ドアの小さなヘコミはデントリペアでの修復が最適です

2017年2月16日

まだまだ寒さは厳しいですが、日が暮れるのが日に日に伸びているように思います、年末は午後4時半位でもう真っ暗になっていたのに最近は5時半を過ぎてもまだ明るいです、だんだんと春が近づいているんですね・・・花粉の春が(^_^;)

くま吉ソファーでリラックス くま吉

腰痛と寒さに耐えながら何とか作業を終えて心底冷え切って帰宅するとくま吉(黒ポメ)は暖房の効いたリビングのソファーでコックリコックリ…うたた寝中でした(^_^;)、いいですね、寒い日は私も家で昼寝したい(笑)

今回はBMW5シリーズツーリングのリペアでした、中古車業者様からのご依頼です。

BMW E61 

E61デントリペア作業前画像1 E61デントリペア作業前画像2 before

ヘコミは運転席ドア前方部です、大きさは3センチ程度で浅いです、典型的なドアパンチという感じです、こういうヘコミの修復はデントリペアが最も得意とするところです、ヘコミを専用ツールで押し戻していく技術ですから当然ながら再塗装の必要無し!作業時間も短い(画像のヘコミの修復時間は20分位でした)そして料金も板金塗装に比べれば格安です、このようなメリットから中古車業者様からのご依頼はとても多いです、このクルマの場合、同じドアにもう1箇所似たようなヘコミがありました、小さなヘコミを全て板金塗装で直していたら車両原価が上がってしまって大変ですからね(^_^;)
通常はこの位置なら窓枠の隙間からツールをアクセスするのですが、今回はドア内部にあるサイドインパクトビーム(側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)の位置関係の問題でドア開口部の反射板を外してその穴からツールを入れて作業しました、E60、E61の5シリーズはこの手が使えるからとても助かります。

E61デントリペア作業後画像1 E61デントリペア作業後画像2 after

もう1箇所のヘコミも小さく浅いものでしたので綺麗にリペアできました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

一般のお客様だけでなくクルマ関連の業者様でも『デントリペアは初めてなんだけど…』というお問い合わせやご相談が今でも結構あります、もちろんどんなヘコミでも完璧に直せるという訳ではありませんが、少なくてもドアなどの小さなヘコミは再塗装してしまう前に一度ご相談いただければと思います、まだまだデントリペアは知名度低いんですね・・・

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。