ハスラーのリアゲートに30センチ級のヘコミ

2016年2月22日

風邪をひいた上に、昨日の暖かさで花粉もいらっしゃったようで鼻水グスグスです(^_^;)、少しづつ春の空気に入れかわっていくのが鼻の具合でよく解ります(笑)、苦手な季節がいよいよそこまで来ているようです・・・。

今回はスズキハスラーのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

スズキハスラー

スズキハスラーデントリペア作業前画像1 スズキハスラーデントリペア作業前画像2

スズキハスラーデントリペア作業前画像3 スズキハスラーデントリペア作業前画像4 before

ヘコミはリアゲートです、ワイパーの付け根から右下のエンブレムまで斜めに30センチ位へこんでいます、上部は深くスジ状に、下は幾つかの打撃痕と思われる痕跡がお互い干渉し合って大きくへこんでいます(^_^;)、一体どうしてこんな事になってしまったのか?、オーナー様にお聞きしました、ハッキリとした事は解らないそうですが、どうやらイタズラされたようです・・・まだ納車されてからそれ程経っていない新車のようなクルマです、こんな愛らしいクルマにこんな酷い事をするなんて信じられません、軽自動車の薄く腰のない鋼板をここまで広範囲に伸ばされてしまうと正直なところ完全修復は難しいです、必ず歪みが残ってしまうのですが、オーナー様から『とにかくできる限りで構わないから目立たなくして欲しい』とのご要望をいただきました、しかもこの酷い状態を見ていたら卑劣なイタズラに対して何とかしなくては!という強い使命感が湧いてきました、約2時間、マシンのようになってヘコミと悪戦苦闘致しました(^_^;)

スズキハスラーデントリペア作業後画像1 スズキハスラーデントリペア作業後画像2 after

もちろん、若干の歪みは残っていますし、折り目のようなスジも完全には消せずキズのように僅かに残っています、ただ、普通に見る限りは殆ど違和感を感じないレベルまでは何とか形にできました、お客様も喜んで下さってひと安心です、ご依頼ありがとうございました。

それにしても人様のクルマにイタズラするなんて本当に卑劣な行為だと思います、たとえ高価なクルマでなくても苦楽を共にしてきた大切な愛車がキズついたりへこんだりするのはとてもショックな事です、修理代も痛いですが、それ以外のメンタル的なダメージも大きいです、実はウチのクルマも昨年末にやられました(泣)・・・だから今回は他人事とは思えませんでした、こういった心無い行為が無くなる事を願っていますが、やはり最低限の防御策は必要なんですね、身をもって痛感致しました(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。