同じ場所に縦スジヘコミが2つ!(ポルシェ993)

2016年1月11日

今日は本当に寒かったです、体が芯から冷えきりました、でも、これで平年並みだそうです、今までが暖かかったのですね、これからが冬本番のようです、暫くは鼻水垂らしながらの作業が続きそうです・・・(^_^;)

今回はポルシェ911(993)のリペアでした、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ993レッド

ポルシェ993デントリペア作業前画像1 ポルシェ993デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部です、4~5センチ位の縦スジのヘコミが2つ連なっています(^_^;)、1つ1つはそれ程深いヘコミではないのですが同じ場所に2回の打撃を受けた事によってかなり鋼板が伸びてしまっています、原因は不明ですが、殆ど同じ高さに同じような打撃痕なので同じクルマによるドアパンチが最も疑わしいです、ドアを開ける時にちょっと気を配ってくれればこんな事にはならないのですが・・・、しかもこの車は数か月前にドアの別の位置をリペアしたばかりです、何だかクルマが可哀そうです・・・でも本当に最も可哀そうなのはショップ様の社長さんですね・・・(笑)

かなり鋼板が局部的に伸びてしまっている上に若干アール(湾曲している)がある位置でしたのでパネルのラインと歪みを取るのにかなり四苦八苦しました、気が付いたらグローブをしていたのにもかかわず手の皮が剝けてました(^_^;)、それでも何とか形にする事ができました。

ポルシェ993デントリペア作業後画像1 ポルシェ993デントリペア作業後画像2 after

歪みも残らず、まずまずの仕上がりまで持っていく事ができました、社長様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

ヘコミを修復する事で生計を立てている身とはいえ、今回のように同じ位置に何度もドアパンチを浴びせる無神経さはとても理解できません、愛情を注いでいるオーナーさんの気持ちをほんの少しでも解っていれば決してこんな事はできない筈です、たとえ走行には何の支障もないとしても、小さなヘコミがとても気になってしまう人が沢山いらっしゃるという事を理解してほしいですね、ドアは隣のクルマに当てて開くものではありません・・・当たり前のことです(^_^;)。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。