板金塗装技術と共同作業で修復

2018年4月1日

4月に入りました、先月末から怒涛?の忙しさが続いています(^_^;)、3月中頃はかなり平和(暇)で少し危機感すら感じるような状況だったのですが一気にその分が月末1週間に集中したような感じでした、お蔭で何とかいつも通りの売上も確保できてホッと致しましたが、初老?に片足突っ込んでいるような肉体は悲鳴をあげています(笑)、どうして作業依頼は集中するのでしょう?とても不思議です、この理由が解れば予め準備しておけるのですが・・・永遠の謎です(笑)

そんな中いただいたお仕事が、20センチオーバーの横スジヘコミでした・・・(^_^;)

横スジヘコミデントリペア作業前画像 before

まるで折り目のようなスジがクッキリついています、ここまでスジが深いと正直なところ完全には消しきれない可能性が高い為、仕上がりに責任が持てないので普通のお客様からのご依頼ならお受けできないような状況ですが、このご依頼は長年お付き合いいただいている板金塗装業者様からです、過去にもかなり厳しいスジヘコミを共同作業で何度かリペアしています、ご相談の上、今回もデントリペアと板金塗装のコラボレーション?でいくことになりました、作業計画としてはデントリペアでできる限りヘコミをとって塗膜の肌に歪みや違和感が出たところは板金塗装の技術で肌調整していただくという算段です、というのも横へコミをデントリペアで修復するとどうしても縦方向に細かな歪みが出やすいのです、『ガンガンやっていいよ!』と暖かいお言葉をいただきましたのでお言葉に甘えてガンガンやりました(笑)

横スジヘコミデントリペア作業後画像1 after

キツ~いスジは殆ど消えましたがやはり肌に若干の違和感が出ています、出来る限り塗膜肌に紛れるように細かく触っていったつもりですが、これで目一杯です(^_^;)、担当者様にご確認をいただいたところ『OK!これならいける、肌調整で消せるから大丈夫!』と言っていただき一安心です、苦労した甲斐がありました!いつもご依頼ありがとうございます。

板金塗装業者様との共同作業が見込めなかったなら恐らくこの作業はお受けできなかったと思います、板金塗装技術とデントリペアのコラボレーションはある意味『最強』ではないでしょうか・・・私はいつもそう思っています(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。