トヨタ86のFフェンダーの難しいヘコミ

2016年9月7日

台風12号がそれてホッとしたのも束の間、もう13号が発生して関東にも明日夕方あたりに接近予定だそうです!、何だか信じられないようなペースで台風が来ます(^_^;)、一体どうなっているのでしょう・・・本当に勘弁して欲しいです(笑)

今回はトヨタ86のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

トヨタ86

トヨタ86デントリペア作業前画像1 トヨタ86デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーのアーチ部分のプレスラインです、大きさは変形時に生じた歪みまで含めると結構大きいです、しかもプレスラインの損傷がかなりきつく、打撃痕はキズのようになっています、オーナー様にお聞きしたところガレージの柱に誤って当ててしまったそうです(^_^;)、これはかなり難しいヘコミです、しかもボディ色はブラック!歪みが残ると最も目立ってしまう色です、唯一の救いはツールアクセスが良好なFフェンダーという事です。
まずはあちこち叩いて応力を抜いていきます、次にアーチのフチのラインが若干押されて変形しているので手で?修正します(^_^;)、今回で最大の難関はプレスラインを潰している鋭角な打撃痕です、この部分さえきちんと戻すことができれば、それだけでヘコミは勝手にある程度戻ってくれます、ただ焦って攻めると肌を荒して仕上がりは悪くなります、打撃痕に動きが出るまでは我慢の時間です、鋼板が動いてきたら一気に修復します、歪みをできるだけ局部的に集中させないように散らしていきます、この行程は本当に細かい作業です、最後に背景の映りこみをチェックして違和感のある所を微調整して何とか終了です。

トヨタ86デントリペア作業後画像1 トヨタ86デントリペア作業後画像2 after

僅かな歪みと数ミリの打撃痕の痕跡はありますが塗膜肌の中にうまく紛れ込ます事ができたので普通に見る限りはまず解らないと思います、お客様にも喜んでいただけたので良かったです、ホッと致しました、ご依頼ありがとうございました。

トヨタ86は人気車種で今までに何台も修復作業を致しましたが、実は殆ど乗った事はありません(^_^;)、唯一の試乗は発表された時に家の近くのディーラーで試乗車に渋滞の中で数分間乗った事だけです(^_^;)、コンパクトなボディサイズ、水平対向4気筒の低い重心と重量配分の良さ、扱いやすいNAエンジン・・・、きっと箱根のワインディングを走ったら最高に楽しいでしょうね・・・走ってみたいなぁ(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。