フィアットのリペアは少ないです

2015年7月13日

昨日は久しぶりに天気の良い日曜日だったせいか、一般のお客様からのご依頼が多くてちょっと忙しかったです、しかも横浜も真夏のような暑さで作業中は頭がクラクラしました(^_^;)、梅雨明けしたら毎日がこうだと思うと恐ろしいです・・・(笑)

今回はフィアットプントのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

フィアットプント画像

フィアットプントデントリペア作業前画像1 フィアットプントデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアのプレスライン上でかなりガッツリ逝っています(^_^;)、少し横に擦ったような形状で大きさも5センチ位はあります、しかもプレスラインに強い衝撃を受けたことでヘコミの上部のフチは押されて盛り上がってしまっています、かなり厳しいヘコミです、ここまで損傷を受けていると修復後も若干のラインの乱れや歪みが残る可能性が高いです、お客様にその旨をお伝えしたところ、ご了承をいただけたので作業開始です、まずは盛り上がってしまったフチをひたすら叩いて落としていきます、かなり応力が掛っていて思ったように落ちてくれません(^_^;)、この作業は仕上がりを良くするためにはとても重要です、この工程を飛ばして、いきなりヘコミを押し出したりすると必要以上に鋼板を伸ばしてしまう事が多く歪みの原因になります、ある程度落ちたところでヘコミをツールで押し戻していきます、今回の場合はプレスラインがかなり損傷しているのでラインをできる限り綺麗に復元する事が仕上がりの鍵になります、ツールのアクセスがまずまず良好なのが救いですが、ラインの復元と歪みを違和感なくするのにかなり苦労致しました。

フィアットプントデントリペア作業後画像1 フィアットプントデントリペア作業後画像2 after

若干の歪みは残っていますが、パッと見た限りでは解らないレベルまでは何とか仕上がりました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

この仕事をやっていると色々なメーカーの様々なクルマの作業依頼をいただきますが、フィアットの作業はとても少ないです、思い返してみても過去に作業したのはパンダと500くらいしか思い浮かびません(^_^;)、フィアットって大きな自動車メーカーで名前もメジャーですが、意外にも日本ではレアなクルマなんですね・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。