911定番のヘコミ?

2017年1月26日

この冬最強寒波!がやっと去ってくれたので凍てつくような寒さが少し和らいだ感じがします、しかし、今シーズンは『最強寒波』という言葉を頻繁に聞きます(笑)、『最強』と呼ばれるようなものはシーズン中に1回も来れば充分ですね(^_^;)

かき揚げ蕎麦セット

寒~い冬には暖かい麺類が食べたくなります、今回はかき揚げ丼そばセット!サクサクのかき揚げを食べながら蕎麦をすする!最高です、どうして御飯と麺類を同時に食べたくなるのでしょう?、ラーメンを食べに行っても無性にチャーハンが食べたくなります(笑)、でもオジサンには完全にカロリーオーバーです・・・(^_^;)

今回はポルシェ911(997)のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ポルシェ911(997)カレラS

ポルシェ997デントリペア作業前画像1 ポルシェ997デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはポルシェ911定番の位置?、リアクォーターパネルの前側のフチ、ドアとの境目から2センチ位の辺りです、ポルシェ911は空冷・水冷に関係なくどのモデルでもどういう訳か、リアクォーターの前フチのヘコミのリペアがとても多いです、この位置はとてもツールのアクセスがしにくい嫌な位置です、お客様からお問い合わせをいただいた時はリペアできるかかどうか不安でした、通常、水冷911でリアクォーターの前フチをリペアする場合は純正のサービスホールが唯一のアクセスルートなのですが、これが使えないとかなりリペアが厳しくなります、プーリング(引っ張って直す技法)で対応できればまだよいのですが、スジ状のヘコミや打撃痕の深いヘコミはプーリングでは綺麗には修復できない事が多いです、今回の場合は小さいですが鋭角にへこんでいるのでプーリングでは完全には打撃痕が消せません、祈る様な気持ちでサービスホールから何本かのツールを入れてみたらギリギリですが何とかアクセスできるツールがありました(嬉)、ツールのアクセス角度が悪くタイヤハウス内部にツールが干渉してしまいちゃんとストロークができないので力を掛けきれず、とても苦労致しましたが、何とか形にする事ができました。

ポルシェ997デントリペア作業後画像1 ポルシェ997デントリペア作業後画像2 after

僅かな歪みは残りましたが普通に見る限りはまず解らないと思います、お客様も喜んで下さったのひと安心です、ご依頼ありがとうございました。

それにしてもどうして911はリアクォーターの前フチにへこみが多いのでしょう?
ポルシェ911のデントリペアの七不思議のひとつです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。