プレスライン上でも浅いヘコミは綺麗にリペアできます

2015年8月6日

それにしてもこの暑さはいつまで続くのでしょう?、でも人間のカラダは不思議ですね、死にそうなくらい暑いのは変わらないのですが、だんだん暑さに慣れてきたような気がします、適応していくんですかね・・・でもいくら適応してきたと言っても早く涼しくなって欲しいです・・・(笑)

今回は日産ノートのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

日産ノート

日産ノートデントリペア作業前画像1 日産ノートデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア下方のプレスライン上です、大きさは3センチ程度で少しスジっぽくはなっていますが、ごく浅く正面から見たのではボディ色が白という事もあって殆ど解らない程度です、お客様のお話では風に煽られて隣に停まっていたクルマのドアが当たってしまいできてしまったそうです(典型的なドアパンチですね)、位置がドアの下の方なので作業性はあまり良いとは言えませんが、これくらいの浅いヘコミなら細いツールでもアクセスさえできれば何とかできます、何本かのツールを使えそうな穴からアクセスしてみると、どうやらサイドインパクトバー(側面から衝突時に人員を守る鉄パイプのような部品)の裏側のようです、助かりました!、細いツールを使う場合はかえってテコの原理の支点として使えるサイドインパクトバーがヘコミの近くにあった方が力も掛けられる上にコントロールもし易いケースがあるのですが、今回はまさにそのパターンでした!おかげで細いツールでもしっかり力をかける事ができて比較的短時間でリペアする事ができました。

日産ノートデントリペア作業後画像1 日産ノートデントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼いただきましてありがとうございます。

プレスライン上のヘコミであっても浅く小さいものでツールがきちんとアクセスできれば綺麗に修復する事が可能です、たまにお客様から『プレスラインは直せないよね?』とのお問い合わせをいただきますが条件次第です、諦める前にお気軽にお問い合わせください・・・修復できないケースももちろんあります、その際はお許し下さい・・・(笑)

お盆休みも休まず営業致します。
デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。