初めて直すパネル

2017年6月12日

梅雨に入ったようですが、意外と天気がもってくれて助かります、でも少しづつ湿度が上がってきたのをヒシヒシと感じます、それ程気温が高くなくても作業中はジットリと汗を掻くようになってきました(^_^;)、じきに雨続きの日々になるかと思うと気が滅入ります、秋はまだか・・・(笑)

今回はジープラングラーのリペアでした、車関連業者様からのご依頼です。

ジープラングラー

こういうクルマは殆ど作業する機会がないので車名もチンプンカンプンです、確かラングラー?と聞いたと思いますが、間違っていたらゴメンナサイ(^_^;)、ご連絡をいただいた時は担当者の方が一生懸命ヘコミについて説明してくれたのですが、一体何処のパネルにヘコミがあるのか正直なところよく解りませんでした、実車を見て納得!

ジープラングラーデントリペア作業前画像1 ジープラングラーデントリペア作業前画像2 before

このパネルの名称は一体何というのでしょう?普通のクルマならFフェンダー上部にあたる位置ですが、この車の場合はどう見てもFフェンダーと言えません、かといってボンネットでもありません、担当者の方が説明に戸惑うのもよく解りました(笑)、しかし問題はパネルの名称よりツールのアクセスです、こんなパネルは今まで一度も作業した事がないのでツールがアクセスできるか全く解りません、さあ、どうしようか・・・と試しにボンネットを開けてみると・・あっさり解決!このパネルの側面は筒状?のようになっていて前方はガッポリ開いています、少し距離はありますがそこから太いツールでもしっかりアクセスできます、ヘコミは結構深く歪みを残さないように仕上げるのに苦労致しましたが何とか形にはする事ができました。

ジープラングラーデントリペア作業後画像1 ジープラングラーデントリペア作業後画像2 after

作業後の画像を撮るのを忘れていて帰り間際に慌てて撮ったので角度も全然違いますが、まずまずの仕上がりです、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今まで数えきれない台数を直してきましたが、よく思い返してみてもこの位置は初めてだと思います、と言うのも普通車ならボンネット後方のワイパーの付いているパネルの端の部分に相当するのでまず直す事はできません、ですからやった事がないのも当然です(笑)、それにしても世の中には色々な形状のクルマがあります、まさか一度も触った事もないパネルがあるとは思ってもみませんでした、まだまだ修行がたりないようです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。