鉄の棒に当ててしまったそうです

2015年7月27日

先週末も結構忙しかったです、仕事があるという事は大変ありがたい事なのですが、この暑さには本当に参ります、昨日も作業中は熱中症の1歩手前のような感じでした、一体いつまでこの暑さは続くのでしょう・・・早く涼しくなって欲しいです(笑)。

今回はマツダCX-7のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

マツダCX-7

マツダCX-7デントリペア作業前画像1 マツダCX-7デントリペア作業前画像2 before

凄い炎天下の中での作業だった為に太陽光線でデントライトの光がかき消されてしまって画像ではよくヘコミが解りませんが、プレスラインんをガッツリやってしまった10センチくらいのヘコミです(^_^;)、お客様のお話では誤ってドアを開けた際に鉄の棒へ当ててしまったそうです、ボディ色が白系なのでパッと見た感じではそれ程酷くは見えないのですが、実際にはかなり深くガッツリ逝っているキツ~イヘコミです、お客様には歪みが残る可能性がある事をご説明させていただきました、ご了承をいただけたので作業開始です。取り敢えずツールアクセスを確認しましたが、まずまずです、次は応力が掛っているせいで鋼板に動きのない部分を解放していきます、その後やっとヘコミを触っていきます、今回の場合はプレスラインがキモ?です、このライン上がヘコミの打撃の中心になっていて最も深い部分です、集中的にライン上を攻めていきます、しかし手強いです、ガッチリ固まっていてなかなか動いてくれません我慢の時間が続きます、ただ面白いのはある程度ラインが戻ってくると、他の部も一気に動いてきます、そこからは例によって歪みとの戦いです、特にライン付近は鋼板の伸びが激しかったので苦労致しました。

マツダCX-7デントリペア作業後画像1 マツダCX-7デントリペア作業後画像2 after

背景の映り込みなどでよ~く見ると若干の歪みは残っていますが、これで精一杯です(^_^;)
、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

最近は自転車パンチ?や鉄骨アタック?(笑)などによるヘコミの修理依頼やご相談が結構多いです、ある程度修復できる可能性がある場合はできる限りの努力はさせていただきますが、地球に物理の法則がある以上どうしても限界はあります、申し訳ありませんが、そこのところをどうかご理解下さい、宜しくお願い致します・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。