ツールのアクセスに悪戦苦闘致しました

2016年2月15日

週末の暖かさはちょっと異様でした、2月だというのにまるで春のように風が生暖かくて何だか頭がボ~っとしました、風も強かったので花粉も飛んだようです、目が少し痒かったです、いよいよ花粉の季節です(^_^;)、今週は寒が戻るようですが、これからは少しづつ春に近づいていくんですね・・・冬が好きな私はちょっと寂しい気がします・・・。

申し訳ありませんが明日(16日)より18日までお休みをさせていただきます、電話がつながらなかったりメールの返信が遅れるなど、ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。
19日からは平常営業致します。

今回はトヨタエスティマのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

エスティマHB

エスティマHBデントリペア作業前画像1 エスティマHBデントリペア作業前画像2 before

ヘコミは運転席ドア後方下部のフチです、大きさは5センチ位でスジ状の打撃痕がかなりクッキリ残っています(^_^;)、最初にヘコミを見た時はダメか・・・と思いました、というのもヘコミがドアのフチより5センチ位の位置なので表と裏の鋼板がくっついてしまっている部分かと思いました、でも、よ~く見てみるとギリギリですが合わせ目からは外れています、ただ、この位置はツールのアクセスがとても難しいです、窓枠の隙間からは遠いですし、内装を外しても開口部までかなり距離があるので自分の方にツールを向ける侍の腹切りのような姿勢ではとてもヘコミまで到達できません・・・、諦めかけた時、樹脂製のモールがドアの下フチにあるのを発見!、試しに外してみたら意味不明の穴がありました、ここから細いツールを入れてみると何とかヘコミまで到達できました、でもワイヤーのような軟らかいツールなので撚れてしまって力が掛けられず、なかなかヘコミが変化してくれません、しかもヘコミの上部には届きません、仕方ないので上部は窓枠の隙間から何とかアクセスして、大まかなヘコミはプーリングで引っ張って、細かい歪みはモールの穴から細いツールで修正と・・・と3つの方法を駆使して何とか形に致しました(^_^;)。

エスティマHBデントリペア作業後画像1 エスティマHBデントリペア作業後画像2 after

僅かなスジは残っていますが、普通に見る限りはまず解らないレベルまでは何とかリペアできました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

ドアに限らずパネルのフチにできてしまったヘコミの場合はツールがアクセスできないケースがとても多いです、今回もあと2センチぐらいフチに近かったら正直なところお手上げだった思います、基本的にはフチから5センチぐらいがリペアの可否の境目だと思います・・・それ以上フチに近いと・・・(^_^;)。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。