BMW miniのリアクォーターの場合

2017年3月1日

気が付けば3月です、2017もあっという間に2カ月が過ぎました、早いですね、もう花粉の季節です(^_^;)、昨日は週に1度の定休日でしたが、お取引業者様からの緊急要請で朝一番から出動しておりました、何とか午前中で仕事は終わったので、帰宅して妻と遅めのランチに出掛けました。

焼肉ランチ ららぽーと焼肉

ららぽーと横浜にある焼肉屋さんです、妻のお友達情報でとても美味しいお店だと聞いておりましたのでリッチ?に昼から焼肉しました、焼肉は大好物ですが、実は滅多にお店に行って食べる事はありません、特にこれといった理由はないのですが何となく高そうなイメージなので(笑)、でも、今回は特別です、2月は例年より忙しかったので自分へのご褒美!です、恐らく2年振りくらい・・・だったと思います(^_^;)

久しぶりという事もあってメチャクチャ美味しかったです、牛肉は焼肉の王道なので美味いのは当然ですが、豚のロースの美味しさには驚きでした、一度こういう味を知ってしまうとマズいですね、また食べたくなってしまいます、頑張って働いて稼げたらまた行きたいと思います。

ソフトクリーム

そして、しめ?のデザートにソフトクリームをいただきました、本当はコールドストーンのアイスクリームを食べたかったのですが、焼肉とコールドストーンのボリュームあるアイスクリームを一気に食べたら自分の歳を考えると流石にマズイかと思い自重致しました(笑)

今回はminiのリペアについて少し・・・
BMW mini、昔のローバーミニと区別する意味でよくこのように呼ばれていますが、もう現在のモデルで3代目になります(確か)、BMW miniはとても人気車なのでリペアする機会も多いのですが、特にご依頼が多いのはリアクォーターパネル(リアフェンダー)のヘコミの修復です。

ミニクラブマンデントリペア作業前画像2  ミニクラブマンデントリペア作業後画像1

上の画像のような位置のヘコミをリペアする場合、普通はリアのテールランプを外してツールをアクセスする事が多いのですが、初期の頃のモデルはテールランプのメッキの枠を外さないとテールランプを外す事ができませんでした、そのメッキの枠のツメがとても華奢で外す度に折れはしないかといつもドキドキしながら作業していましたが、それが中期?ぐらいから内側のナット(ネジ)を外すだけで脱着可能になってメデタシメデタシと思っていたら、先日、現行モデルのリアクォーターを作業したらまたメッキの枠を外すタイプに戻っていました(^_^;)、初期モデルのようにツメは華奢ではないのですが、喰い付きがキツく別の意味で破損しそうで怖いです、今のところ現行型のご依頼は多くはありませんが、人気車ですから、そのうち増えてくる事は間違いないです・・・
今からビビっています(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。