落雪に注意なさって下さい

2018年1月26日

今週月曜日の雪は横浜でも凄かったです、数年前に降った大雪の時よりもウチの周辺は積雪量は酷かったように思います(^_^;)、自宅の洗濯物干しルーム?みたいなものは重さで倒壊するのではないかと恐ろしくなり結局、雪が止む夜中までに4回も雪を降ろしました、さすがにこれだけ降ると雪好きな私でも参りました(笑)

雪散歩小太郎1 雪散歩小太郎2 小太郎

楽しそうだったのは小太郎だけです、散歩に連れていけと煩いので仕方なく夕方に大雪の中近所を歩いてきました(笑)齢をとってもさすが柴犬です!

大雪から3日経過して日向の雪は大分とけたのですが、日陰の雪はまだまだ残っています、しかも今回は降雪後は数年に一度レベルという寒気が入ってきていて首都圏でも最低気温が氷点下になっています、こうなると危ないのは落雪です、雪が夜間に凍って雪ではなくなり殆ど氷の塊のような状態になってしまいそれが日中にとけて滑り落ちるように落下!運悪くそこが愛車の駐車スペースだったりするとボンネットやルーフ(屋根)に直撃!

屋根雪2

経験上、上の画像程度の雪(氷?)が直撃しても大抵は10センチ以上のヘコミができます(^_^;)

屋根雪1

まして、↑こんなのがルーフに直撃なんて事になったらルーフ全面に影響がでるような大きさのヘコミ?になり修復不能になる可能性も・・・

垣根の雪

また見落とされがちなのが↑こういった垣根や植栽に積もった雪です、こういった状態で駐車スペース付近にある場合はクルマを移動して早めに落としてしまって下さい、この手の被害もとても多いです。

落雪による被害の特徴はとにかく軽微なものは少なく大抵は手のひらレベルの大きさのヘコミになってしまうケースが多い事です、このクラスになってしまうと修復は難しい上に損傷がルーフだったりすると内装の脱着が必要だったりと修復費用も安くはありません、また20センチを超えるようなヘコミは完全に修復できない事の方が多いです、とにかく落雪は被害を受けないように注意する事がとても重要です、また降雪中よりも翌日や3~4日経過したあたりに凍った雪になって落ちてくるケースが多いのでそれにも充分な注意が必要です。

『落雪は忘れた頃にやってくる』今日の一言です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。