ルーフ(天井)の強烈なスジヘコミ

2018年4月20日

春らしい爽やかでポカポカな陽気になってきました、花粉もピークを越えたようで少し楽になったような気がします、お蔭で作業もはかどります(笑)ウチの犬達もこの陽気のせいでついウトウト・・・

くま吉昼寝 くま吉

ソファーでうたた寝しています、気持ち良さそうですね、本当に羨ましい!犬になりたい(笑)

今回はルーフの強烈なスジヘコミの修復でした・・・

ルーフスジヘコミ修復前1 ルーフスジヘコミ修復前2 before

画像はピンボケですね、すいません(^_^;)、ルーフ(天井)前方部にできた30センチ近いスジ状のヘコミです、スジの部分には浅いキズもあります、そしてボディ色は僅かな歪みも目立ってしまう黒メタ!(^_^;)、普通ならお断りするような状況です、しかし、今回は板金塗装屋さんからのご依頼なのでまたも共同作業作戦が使えます、『折り目のようなスジとキズは何とかするからできる限りヘコミを出して』とのご依頼です、ありがたく心強いです、デント作業後の板金塗装屋さんの研磨作業を考慮して研磨後に出来る限りスジ部分が塗膜肌に紛れるようにほんの僅かに高めになるように修復致しました。

ルーフスジヘコミ修復後1 ルーフスジヘコミ修復後2 after

上の画像はまだデントリペア作業のみが終了した状態です、折り目のようなスジとキズがまだうっすら残っていますが私的にはこれが限界です、これ以上スジを消そうとすると逆にパネルが持ち上がってしまって見栄えが悪くなります、板金塗装の職人さんに見てもらったら『OK!OK!充分だよ、これ位まであがっていれば研磨すれば消えるよ』と余裕のコメントです、道具を片づけながら暫く見ていたら、熟練した職人さんが何種類かの研磨道具で大胆に研磨!そんなに研磨してクリアー塗装は大丈夫かな~などと心配していたらポリッシャーで磨きをかけたら見事に消えてました(^_^;)、流石です、私も商売柄、多少は作業後に磨いたりすることは勿論ありますが、このクラスのキズやスジ痕を研磨して消すのはクリアー塗膜が無くなってしまいそうで怖くてできません、このへんの見極めはやはりその道のプロならではですね、『クリアー塗膜が研磨し過ぎて無くなったりしないんですか?』と職人さんに聞いたら『無くなっちゃったら塗ればイイじゃん』とのご回答でした、ごもっともです(笑)、板金塗装屋さんとの共同作業は本当に心強いです、そして『最強』です、皆さんもそう思いませんか?

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。