930カレラのリペア

2017年11月25日

もう11月も終盤です、日に日に寒さが増していきます(^_^;)、今月は中頃は比較的暇だったのですが、だんだん作業依頼が増えてきました、少しづつ年末モードになってきたかな~!という感じです、・・・年末は車関連業者様からの納車ラッシュで毎年バタバタしますが今年は少し動き出しが早いような・・・恐ろしい(笑)

今回はポルシェ911(930)のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ポルシェ930画像

とてもきれいな930カレラです、この型を作業するのは久しぶりです、数年前までは930・964は最も頻繁に作業する『ポルシェ911』だったのですが、最近は911の作業といったら殆どが水冷です、これも時代の流れなのですね、空冷世代?としてはちょっと寂しい感じもしますが・・・

930カレラデントリペア作業前画像1 930カレラデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部です、大きさは5~7センチ程度で少しスジっぽくはなっていますがそれ程深くはありません、このヘコミの前方下にもう一箇所浅いヘコミがありましたので、そちらも一緒に修復となりました、ちょうどドアの内張りをレストア中で外してあるので即作業に入れます、ありがたいです、この位置はツールアクセスは良好なので、ある程度までヘコミを取るのは早かったのですが、よくよく見ると思ったより広範囲が引っ張られているので歪みを取るのが意外と大変です、写りこむ背景をチェックしながらなるべく違和感の出ないようにバランスを見ながら作業致しました。

930カレラデントリペア作業後画像1 930カレラデントリペア作業後画像2 after

もう一箇所のヘコミも修復してお客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

空冷911はもう完全にコレクターズアイテムになってしまったので今後はどんどん市場に出る台数は減ってくるのでしょうね、現在所有なさっているオーナーさんはきっと大事にメンテナンスしながら古き良き『ポルシェ』を楽しんでいるのだと思います、羨ましいです(笑)、10年位前までは空冷911の中古相場もそれ程高くはなかったので正直なところコンディションの悪いクルマもかなり流通していました、でも最近見る空冷911は走行距離が伸びていてもよく手入れされた程度の良いクルマばかりです、価格が高騰してとても庶民の手が届くような車ではなくなってしまいましたがクルマにとっては高価になった事でより大事にされるようになって良いことのなのかもしれません、スーパーカー世代としてはボロボロの911なんて見たくないですから・・・でも、将来、程度の良い964を買ってノンビリ楽しむという夢は完全に断たれました(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。