落雪によるヘコミでした

2018年2月20日

例年ですと2月は比較的平和な月なのですが、今月は結構忙しいです(^_^;)、特にクルマ関連の業者様からのご依頼がいつもより多いです、ありがたい事です・・・(笑)

残り雪

前回の投稿時(5日前)にはあれだけあった近所の残雪もとうとうこれだけになってしまいました、降ったのは確か先月の20日頃だったので約1ヶ月ですね、よく頑張りました(笑)、恐らく明日の朝までには解けて無くなってしまうでしょうね・・・何だか少し寂しい気がします(^_^;)

今回は落雪によってできたヘコミのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

落雪へコミボンネット1 落雪へコミボンネット2 before

ヘコミはボンネットの先端部です、大きさは10センチぐらいでかなり深いです(^_^;)、普通は落雪によってできたヘコミというのはもう少し浅くボヨ~ン?とした形状のハッキリしないものが多いのですが、これはまるでプラスチックハンマーで引っ叩いたような感じでしっかりヘコミの形状が確認できます、おまけにスジっぽくなっています???、お客様にお聞きしたところ高圧線から凍った雪が落ちてきて当たってしまったそうです・・・なるほど、高圧線のような高い位置から氷塊のようになった雪が直撃したらこのような損傷を受けるのも理解できます・・・(^_^;)

ボンネットの先端部分は鋼板が3重構造になっている事が多くツールアクセスが難しいケースが結構あるので心配でしたが、今回は何とか細いワイヤーツールがギリギリアクセスできました、ただ、このボンネットは材質がアルミでした(^_^;)、鋼板でも苦労するヘコミなのにアルミでしかも使えるツールが限られていると正直なところかなり厳しいです、しなるツールを抑えつけながら必死に力を掛けていきますが、やはりアルミなので思ったようには変化してくれません、ヘコミまで到達できるツールを何本も駆使しながら悪戦苦闘する事約1時間!何とか形にする事はできました(^_^;)

落雪へコミボンネット3 落雪へコミボンネット4 after

若干の歪みは残りましたが、普通に見る限りは殆ど解らないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今回のようなケースはかなりレアだとは思いますが、落雪被害は思いもよらない所で受けてしまうという事がある意味特徴でもあります、以前には落雪が直接当たった訳ではないのですが落雪によって自転車が倒れてクルマのFフェンダー直撃!なんていうのもありました(^_^;)、まだまだ2月ですので首都圏でも降雪の可能性はあります、油断は禁物です、降雪があった際は充分注意なさって下さい!

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。