スライドドアのフチはツライです

2017年6月16日

梅雨に入った割には雨が少なく昼間はそれなりに暑いですが、朝晩は涼しい風が吹いていてまだまだ過ごしやすいです、雨が少ないのは業務的にはとても助かるのですが、あまりに降らないと今度は水不足が心配です、真夏の一番暑い時期に節水制限なんて事になったら大変です、何事も適度に・・・というのが重要ですね(^_^;)

今回はホンダN-BOXのリペアでした、中古車業者様からのご依頼です。

ホンダN-BOX

ディーラー様はもちろんですが、それ以外の業者様や一般のお客様からもホンダN-BOXの作業依頼はとても多いです、使い勝手の良い人気車なので売れているのでしょうね、でもお問い合わせやご依頼をいただく度にいつも祈ってしまう事は『ツールがアクセスできる位置でありますよ~に!』と『ボディ色が黒系以外でありますよ~に!』の2つです、何度もこのブログでも書いておりますが軽自動車でボディ色が黒系でしかもツールのアクセスに難あり!という状況だったりすると必ず仕上がりに影響が出てしまいます、そして今回は・・・

ホンダN-BOXデントリペア作業前画像1 ホンダN-BOXデントリペア作業前画像2 before

ボディ色は黒、そしてヘコミはスライドドアの前フチから約15センチ位の位置です、大きさは4~5センチ位のヘコミですが少し深めです(^_^;)、マズ~イ状況です(笑)、僅かな歪みでも残ると見え易い黒系のボディ色なのにツールアクセスに問題がある位置!、こういう状況だと細かな歪みを散らすことができずに仕上がりに違和感が出てしまう事が多いです、内装を外しても内側の鋼板の開口部はヘコミよりも若干後ろ側です、この位置関係だとツールを自分に向けて『侍の腹切り』みたいな姿勢でしか作業できないので使えるツールも限られて更に厳しいです(^_^;)、頭を抱えていると何やら見慣れない樹脂製のカバーを発見、試しに外してみると数センチの開口部が・・・!助かりました、ここから使いたいツールできっちりとアクセスできます、少し深いヘコミでしたので歪みを取るのに苦労致しましたが何とか綺麗に仕上がりました。

ホンダN-BOXデントリペア作業後画像1 ホンダN-BOXデントリペア作業後画像2 after

打撃痕にキズのようなものがありますがコンパウンドで磨けば恐らく取れてしまうと思います、写りこみでチェックしても歪みは殆ど残りませんでした、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

スライドドアのフチ(前も後ろも両方)の場合、最も困るのはツールアクセスです、前側だと使えるツールに制限が出て作業姿勢が『侍の腹切り』ポーズになってしまうし後ろ側だとスライドドアを開けるとボディと重なってしまうので前側から長~いツールでアクセスするしか方法がない・・どちらにしても厄介です、今回のようなアクセスルートがある事は稀です、スライドドアは手強いです(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。