とても深くて鋭いヘコミでした

2016年1月18日

今日、朝起きて外を見たら辺り一面は雪化粧!、ウチのベランダにも結構積もってました(^_^;)
小太郎(黒柴)もビックリ!暫く茫然自失?かたまってました(笑)

小太郎雪ベランダ

前日のニュースで積もる可能性があります・・・と言ってはおりましたが、本当に積もるとは思っていませんでした、でもかなり湿ったべちょべちょの雪です、こういった雪は夜間に気温が下がると凍ってしまったりするので厄介です(^_^;)、夜間に屋根や軒の雪が凍って、日中に溶けて愛車のルーフやボンネットなどに直撃!というケースが過去に何度もありますのでくれぐれもご注意下さい。

今回はスバルインプレッサスポーツのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

インプレッサスポーツ

インプレッサスポーツデントリペア作業前画像1 インプレッサスポーツデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア後方の下方部です、大きさは4~5センチですが凄く深いです、傘の先端で思い切り突いたような鋭い打撃痕がクッキリ残っています(^_^;)、これは完全修復は難しいヘコミです、特に打撃痕の部分は鋼板が局部的にかなり伸びてしまっています、ここまで鋭くキズのようになってしまった場合は打撃痕はある程度までの修復で諦めて、それ以外のパネルのヘコミをできる限り綺麗に取ってパネルのバランスをうまく整えるしかありません・・・今回もパネルが引っ張られるギリギリまでは打撃痕を消しましたが、数ミリのキズのようになった部分はあえて深追いせずに最後はパネルの歪みを極力残さないようにリペア致しました。

インプレッサスポーツデントリペア作業後画像1 インプレッサスポーツデントリペア作業後画像2 after

3~4ミリのキズのようになった打撃痕は残っていますが、パネルのヘコミは無くなったのでパッと見た感じは殆ど解らなくなりました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

たとえ小さいヘコミであっても尖った物が当って鋭くへこんだ場合などは、今回のように完全には打撃痕を消せない事があります、ただ、とても不思議なのは同じようなヘコミでツールのアクセスなども同条件であるにも関わらず予想以上に綺麗に打撃痕を消せてしまう鋼板もあります、特に輸入車などに多いです、恐らく含まれている成分が微妙に違うのだと思うのですが・・・もちろん正確なところは解りません・・・全てのメーカーが直しやすい鋼板を使ってくれれば助かるのですが・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。