ポルシェマカンSのデントリペア

2015年9月25日

連休が終わった途端に急に忙しくなってきました(^_^;)、いつもの事ですが、本当に先の読めない仕事です(笑)、どうやらこの分では今月末あたりに遅い夏休みを取ろうかと思っていましたが、ちょっと無理そうです・・・来年こそは夏休み取るぞ!(笑)

今回はポルシェマカンSのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ポルシェマカンS

ポルシェマカンSデントリペア作業前画像1 ポルシェマカンSデントリペア作業前画像2 before

ポルシェの作業は多いのですが、圧倒的に911が多く、他のモデルのご依頼は意外と少ないです、マカンも勿論初めてです、ヘコミはドアノブの真上で大きさは3~4センチ位の縦ヘコミです、鋭い打撃痕もなくノッペリ?へこんでいます、何が当ったのでしょう?ドアパンチなら先にノブが当たりそうな気がします・・・謎です(笑)、問題はヘコミの位置です、この位置は内部にフレームが入っている可能性が高いです、窓枠の隙間から試しにツールを入れてみると予想は的中!内部にフレームがあって全くアクセスできません(^_^;)、お客様からお問い合わせをいただいた時から嫌な予感はしておりましたが・・・、諦めかけた時にドア開口部に水切りモールみたいなもの?を発見、試しに外してみると幸運な事に『穴』がありました、そこからツールを入れてみると何とかヘコミまで到達できます、小さな穴なので細いツールしか入りませんので完全修復とはいきませんがかなり目立たなくする事は可能です、お客様にその旨ご説明したところご了承をいただけたので小さな穴から細いツールでちまちま?作業致しました。

ポルシェマカンSデントリペア作業後画像1 ポルシェマカンSデントリペア作業後画像2 after

細いツールでそれ程力が掛けられないのでフチの部分は若干歪みが残っていますが余程細かく見ない限りはまず解らないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

初めて作業するクルマは内部構造がよく解らないので今回のように『意外なツールのアクセスルート』を発見するパターンがよくあります、でも、残念ながらラッキーな『穴』を発見できるケースの方が圧倒的に少ないです(^_^;)、現実はキビシイです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。