縦スジのヘコミのリペアは鋼板特性も大事です

2015年7月25日

連日の殺人的な暑さでもうバテバテです(^_^;)、まだ7月だというのに・・・この夏最後までもつかどうか心配です(笑)、暑さのせいで食欲もイマイチだったので少しパワーを取り戻そうと妻と久しぶりに天丼を食べに行ってきました。

天丼2015夏

最近は齢のせいか、あまり脂っこいものは胃が受けつけなくなってきているのですが、たまにどういう訳か無性に天丼が食べたくなる時があります、今回もそんな感じでしたので勢いにまかせていただきました・・・久しぶりでしたのでとても美味しかったのですが・・・やっぱり少し胃がもたれました(笑)

今回はBMW1シリーズのリペアでした、業者様からのご依頼です。

BMW116

BMW116デントリペア作業前画像1 BMW116デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドアの上部で、大きさは3センチ程度ですが、かなりスジっぽく鋭くへこんでいます(^_^;)、ボディ色が黒系なので結構目立ちます、このようにスジ状にへこんでいるヘコミを綺麗に仕上げる為には正確なツールコントロールが必須です、最近のBMWはドア内部にやたら補強板みたいなものが入っている事が多いのでツールのアクセスが心配でしたが・・・ツールを入れてみると幸いな事に補強板には掛っていませんでした、良かったです!少しフチに掛っている応力を抜いてからヘコミを押し戻していきます、スジ状の打撃痕を違和感なくなじませるのに少し苦労致しましたが、BMWの素直な鋼板特性のお蔭で意外と短時間でリペアする事ができました。

BMW116デントリペア作業後画像1 BMW116デントリペア作業後画像2 after

御担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

スジ状の打撃痕を綺麗に仕上げるには技術的な事も大事ですが、鋼板特性にも大きく左右されます、今回は鋼板特性が良いBMWでしたので綺麗にスジを消す事ができましたが、これが軽自動車だったらスジは消せても歪みが残る(またはスジが消せない・・・)など何らかの違和感が残ってしまったかもしれません、最近はハイテン(高張力鋼板)などの使用率もどんどん増えてきていて同一車種でもパネルによって鋼板特性が違ったりする事もあります・・・何だかクルマが進化すればするほど作業性が悪くなっていくような気がするのは気のせいでしょうか・・・(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。