今月は手強いのが多いです(^_^;)

2015年9月16日

日中は太陽が出るとまだ暑いですが、1カ月前と比べたら随分と過ごし易くなりました、仕事にも遊びにも良い季節です、そろそろ遅い夏休みを少しだけいただこうかな・・・などと思案中です(笑)

今回はレクサスCTのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

レクサスCT画像

レクサスCTデントリペア作業前画像1 レクサスCTデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーです、大きさは10センチを超えています(^_^;)、これはドアパンチなんてカワイイ?レベルのヘコミではありません、クルマが擦っていったのでしょう、黒い線のような跡は擦ったクルマの痕跡です、これだけガッツリ当たれば絶対に気付いた筈ですが・・・酷い事をします、完全な当て逃げです!
これだけの損傷ですと凹んだ場所によってはお手上げになってしまう事もあるのですが、今回はFフェンダーという事と折り目のようなスジになっていないのが救いです、若干の歪みは残ってしまいますが、かなり目立たなくする事はできます、お客様にその旨をご説明させていただきご了承をいただけたので作業開始です、まずは押された事によって盛り上がってしまった鋼板をひたすら落としていきます、毎度のことながら地道な作業です(^_^;)、そしてフチのラインが若干曲がってしまっているので修正します、そしていよいよヘコミを押し戻していきますが、最初はツールが点接点にならないようなアタッチメントを装着して粗出しをしていきます、ある程度ヘコミが取れたらいつも通り歪みとの戦いです(笑)、かなり苦戦致しましたが何とか形にする事ができました。

レクサスCTデントリペア作業後画像1 レクサスCTデントリペア作業後画像2 after

もちろん若干の歪みは残っていますがボディ色が白という事もあり、パッと見た感じではまず解らない位にはなりました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今月はどういうわけか、リペアできないような酷いヘコミのお問い合わせが多いです(^_^;)、何件かは修復範囲を大きく超えてしまっている為にお断り致しました、折角お問い合わせをいただいたのに申し訳ありませんでした。お問い合わせをいただいた限りは何とかご依頼をお受けしたいのですが、地球に『物理の壁』がある限り修復にはどうしても限界があります、やっている本人もとてももどかしく感じます・・・
でも、もしかしたら物理の問題ではなく『腕』の問題かもしれません・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。