ドアパンチの修復が多いです

2017年7月5日

昨晩は台風のせいで大雨や突風の注意報が横浜にもでておりましたが、都筑区周辺は雨は激しく降りましたが、風はそれ程強くなかったように思います、幸いにも今回はウチには何の被害もなく通過してくれましたが、これからは台風シーズンですから心配です(^_^;)、でも、残念ながら被害に遭ってしまった方もいるようです、朝、ガレージを開けると・・・

とかげ1

何やらガレージの隅で動くものが目にとまりました、近づいてよぉ~く見てみると・・・とかげ?でした、このとかげ実はとても小さいんです!

とかげ3

ちりとりの隅にいるのがとかげ君です、全長約3センチ!、いつも直すヘコミより小さいです(笑)、クモの巣にひっかかってもがいておりました(^_^;)、昨晩の豪雨から避難してきたようです、傷つけないように慎重に捕獲して草むらに逃がしてやりましたが、あんな小さくて一人で生きていけるのでしょうか・・・ちょっと心配です(笑)

今回はVWゴルフのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ゴルフ6

VWゴルフデントリペア作業前画像1 VWゴルフデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部よりちょっと下がった所で、大きさは3センチ程度(とかげ君位)です、少しスジっぽくなっていますが、典型的なドアパンチという感じのヘコミです、ツールさえきちんとアクセスできれば特に問題のない大きさと形状ですが、サイドインパクトビーム(側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)との位置関係がちょっと心配です、実際にツールを入れてみるとやはり少しビームに干渉していました(^_^;)、このクルマはビームと外板の隙間がかなり狭い構造なので使えるツールは限られています、もんじゃ焼きのヘラが長くなったような薄いツールをひん曲げて何とかヘコミまでアクセスする事ができました。

VWゴルフデントリペア作業後画像1 VWゴルフデントリペア作業後画像2 after

歪みを取るのに少し苦労致しましたが綺麗に修復する事ができました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

ドアパンチによるものと思われるヘコミの修復依頼が相変わらず多いです(^_^;)、たとえ小さなドアパンチヘコミであっても位置次第ではツールがアクセスできずに修復できないケースもあります、そうなると板金塗装でパネル1枚を塗り直す事になってしまいます、金額もそれなりに掛かってきますし色が完全には合わない場合もあります、やはりドアパンチを受けないようにすることが最も重要だと思います、不特定多数のクルマが出入りするところに駐車される場合は充分に注意なさってください。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。