VWゴルフヴァリアントFフェンダーのデントリペア

2016年10月24日

妻のギックリ腰発症から丁度1週間経ちましたが、まだ要介護状態です(^_^;)、家事に追われる忙しい日々を相変わらず過ごしています(笑)、でも少しづつですが具合は良くなってきていますのでもうひと踏ん張りです・・・ガンバリます。

今回はVWゴルフヴァリアントのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

VWゴルフヴァリアント

VWゴルフヴァリアントデントリペア作業前画像1 VWゴルフヴァリアントデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーのアーチ部分のプレスラインです、大きさは8センチ位ですがラインを複雑に損傷していて上部はシワのようになり盛り上がってしまっています(^_^;)、しかもボディ色は黒系・・・かなりキビシイ状況です、こういう状況ですと仕上がりはどうしてもラインが完全に復元できなかったり歪みが残ったりするケースが多いです、お客様にはその旨、ご了承いただけたのでリペア開始です。

いつも通り応力が掛っている箇所を丁寧にポンチングしていきます、しかし、シワのようになっているところはなかなかこちらの思惑通りには変化してくれません(^_^;)、でも、このまま強引に押していくと更に鋼板が局部伸びしてしまうので焦らず応力を抜いていきます、ようやく鋼板が動いてきたのでツール先端にアタッチメントを装着して点ではなく面接点でヘコミを触っていきます、しかし、最も損傷が深いプレスラインの部分は踏ん張っていてなかなか変化しようとしません、ある程度動きが出るまでは我慢の時間です、そしてヘコミがある程度出てきたら今度は点接点のアタッチメントに付け替えてラインを整形します、ここはミリ単位でのツールコントロールが必要なので神経を使います、ラインが整ったら最後は歪みを散らし全体のバランスをとっていきます。

VWゴルフヴァリアントデントリペア作業後画像1 VWゴルフヴァリアントデントリペア作業後画像2 after

かなり苦労致しましたが何とか形にできました、ライン付近には局部伸びした鋼板の歪みが僅かに残りましたが、これで精一杯です(^_^;)、お客様にご確認いただいたところとても喜んでいただけたのでホッと致しました、ご依頼ありがとうございました。

今回はヘコミの位置がツールのアクセスが良好なFフェンダーでしたので何とか形にできましたが、これが同じフェンダーでもリアだったらここまでは仕上げられなかったと思います、不幸中の幸い?でした、でも、本音を言えばもう少し単純なヘコミ形状だったらもっと良かったです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。