ドアのフチは直せない事が多いです

2017年1月17日

年明けは少しバタバタしましたが、先週末あたりからめっきり平和になってしまいました(^_^;)、ただ、プライベートな用事が多く、そちらの方でバタバタ致しました、何だか今年は色々と例年とは違う感じのスタートになりちょっと困惑気味です、何とか良い年になって欲しいと切に願っておりますが・・・まだ初詣にも行けていないし・・・ちょっと心配です(^_^;)

小太郎昼寝1 小太郎昼寝2 小太郎

ここ数日の寒さは尋常ではありません、横浜でも氷点下なんていう最低気温になる位ですから・・・野天での作業中は鼻水が垂れているのさえ気づかなったです(笑)、小太郎(黒柴)もストーブの側から離れません、たまに近づきすぎて毛が焦げる時があるくらいです(笑)、もう『老犬』になってきたので、やはり寒さが堪えるのでしょうか・・・まだまだ元気一杯ですが、こちらもちょっと心配です(^_^;)

今回はポルシェ911のリペアでした、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ911(964)

ポルシェ911(964)デントリペア作業前画像1 ポルシェ911(964)デントリペア作業前画像2 before

久しぶりの964です、久しぶりでもないかな?(笑)、ヘコミはドア最下部、大きさは3~4センチ程度ですが、とても深いです、全体的に深いのではなく打撃痕だけが極端に鋭角にへこんでます、こうなると殆どキズですね(^_^;)、しかも下のフチからヘコミのほぼ中心にある打撃痕まで約5センチ!という事はへこみ始めているのはドア下のフチから3センチぐらいの位置からという事です、964の場合、ドア下の合わせ目はフチから約3センチ位までなのでそれに掛るかどうかキワドイ位置です、もちろん合わせ目に掛ってしまえばツールは入っていけませんのでその部分は触れないという事になります、こういうケースは911に限らずよくあるのですが、そういう時にお客様は『じゃあ、触れるところまで直して!』と仰られたりするのですが、ヘコミは全部繋がっているので触れない部分だけが直せないというよりも全体の仕上がりに大きく影響してしまいます、今回もヘコミの一番外側が微妙に合わせ目に掛っているのでちょっと心配でしたが何とか違和感のないように仕上げる事ができました。

ポルシェ911(964)デントリペア作業後画像1 ポルシェ911(964)デントリペア作業後画像2 after

でも2~3ミリのキズのような打撃痕は完全には消せませんでした(^_^;)、言い訳を目一杯してから社長様のご確認をいただき何とか終了です、ご依頼ありがとうございました。

ドア以外でもパネルのフチで表裏の鋼板の合わせ目にできてしまったヘコミは殆どの場合がリペアできないです、注意していてもいつの間にかできてしまうのが『ヘコミ』ですから仕方ないのですが・・・何とかフチは避けて下さい(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。