ホンダフィットのドアパンチ縦スジヘコミのデントリペア

2016年8月8日

リオオリンピックも始まり熱き戦いを繰り返しているようですが日本も暑いです(^_^;)、作業しているとまるでシャワーでも浴びたように全身汗でビチャビチャになります(^_^;)、ペットボトルの水もクルマに置いて1時間もするとお湯になってます、天気予報では9月上旬までこんな気温が続くそうです・・・恐ろしい(笑)

今回はホンダフィットハイブリットのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

フィットハイブリット

フィットハイブリットデントリペア作業前画像1 フィットハイブリットデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドア中央部です、大きさは4~5センチの縦スジです、典型的なドアパンチヘコミですね、ホンダの鋼板は比較的軟らかいのでちょっとドアのフチを当てられるとこんなヘコミが簡単にできてしまいます、それ程深いわけではないのですが、ボディ色が黒系なので見る角度によっては写りこむ背景の歪みで結構目立ってしまいます、黒系のボディ色は写りこみが鮮明なので他のボディ色に比べるとヘコミや歪みがとても目立ちます、上の画像でもまるで鏡のようにフェンスや隣のクルマが写りこんでいますね、これが歪んで見える事によってヘコミが解ってしまうのです、黒系のボディ色はヘコミだけでなく洗車のスクラッチキズなども他のボディ色より目立ちやすいので良い状態を維持するのにはとても大変な色だともいえるかもしれません、自分のクルマは洗車もろくにしないような私にはとても黒は無理ですね(笑)

ヘコミは歪みを残さないように仕上げるのに神経は使いましたがツールアクセスが良好でしたお蔭で比較的短時間で綺麗にリペアできました。

フィットハイブリットデントリペア作業後画像1 フィットハイブリットデントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

一生懸命働いて買うクルマですから、一番気に入ったボディ色を買うのが本来だと思うのですが、こんな仕事をしていると、いつか起きるかもしれない様々な修復作業の事も考えずにはいられなくなります・・・
『この色は再塗装した時に色が合わないだろうな・・・』
『深いヘコミの場合、修復して歪み残った場合は目立つだろうな・・・』
などと考えてしまいます、そして結局、最も無難な色を選択するといった消去法的な考えで購入するクルマのボディ色を決めてしまいます・・・しかし、私が実際に買ったクルマはその『無難な色』とは違う色である場合が殆どです、何故かというと買うのは中古車ばかりなので程度を重視すると色まで選ぶ事は残念ながらできないからです・・・(笑)

お盆休みも休まず営業致します(火曜日以外)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。