カブリオレのクォーターパネルは厄介です

2016年11月4日

いきなり寒くなりました、なんとなく秋を通り越して冬になったようです(^_^;)、ついこの間まで暑い暑いボヤいていたのに・・・あっという間に冬が来たという感じです、今年は秋の爽やかな季節が台風連発と長雨のせいで殆どなかったような気がします・・・もう、一昨日からインナー(ももひき)を出しました、これからは手放せません(笑)

今回はボルボのカブリオレのリペアでした、クルマ関連の業者様からのご依頼です。

ボルボクーペカブリオレ

ボルボのカブリオレだという事は解るのですが、何と言うモデルなのでしょう・・・聞くのを忘れました(^_^;)、メタルトップのクーペモデルで恐らく見るのは初めてだと思います、ボディ色も何とも言えない上品な色合いでクルマ全体から優雅な雰囲気が漂っています、私もいつの日かこういうクルマが似合うオジサンになりたいです・・・(笑)

ボルボカブリオレデントリペア作業前画像1 ボルボカブリオレデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはクォーターパネル(リアフェンダー)です、大きさは4センチぐらいですがキズのような鋭い打撃痕がかなり深いです(^_^;)、でも一番の問題はツールアクセスです、カブリオレ(オープンカー)のクォーターパネルは内部に幌やルーフを昇降する為の色々な部品が集まっている事が多くスンナリとツールがアクセスできるケースはとても少ないです、ご連絡をいただいた時は(^_^;)(^_^;)(^_^;)という感じでした、祈るような気持ちで窓枠の隙間からツールを入れてみるとギリギリですが何とかヘコミまで辿り着けます・・・ラッキーです、ボディにかなり厚みがある上に打撃痕がとても深いのでツールに力が掛り辛く苦労致しましたが、何とか形にする事ができました。

ボルボカブリオレデントリペア作業後画像1 ボルボカブリオレデントリペア作業後画像2 after

米粒ほどのキズのような打撃痕は残っていますが、塗膜割れのリスクがあるのでこれ以上は危険と判断してあえて深追いするのはやめました、全体の歪みやバランスをとる事に専念致しました、社長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今までカブリオレ(オープンカー)のクォーターパネルのリペア率はとても低いです(^_^;)、今回のようにツールがアクセスできるケースの方が稀です、内部に部品が集まっているだけでなく鋼板が3重構造などになっている事も珍しくありません・・・カブリオレ(オープンカー)は厄介です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。