ドアの前方部は作業がしにくいです

2015年6月15日

この仕事を長い間やっていても同じメーカー、同形式、同じボディタイプ、更に同じカラーの全く別のクルマを続けて作業する事は珍しいですね、というか今までにはありません(^_^;)、今回はまたもやBMW5シリーズワゴンのリペアでした、前回とは違う業者様からのご依頼です。

BMWE39ワゴン

BMWE39ワゴンデントリペア作業前画像1 BMWE39ワゴンデントリペア作業前画像2 before

違うクルマなのでもちろんヘコミの位置も違います(笑)、今度は運転席ドアの前方下部です、大きさは約4センチ位なのですが、ちょっと深めでスジっぽくなっています(^_^;)、ドアの作業の場合は窓枠の隙間からツールを入れるケースが多いのですが、この位下側になってしまうと窓枠の隙間からは遠すぎてちょっと厳しいです、内装を分解しての作業になりますが、社長様が事前に外しておいてくれたので助かりました、ヘコミの修復に集中できます、ただ、ドアの前方部にあるヘコミなので内装を外した内側の開口部からドアを開けながらツールを入れるしかありません、この状況ですとヘコミを見る為のライトを置く位置に制限が出てしまい正直なところとても作業しにくいです(^_^;)、仕方ないのでドアを開けたり閉めたり、映り込みの歪みを見たりしながら何とか作業を致しました。

BMWE39ワゴンデントリペア作業後画像1 BMWE39ワゴンデントリペア作業後画像2 after

腹ばいになったり寝転がったりしながらのツライ体勢での作業で最後に微妙な歪みを取るのに結構苦労致しましたが、歪みも残らず綺麗にリペアする事ができました、社長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

それにしても同じメーカー(BMW)の同じ型の同じボディタイプ(ワゴン)、そしてボディカラーまで同じクルマの作業が続けてはいったのは初めてです、勿論クルマは全く別なクルマです、ご依頼を受けた業者様も全く別です、こんな偶然もあるのですね、特に意味はありませんがとても珍しい出来事でした・・・(笑)。

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。