予想になっています、ここからお盆休みまでは車関連業者様の駆け込み依頼が多くなる時期です・・・この暑さを乗り切れるか心配です・・・(笑)

今回はVWビートルの修復でした、一般のお客様からのご依頼です。

VWビートル画像

記憶が間違っていなければこのタイプのビートルの作業は初めてだと思います、目の前で改めて見てみるとやはり味のあるクルマですね、他のリメイクカーとは違った独特の雰囲気があります、個人的には結構好きです。

VWビートルデントリペア作業前画像1 VWビートルデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダープレスラインです・・・強烈です(^_^;)、大きさは5~6センチでラインと直交するようにスジ状の打撃痕がガッツリ!そして画像はありませんが実は同様のヘコミが20センチぐらい後方にもう1箇所!・・・目眩が(笑)、最初はドアパンチかと思いましたが2箇所が並んでいるので変だなとは思いましたがお客様のお話では何か柱のような物がぶつけられたそうです・・・なるほど納得(^_^;)、これだけプレスラインにスジ状の損傷を受けてしまうとどこまで綺麗に修復できるか解りませんが『何とか目立たなくなれば・・・』とのお客様からのご要望でしたので作業開始です。

とにかくヘコミのスジを『開く』ところからスタートです、これだけ鋭角なスジだと強引にスジを戻そうとしても応力が掛かっていて鋼板は伸びる一方です、少しでも伸ばさない為にスジの角度を開いて踏ん張っている応力を抜いてやります、しかし、完全に折り目のようなスジになってしまっているので思ったようには進みません(^_^;)、我慢の時間ですが、この作業は仕上がりを左右するので手が抜けません、何とか変化してきたのでやっとツールでヘコミを触っていきます、面接点のアタッチメントを先端に装着してなるべく大きくヘコミを動かしていきます、プレスラインをかなり鋭角に潰しているのでここも思惑通りには進みません(^_^;)、それでもだんだんヘコミに『動き』が出てきます、そこからは一気です、ラインを整形しながら歪みを散らしていきます、最も気温の高い時間に野天作業でしたのでかなり堪えましたが何とか形にする事ができました。

VWビートルデントリペア作業後画像1 VWビートルデントリペア作業後画像2 after

僅かな歪みは残りましたがまずまずの仕上がりです、お客様も喜んでくださったので一安心です、ご依頼ありがとうございました。

キツ~いヘコミでしたが、ツールアクセスの良いFフェンダーでしたので助かりました、これが他のパネルだったらどうなっていたか解りません(笑)、ラッキーでした、でも大抵『ラッキー』は続きません・・・次が怖い(笑)。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです